廻向の御名をお受けすることが真実の信心であります

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  一 信心とは、どういうことか

 <浄土に生るべき因の御名を、このままの私に与えて下さる。>

  六

 この本願の念仏の思召、これが釈尊から宗祖に流れこんでくだされたものです。『御文章』はこの名号を信受する一念のすがたをあらわされたものです。ここに「廻向を首としたまひて、大悲心をば成就せり」のおこころをお受けすることができます。私がこの世に生れた本意を本当に満足させてもらうのです。
 この真実を受けよ、受けたら助けるという交換条件ではありません。受けさせねばおかぬとの真実であります。いとし子に、「母ちゃんと言え」の母心は、言わしめねばおかぬとは、母心を受けしめねばおかぬとの母みずからの絶対のちからであります。
 これを受けることによって、いとし子はその願いを満足するように、私の久遠劫来の志願を満たして頂くのは、この名号のはたらきであります。つまり志願満足は御名のはたらきであります。
 如来の真実をさしつけられていることに気づかせていただいたならば、どうしてぐずぐずしていられましょうか。受けるとか受けないとか、私の方で計らうのではありません。受ける心までがご廻向の真実に成就せられてあります。
 御開山様では、救われたとは、この世では本願の仰せの聞きえられたことであります。彼の世では涅槃のさとりの開かれたことであります。
 お慈悲を聞いてお仕事を聞かず、お約束を聞いて御廻向を聞かない。私たちは救いの全体を聞かせてもらわねばなりません。
 廻向の大行であります。他力を聞いて廻向を聞かずにいてはなりません。廻向の御名をお受けすることが真実の信心であります。差しよせたまうそのままに、この御廻向の御名をそのままいただくのです。
 わが生きているのも不思議です。ましていわんや本願の名号を与えられて、これを称えまつる身にまでお育ていただいたことは、不思議の中の不思議であります。御名を聞いて、それなら助かるというは自力心であります。そのときは仰せは力を失って助かるという満足感ばかりが残ります。私はただただ仰せを聞いておるだけであります。
 第十八願は愛の単なる宣言ではありません。救いの単なる約束ではありません。南無阿弥陀仏の大行の廻向であります。この御名は本願の全分であります。この全体をあげて私に来て下さいますから、本願の全分私に来り、私の全分に本願が開動したもうのです。だから本願の宗教は、単なる自覚ではありません。また努力を教えるのでもありません。ただ信受を教えたもうのです。全宗教は「めざめよ、つとめよ」ですが、真宗は「受けよ」であります。このまま受けるのです。力も知恵もいりません。私はこのままおよびごえを受けるのです。心にうけるすがたが信心です。身にうけたすがたが念仏であります。されば、信心そのもの、まさしく南無阿弥陀仏の大行の来現であると同じく、念仏そのものは南無阿弥陀仏の来現であります。信行は内外の異りはありますが、一真実の大行の降ったものであります。念称是一とはこれであります。
 私、仏因を受けて満足するとき、仏、廻向を成じて満足したようなものであります。

(p.13~p.16)



「受けよ」と言われると「どう受ければ」と悩む。「頂く」と言われると「どう頂いたら」と考える。悩み考えて分からないと「どうすればいいんだ?」と力む。そんな自力の計らいをいくらめぐらせてもどうにもなりません。受ける心までが御廻向のものです。
受けるのに力も知恵もいりません。今の自分のまま受けるのです。信仰を進めるだとか、宿善を厚くするだとか、光に向かって進むだとか、全く無用の長物です。私はこのまま「助けるぞ」のおよびごえを受けるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード