蓮如上人と三願転入にどのような関係が??(28)

 そもそも、今月報恩講のこと、例年の旧儀として七日の勤行をいたすところ、いまにその退転なし。しかるあひだ、この時節にあひあたりて、諸国門葉のたぐひ、報恩謝徳の懇志をはこび、称名念仏の本行を尽す。まことにこれ専修専念決定往生の徳なり。このゆゑに諸国参詣の輩において、一味の安心に住する人まれなるべしとみえたり。そのゆゑは真実に仏法にこころざしはなくして、ただ人まねばかり、あるいは仁義までの風情ならば、まことにもつてなげかしき次第なり。そのいはれいかんといふに、未安心の輩は不審の次第をも沙汰せざるときは、不信のいたりともおぼえはんべれ。さればはるばると万里の遠路をしのぎ、また莫大の苦労をいたして上洛せしむるところ、さらにもつてその所詮なし。かなしむべし、かなしむべし。ただし不宿善の機ならば無用といひつべきものか。

一 近年は仏法繁昌ともみえたれども、まことにもつて坊主分の人にかぎりて信心のすがた一向無沙汰なりときこえたり。もつてのほかなげかしき次第なり。
一 すゑずゑの門下のたぐひは、他力の信心のとほり聴聞の輩これおほきところに、坊主よりこれを腹立せしむるよしきこえはんべり。言語道断の次第なり。
一 田舎より参詣の面々の身上においてこころうべき旨あり。そのゆゑは、他人のなかともいはず、また大道・路次なんどにても、関屋・船中をもはばからず、仏法方の讃嘆をすること勿体なき次第なり。かたく停止すべきなり。
一 当流の念仏者を、あるいは人ありて、「なに宗ぞ」とあひたづぬること、たとひありとも、しかと「当宗念仏者」と答ふべからず。ただ「なに宗ともなき念仏者なり」と答ふべし。これすなはちわが聖人(親鸞)の仰せおかるるところの、仏法者気色みえぬふるまひなるべし。このおもむきをよくよく存知して、外相にそのいろをはたらくべからず。まことにこれ当流の念仏者のふるまひの正義たるべきものなり。
一 仏法の由来を、障子・かきごしに聴聞して、内心にさぞとたとひ領解すといふとも、かさねて人にそのおもむきをよくよくあひたづねて、信心のかたをば治定すべし。そのままわが心にまかせば、かならずかならずあやまりなるべし。ちかごろこれらの子細当時さかんなりと云々。
一 信心をえたるとほりをば、いくたびもいくたびも人にたづねて他力の安心をば治定すべし。一往聴聞してはかならずあやまりあるべきなり。
 右この六箇条のおもむきよくよく存知すべきものなり。近年仏法は人みな聴聞すとはいへども、一往の義をききて真実に信心決定の人これなきあひだ、安心もうとうとしきがゆゑなり。あなかしこ、あなかしこ。(御文章4帖目7通)



このお手紙では六箇条を立てて、他力の安心を治定すべきこと、当流念仏者の振る舞いなどが書かれています。他力の信心を獲るために、19願の善をせよとか、宿善を求めよ・厚くせよとか、必ず通らねばならない道程があるなどとは、ここでも蓮如上人は仰っていません。元々このようなことは親鸞聖人も覚如上人も仰っていません。親鸞会はこれら三方のどなたをも貫かない異安心の集団であることが分かります。少しでも親鸞会を離れて勉強すればすぐに分かるのですが、そういった努力はせずに黙々と高森会長や上司の指示に従っているのが従順な会員です。従っていれば我が力かなわずとも、極楽も化土も無理でも無間地獄へは堕ちないだろうとでも内心思っているのでしょうか?
一度五道・六道という悪趣に赴いてからでは手遅れですから、生きている今親鸞会の教えは矛盾しているなぁと正見して、聖人の勧めたもうところの一義である選択本願念仏の教えを聞き、浄土往生の本懐を遂げて頂きたいものです。

さればはるばると万里の遠路をしのぎ、また莫大の苦労をいたして上洛せしむるところ、さらにもつてその所詮なし。かなしむべし、かなしむべし。

毎回遠くから富山へ行き、また莫大の苦労をして参集したとしても、他力の安心を治定し往生成仏せねば何の所詮もありません。ただ、親鸞会の教えは相伝もなきえせ法門であるため、浄土往生どころか他の新興宗教で活動するのと大差ない結果しか得られないでしょう。善の勧めにしても、財施(献金)や破邪顕正(勧誘)を勧めるに体の善いものが19願、定散二善、六度万行、宿善などであったというだけのことです。しかし「邪を破り真実を顕かにせぬものは仏弟子ではない」とは口だけで、都合の悪い相手を破邪顕正することはなく、内輪でその相手の主張をねじ曲げて伝え、近づかないようにと教えるしかできないのが高森会長や講師部員です。会員さんが親鸞会から離反しないようにしているだけで、真実に仏法への志はありません。あるなら「他力の信心獲得のために三願転入せよ、19願や定散二善をせよ」と勧められた根拠を示して下さらないと、全く説得力がないというものです。

ただし不宿善の機ならば無用といひつべきものか。

ただし宿善のない人ならば無用というべきでしょうか。会員の皆さんが宿善ある者であることを願うばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名号をいただく

平成22年度21年度の高森氏の講演のDVDを見ました。
阿弥陀仏の名号をいただくことが信心獲得だと説明しておりました。
名号をいただいたら次にお念仏があるはずです。
名号が私に届いて「絶対の幸福になる。名号には無上の功徳がある。」と
それで終わりです。お念仏が一切説かれない。
これは浄土真宗ではありません。
名号をどう理解しているんでしょうか。
いつも名号は躍動して私たちに働きかけておる存在であるのに・・・・・


>おか様

私も会員の頃、名号と信心の関係が今一つよく分かりませんでした。確かに高森会長はコメントにある説明をするにはするのですが、名号をいただくには19願、20願の道程を進まなければならないと19願の説明が始まってしまうのです。話のメインは修諸功徳、定散二善、廃悪修善となり、名号はどこへやら・・・
救われる方法論を説き与え、会員を自力疑心の虜にしているのです。間違った話、また名号と関係ない話ばかりしているのですから、まともに聞いていてもこれでは救われることは難中之難でしょう。躍動して私たちに働きかけておる名号、それは「そなたの後生必ず救うぞ」の勅命であり、それを只今ここで計らいなく聞き受ける以外に信心はないというのに・・・

高森会長はかつて、善知識の条件として「信心決定の体験」と「深い教学」の2つを上げていました。「深い教学」があると自負しているのなら、アンチ親鸞会の人たちを向こうに回して片っ端からその教義批判を論破してほしいものです。法然上人の大原問答のように。(私も勿論アンチです。ただ浅学のため教義論争には参戦できないと思いますがm(__)m、倫理・道徳の面なら物申すつもりです)

>広島の名無し様

勝ち目のない戦はしないのでしょうね。批判をひた隠しに隠し、内輪でその批判内容をねじ曲げて会員に伝え、離反者を防ぐことしかできていません。破邪顕正は仏法者の使命、破邪顕正せざる者は仏弟子にあらず、などと言っていながら情けない限りです。会員もそう聞いているはずですが、私と縁のある会員の誰一人として教義論争を挑んできませんから、一体何を聞いているのかと思ってしまいます。

なお、大原問答は天台宗の顕真法印の要請によって、法然聖人と聖道諸宗の学僧が集まって浄土の教えについて議論を交わしたものだそうです。

http://www.jodo.or.jp/naruhodo/index3.htmlなど参照して下さい。

激論が交わされたのかも知れませんが、聖道諸宗の学僧が経典を分担して法然聖人を打ち負かそうと企てたなどの話は、親鸞会関係でしか発見できませんでした。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード