蓮如上人と三願転入にどのような関係が??(32)

 南無阿弥陀仏と申すはいかなる心にて候ふや。しかればなにと弥陀をたのみて報土往生をばとぐべく候ふやらん。これを心得べきやうは、まづ南無阿弥陀仏の六字のすがたをよくよく心得わけて、弥陀をばたのむべし。そもそも南無阿弥陀仏の体は、すなはちわれら衆生の後生たすけたまへとたのみまうす心なり。すなはちたのむ衆生を阿弥陀如来のよくしろしめして、すでに無上大利の功徳をあたへましますなり。これを衆生に回向したまへるといへるはこの心なり。されば弥陀をたのむ機を阿弥陀仏のたすけたまふ法なるがゆゑに、これを機法一体の南無阿弥陀仏といへるはこのこころなり。これすなはちわれらが往生の定まりたる他力の信心なりとは心得べきものなり。あなかしこ、あなかしこ。(御文章4帖目11通)


他力の信心と言っても南無阿弥陀仏の他にはありません。南無阿弥陀仏のいわれをよく心得るのが信心獲得する、弥陀をたのむということです。南無阿弥陀仏とは、阿弥陀仏の「後生助けるぞ」の仰せを聞き、「仰せの通り後生お助けましませ」と弥陀におまかせする心です。「後生たすけたまへとたのみまうす心」と聞くと、私達の方から「後生助けて下さい」とお願いにかかるように感じますが、逆なのです。「たすけたまへとたのむ」とは、既に阿弥陀仏の方から「我にまかせよ、必ず後生助ける」と喚びかけられているその仰せにそのまま「はい」と従ったのです。「はい」と従うと言っても、阿弥陀仏の「助けるぞ」の仰せを聞くのみです。聞くと言っても、私達がド真剣になれば聞けるというものではありません。如来の方から聞えて下さいます。自力の計らいはああ言えばこう言うといった感じでしつこいものですが、真宗の信心、すなわち他力の信心は一切の自力を廃して弥陀に後生を全託した信心です。
そのように弥陀に後生をおまかせした衆生を阿弥陀仏はよく知っていらっしゃって、この上もなくすぐれた、大きな利益をもたらす功徳を与えて下さいます。この世は正定聚不退転となり、臨終一念の夕には往生成仏させて下さるという功徳です。このことを、阿弥陀仏が衆生に回向なさるというのです。よく真宗の教えを他力回向、本願力回向という言葉で表しますが、迷界を流転して苦しみ続け、そこから出離するようなものを持たない我々に、阿弥陀仏が一方的に無上大利の利益である名号を与えて助けて下さるということです。名号はよく往生成仏の因となり、それにより衆生の往生は決定するのです。このように、弥陀に往生をおまかせした者を阿弥陀仏は必ず助けて下さいますので、機法一体の南無阿弥陀仏というのです。機とは南無帰命の信心、法とは弥陀摂取の願力のことです。これが私達の往生が定まった他力の信心であると心得なさいと教えられています。

この他には蓮如上人は教えられていません。弥陀に救われるには、三願転入しなければ助からないとか、19願の善をしなさいとか、因果の道理を深く信じて廃悪修善をしなさいとか、必ず通らねばならない道程があるだとか、地獄一定の自己が知らされねばならないとか、善知識の指示に無条件服従せねばならないとか、宿善を求めよ・厚くせよとか、どこに書かれていますか? 後生の為には南無阿弥陀仏の他に何の不足があってか、これらの珍説を並べ立て、聞く者の往生成仏を妨げている輩がありますが、蓮如上人の上にはない教えであることは明らかです。このような相伝もなきしらぬえせ法門を信じていても、後生の助かるということはさらさらありません。一刻も早くくせ法門を捨て去って、南無阿弥陀仏のいわれをよくお聞きし、本願を信じ念仏して頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>秘密コメント様

教義的には漸教、自力、仮門であり、実態は外道ですから…
真宗を聞こうとしたら外に出なければ聞けません。それができたということは、非常によいことです。今はネット上でも聴聞できるので有難い環境ですね。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

あと1秒しかない人もたすかるよね?  本にはそうかいてあるが、高●はそう話していない

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>絶倫棒様

仰る通りです。『なぜ生きる』にはそのように書いていますが、実際は20年、30年かかっても助かりません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード