親鸞会は「信心が足りない」「もっと信心しなさい」と教える宗教と同類項

私は聞いたことはありませんが、高森会長が言うには、他宗教では

「信心が足りない」
「もっと信心しなさい」


と言うそうです。熱心に信仰していても願い通りの幸福がやってこない場合、教祖や上の階級に当たる人が不足をならす信者に対してこのように言うのでしょう。


さて、親鸞会では、聞いても聞いても、活動しても活動しても救われる人が皆無に等しい状態です。会員であった当時、救われない理由を私は以下のように考えたり、会長の本を読んで自分に言い聞かせたりしていました。

・後生の一大事(親鸞会では必堕無間の意)の解決なんだから簡単にはいかない。
・自分はどれだけ仏法のために時間やお金を使い、心身を尽くしているのか。
・一ヶ月に三日や四日聞法したって、一年でどれだけになるであろうか。臨終までどれ程聞いたことになるのか。その一日と言っても、聴聞しているのは僅かに、三、四時間ではないか。……(『白道燃ゆ』p.205)


熱心に聞き求めていても願い通りの信心決定、絶対の幸福が獲られないと不足に思った時、あるいは不安を感じた時、同じように自分を落ち着かせる会員さんはけっこうあるのではないでしょうか? そしてもっと頑張らねばと、聴聞や活動に励んでいる方も多くあると思います。
しかしこの考えは、上の話で「信心」を「聴聞」「活動」に置き換えているだけです。聴聞や活動によって横の線を進み、縦の線まで達した時に信心決定、絶対の幸福が獲られると教えられますから、会員さんは

「聴聞(活動)が足りない」
「もっと聴聞(活動)しなさい」


と自分に言い聞かせているのです。違いますか? 結局のところ、親鸞会は「信心が足りない」「もっと信心しなさい」と教える宗教と同類項なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何年も前から指摘している通りでつ本の矛盾とかね 

「講師」を名乗りながらみんな学位なしだし、おちょくった組織だな

一念の救いに横軸取るのは四年生以外でしょ?  高●の経験みたいなのとごっちゃだから珍しい教えになるし 

なので、佛教といいながら●森教の勧誘してる香具師いたら、停学にしとく

>絶倫棒様

正体を隠して勧誘している会員がいたら通報してあげて下さいi-278
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード