蓮如上人と三願転入にどのような関係が??(30)

 当時このごろ、ことのほかに疫癘とてひと死去す。これさらに疫癘によりてはじめて死するにはあらず。生れはじめしよりして定まれる定業なり。さのみふかくおどろくまじきことなり。

しかれども、今の時分にあたりて死去するときは、さもありぬべきやうにみなひとおもへり。これまことに道理ぞかし。このゆゑに阿弥陀如来の仰せられけるやうは、「末代の凡夫罪業のわれらたらんもの、罪はいかほどふかくとも、われを一心にたのまん衆生をば、かならずすくふべし」と仰せられたり。かかるときはいよいよ阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、極楽に往生すべしとおもひとりて、一向一心に弥陀をたふときことと疑ふこころ露ちりほどももつまじきことなり。

かくのごとくこころえのうへには、ねてもさめても南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と申すは、かやうにやすくたすけまします御ありがたさ御うれしさを申す御礼のこころなり。これをすなはち仏恩報謝の念仏とは申すなり。あなかしこ、あなかしこ。(御文章4帖目9通)



このお手紙を書かれた当時は伝染病が流行って多くの人が亡くなったのでしょう。しかし、伝染病によって初めて死ぬことが決まったのではありません。死ぬことは生まれた時から既に定まっています。そんなに驚くべきことではないと仰っています。
今年でいえば、東日本大震災で1万人以上の方々が犠牲となりましたが、地震や津波によって初めて死ぬことが決まったのではありません。また、事故や病気などで亡くなった方もありましょうが、それらによって初めて死ぬことが決まったのではありません。人は生まれた時から必ず死なねばならない業をもっているのです。
しかし、伝染病や天変地異、事故などで多くの人、あるいは身近な人が亡くなったりすると、そうはいっても驚かずにはいられないというのが心情です。この無常の世の中、私にもやがて死がやってくるのだと感じるにつけ、普段あてたよりにしているものは、死んで後生へ旅立っていく時には何の役にも立たないと知らされます。そういう私を、後生は極楽へ迎え取り、仏にすると誓われているのが阿弥陀仏です。

阿弥陀如来の仰せられけるやうは、「末代の凡夫罪業のわれらたらんもの、罪はいかほどふかくとも、われを一心にたのまん衆生をば、かならずすくふべし」と仰せられたり。かかるときはいよいよ阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、極楽に往生すべしとおもひとりて、一向一心に弥陀をたふときことと疑ふこころ露ちりほどももつまじきことなり。

阿弥陀仏の仰せには、「末代の人々よ、罪はどれほど深く重い者であっても我を一心にたのめ、必ず救う」と仰っています。罪がどれだけ重いかは関係ありません。私達はひとえにこの尊くも有難い仰せを計らいなく聞き受けるばかりです。後は往生を弥陀にまかせ、易く往生を定めて下された御恩を思えば南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念仏して、仏恩を報じなさいと教えられています。
弥陀の救いに遇うに、今までにどれだけ善に努めてきたかも関係ありません。阿弥陀仏を一向一心にたのみまいらせるについて、定散二善など自余の万善万行は雑行と名づけて嫌われているのはいつも書いている通りです。蓮如上人は常に18願のみを勧められ、19願や20願の勧めなどありません。三願転入に触れている箇所は一つもありません。獲信までに必ず通らねばならない道程とやらは教えられていません。罪悪を詳しく説いて地獄の恐怖を煽ることもありません。獲信するにはオレの指示に無条件に従えと威張ってもおられません。因果の道理をやかましく説いて獲信目指して廃悪修善をせよとも教えられていません。宿善を求めよ・厚くせよとも教えられていません。
仏法には明日はありません。善をして信仰(?)を進めないといけないというのは、明日がある前提の話です。親鸞会の皆さんには、『御文章』をちゃんと読んで頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード