捏造の上、仮の仮のそのまた仮の上に成り立つ親鸞会教義(メモ)

捏造教義
・獲信までの道程(いわゆる横の線)
・一切衆生必堕無間という教え
・善知識の指示に無条件に従わねば後生助からないという教え
・獲信の因縁としての修善の勧め
・宿善を求めよ、厚くせよという教え・・・etc

仮定教義
・逆謗闡提が全ての人
・(親鸞会で言う)後生の一大事に驚き、弥陀の救いを求めるようになる
・私達に19願の善(雑行)が実践できる
・19願の結果は、18願と同じ
・「19願を出て離れなさい」という教えなしに勝手に20願へ進める

仮定教義の実態・矛盾点
・龍樹菩薩は自力で出離された聖者だが、親鸞会では龍樹菩薩まで逆謗闡提というらしい。また、『観経』で言えば逆謗闡提は最低の下品下生だが、下品下生に善の勧めはない。
・高森会長の説では、私達は闡提で、仏法を一生懸命聞いて無常に驚くようなものではない。よって、後生の一大事に驚くことはない。会員は後生の一大事に驚こうとして足踏み状態。
・19願の善を実践できるのは中品下生以上。なので、逆謗闡提の者に19願の善は実践できない。実践できるなら私達は逆謗闡提ではないし、できないなら私達は雑行をしているとは言えない。高森会長の説では、雑行は19願からしか現れず、雑行をしていない者に雑行を捨てよと言われるはずがないので、雑行ができもしない私達に「雑行を捨てよ」と教えられるわけがない。
・19願の結果が18願と違うものだとすると、18願の救いを求めているのに目的地が違うことになる。目的地が違えば手段も異なると高森会長は散々説いている。報土往生を目指して化土往生する行を修めるのか? 分かりやすく言えば、月へ行くのにバスや電車を使うのかということ。19願の結果は化土往生。報土往生を目指して19願を実践せよという教えは真宗にはない。
・高森会長の説では、19願を実践していくとできない自分が知らされて20願へ進むらしい。対して親鸞聖人は、善知識方のご勧化によって19願を出て離れ、20願に回入したと仰っている。善知識方のご勧化とは、「19願を実践しなさい」ではなく「19願を出て離れなさい」ということだと分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

だからこそ 矛盾を矛盾と考えさせないように
会長信心を叩き込んでからでないと
親鸞会という 名前が出せないんですね。

>ため息様

その通りです。勧誘初期の段階で、仏教の話を聞く時は受け心が大事などと話がなされますが、このあたりから既に会長信心を叩きこむための準備が始まっています。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード