事は、いたずらに明かし暮らして、一生は空しく過ぎて、ついに三途に沈む身が、往生成仏の身となる大事

「残りは今後の二千畳座談会で……」って、いつまで生きてるつもりでしょうね?

の記事に、仮名様、名無し様からコメントを頂きました。ありがとうございました。ここでは、名無し様のコメントを紹介します。

********************
こういう発言って今までも大きな行事の時は大抵していましたよね。
会員時代は「初めてきた人が続けて聞きたい、と思うように高森先生が仏縁を念じてそのように言ってくださっているのだ」なんて考えていました。
こうやって結論は次回言います、次回はとても大切なことを話すことになるのです、とか言って、聞いた人は次こそ大事なところが聞ける、次こそ分かるはず、といつまでもズルズルと行っちゃうんですよ。
今回も結局先延ばし。そして肝心の行事はおそらくほとんどが見学会やお食事会、信心の沙汰という名の談笑や決意発表。
親鸞聖人の教えを伝える以外何もない、なんて勇ましく言ってる親鸞会の750回忌がこのざまなんだから、迷っている会員さんは決断したほうがいいですよ。

********************

高森会長の目的は、会員や聴衆の信心決定ではなく、彼らに次もまた来てもらうことです。それも、もっと多くの人を引き連れて来てもらうことです。高森会長の話し方は高森会長の話に救われる法の話がほとんどないたった1つの理由(頂いた質問)に紹介されていますが、肝心の救いの法についてはほとんど触れない、説かないというものです。それで会員は、仰るようにズルズルと今日まで獲信、往生と関係ないことばかり聞かされ続け、活動させられ続けています。それに気がつかねばこれからも、最悪死ぬまでずっとかも知れません。
誰しも、活動報告や決意発表、見学会や食事会、説法内容やそれをどれだけ記憶しているかは問題にします。それは目に見えて分かりやすいものだからです。しかし、自分の信心はどうか、人の信心はどうかと問題にする人はほとんどいません。それは目に見えず分かりにくいものだからです。また、話題にしても

「私はまだ信心獲得していない」「私もしていない」「私もだ」

「ではどうすれば?」

「より真剣に聞かせて頂きましょう」「より光に向かって進ませて頂きましょう」


という結論で終わってしまうのは明白で、進歩のないことが分かり切っているからです。それに、先輩や何十年と聞いている人が、後輩や新人さんを前に己の無信心を告白するのは気まずいでしょうし、後輩、新人さんへの影響もあります。

高森会長の話の復習をしても信心の沙汰にはなりません。それは話の沙汰です。

 そもそも、年来超勝寺の門徒において、仏法の次第もつてのほか相違せり。そのいはれは、まづ座衆とてこれあり。いかにもその座上にあがりて、さかづきなんどまでもひとよりさきに飲み、座中のひとにもまたそのほかたれたれにも、いみじくおもはれんずるが、まことに仏法の肝要たるやうに心中にこころえおきたり。これさらに往生極楽のためにあらず。ただ世間の名聞に似たり。
しかるに当流において毎月の会合の由来はなにの用ぞなれば、在家無智の身をもつて、いたづらに暮しいたづらに明かして、一期はむなしく過ぎて、つひに三途に沈まん身が、一月に一度なりとも、せめて念仏修行の人数ばかり道場に集まりて、わが信心は、ひとの信心は、いかがあるらんといふ信心沙汰をすべき用の会合なるを、ちかごろはその信心といふことはかつて是非の沙汰におよばざるあひだ、言語道断あさましき次第なり。所詮自今以後はかたく会合の座中において信心の沙汰をすべきものなり。これ真実の往生極楽をとぐべきいはれなるがゆゑなり。(御文章1帖目12通)


蓮如上人のお言葉を拝読してみると、見学会や食事会、活動報告や決意発表が多く、法話と言っても救いの法がほとんど説かれない、信心の沙汰と言っても談笑や話の沙汰で終始する親鸞会は、世間の名聞に毛が生えたかどうかでしょう。事は、いたずらに明かし暮らして、一生は空しく過ぎて、ついに三途に沈む身が、往生成仏の身となる大事であるのに、救いの法がない、信心の沙汰もない団体に用はありません。会員の皆さんには、そろそろ高森学徒としての人生に終止符を打ち、如来の一子、御同朋・御同行として生きて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード