「善(雑行)をせよ」と言うのなら、「五雑行」は心も行為も間違いどころか、大いに奨励されるべき行です

親鸞会では雑行を「五雑行」と「諸善万行」とに分けて、五雑行は捨てねばならないが諸善万行はやらねばだめだとヘンテコなことを教えています。親鸞会でしか聞いたことがない人は、なぜヘンテコなのか分からないでしょう。そういう人のために解説しておきますと、親鸞会で五雑行と言っている、読誦雑行、観察雑行、礼拝雑行、称名雑行、讃歎供養雑行の五種の雑行とは、無量にある雑行の内のほんの一例だからです。

 次に雑行は、すなはち文(同)に、「この正助二行を除きてのほかの自余の諸善をことごとく雑行と名づく」といふこれなり。意はいはく、雑行無量なり、つぶさに述ぶるに遑あらず。ただしばらく五種の正行に翻対してもつて五種の雑行を明かすべし。一には読誦雑行、二には観察雑行、三には礼拝雑行、四には称名雑行、五には讃歎供養雑行なり。 第一に読誦雑行といふは、上の『観経』等の往生浄土の経を除きてのほかの大小乗顕密の諸経において受持し読誦するをことごとく読誦雑行と名づく。第二に観察雑行といふは、上の極楽の依正を除きてのほかの大小、顕密、事理の観行をみなことごとく観察雑行と名づく。第三に礼拝雑行といふは、上の弥陀を礼拝するを除きてのほかの一切の諸余の仏・菩薩等およびもろもろの世天等において礼拝恭敬するをことごとく礼拝雑行と名づく。第四に称名雑行といふは、上の弥陀の名号を称するを除きてのほかの自余の一切の仏・菩薩等およびもろもろの世天等の名号を称するをことごとく称名雑行と名づく。 第五に讃歎供養雑行といふは、上の弥陀仏を除きてのほかの一切の諸余の仏・菩薩等およびもろもろの世天等において讃歎供養するをことごとく讃歎供養雑行と名づく。 このほかまた布施・持戒等の無量の行あり。みな雑行の言に摂尽すべし。(選択本願念仏集)

法然聖人のお言葉から、「五雑行」は諸善万行の内の五つの行だということ、「五雑行」とは布施や持戒などの行と並列関係にあることが分かるでしょう。だから「善(雑行)をせよ」と言うのなら、「五雑行」は心も行為も間違いどころか、大いに奨励されるべき行なのです。親鸞会では雑行は19願からしか現れないと言い、19願の行の勧めを説いているのですから、19願からしか現れない雑行の中の「五雑行」は捨てるどころか、布施や持戒などの行と同じく大いにやらねばならないはずです。逆に、「雑行をすてよ」と言った場合は、「五雑行」は勿論、布施・持戒等の無量の行も捨てるのです。「五雑行」だけ最初から捨てて、布施や持戒等の行は獲信のその時まで必要ということではありません。
親鸞会は、現今の浄土真宗の門徒は雑行が何やらさっぱり分かっていないと言いながら、一人知り顔の体で説明している本人達がさっぱり分かっていません。そして、真宗門徒は雑行をやりまくりだと言いながら、実は自分達が雑行に心をとどめまくりだということに気づいていないのです。だからまともに聞いている会員で獲信者が現れないのは至極当然の話なのです。信心獲得し、往生成仏を願う人は、これ以上騙される前に間違いだらけの親鸞会から離れて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

往生行として、お金を出したり、親鸞会に勧誘したり、掃除したり、節約したりってのが自分にも理解できないですね。
お金を出す行為、勧誘をする行為単体は、弥陀の浄土への往生を願うことと直結してないですし、達成の明確な線引き、どのような善果が期待できるかの具体性もないです。
自然注意が散漫になって、弥陀一仏に向くことができなくなると思います。
これでは、いま善根が貯まってっているんだろうなという満足感の足しにはなっても、
この一座で、あるいはこの一行でって思いがおこらないのではないでしょうか?

自分は善をすることに反対はしないですが、
それで生死の問題を解決しようと設定しているなら、自分でこれなら解決できるという
たしかな手ごたえがあるものをしていくべきだと思います。
そういう努力をしている方こそ、自分の救われ難さが身に染みるのだと思います。

No title

意味わからん

>名無し様

諸善(雑行)の中に五つの雑行が含まれるということです。雑行の中に五雑行と諸善万行とがあり、五雑行は心も行為も間違いだが、それ以外の諸善は信仰とやらが進むのに必要という親鸞会の説明が間違いであるということを分かって頂ければ十分です。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード