『教行証文類』の概要(4)ー第十八願のこころ

『聖典セミナー教行信証[教行の巻]』(梯 實圓師)より引用

第十八願のこころ

 『無量寿経』によれば、阿弥陀仏が法蔵菩薩と名のる修行者であったとき、一切の衆生を、善悪・賢愚の隔てなく平等に救って、さとりの領域である浄土に生まれさせようと願って四十八種の誓願をおこし、さらに兆載永劫の修行によって一々の願を完成し、十劫のむかし阿弥陀仏となられたと説かれています。その四十八願は、念仏往生を誓われた第十八願に集約していくと見るのが、善導、法然両祖の伝統をうけた親鸞聖人の領解でした。いま本願力回向といわれるときの本願は、その第十八願を指しています。その願は、次のように誓われています。

たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽してわが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ。ただ五逆と誹謗正法とをば除く。(『註釈版聖典』一八頁)

「たとい私が仏陀になり得たとしても、十方世界のすべての衆生が、私の真実なる誓願を疑いなく信じ、わが国(浄土)へ生まれようとおもって、わずか十遍であれ、私の名を称えているのに、もし私の国に生まれることができないようならば、私は仏陀にはなりません。ただし五逆罪をつくり、仏法を誹謗しているようなものは除きます」というのです。

 このなか、「もし生ぜずは、正覚を取らじ」までは、救いを誓われていることから摂取門といい、「五逆と誹謗正法とをば除く」とは、この二種の重罪を犯しているものは往生させないと抑え止められていることから抑止門といっています。抑止された意図は、この二種の重罪を造ったものに、罪を罪と知らせて慚愧を生じさせ、回心させるために設けられた巧みな方便であるといわれています。

 さて摂取門のなかで「十方の衆生」というのは、広く十方の衆生を救済の対象とされていることを表しています。「至心信楽してわが国に生ぜんと欲ひて」とは、至心とは真実心ということで、阿弥陀仏の願心の真実であることをいうといわれています。信楽とは、阿弥陀仏の真実なる本願を疑いなく受けいれている信心をいい、欲生とは、本願の仰せのとおり必ず浄土に生まれることができると期する心です。ですから全体としては、阿弥陀仏の真実なる誓願を疑いなく聞きいれて、必ず浄土へ生まれることができるとおもえと信心を命じられた言葉であることがわかります。

「乃至十念(すなわち十念に至るまで)せん」とは、数の多少を問わず、ひたすら阿弥陀仏の名を称念しつつ、浄土を目指して生きよと、称名を浄土願生者の歩むべき道として選定されたことを表しています。こうして第十八願は、浄土へ往生する因としての信と行が選び定められていることがわかります。この信と行が決定的な往生の因であることを知らせるために、「もし生ぜずは、正覚を取らじ」と誓約し、必ず浄土へ生まれさせると、その証果を約束されたのです。とくにここに、「もし浄土へ往生させることができないようならば正覚を取るまい」と、往生と正覚を一体に誓われたということは、正覚者阿弥陀仏は、念仏の衆生の往生を保証し、衆生救済を「いのち」としている徹底した救済者であることを表しているのです。


(p.7~p.9)



阿弥陀仏は法蔵菩薩であったとき、生きとし生けるすべてのものを、老少・善悪をえらばず、男女・賢愚・美醜・貧富など、あらゆる差別を越えて平等に救うという、とてつもない願いを発されました。それは諸仏の願に超え勝れたこの上ない誓願であり、世に二つとない誓いですから、親鸞聖人は、

建立無上殊勝願
超発希有大弘誓(正信偈)


と讃嘆されています。

前回も書きましたが、阿弥陀仏の救いに対して私達衆生は何の造作もまじえません。全て阿弥陀仏のお力によって、この真実なる誓願を疑いなく受けいれて念仏称える身とならせて頂くのです。どんなお育てがあってのことか、私達は幸いにも親鸞聖人から、18願真実の教えを聞かせて頂くことができました。

ところが、あともうちょっとのところが越せず、阿弥陀仏の本願に対して「いくら何でも」と疑ってかかる方がいます。すなわち、本願を疑いなく聞きいれずにいる時は、

「せめてこちらで本願を受け入れられるように心を調えなければ、救いには遇えないのだろう」
「何にも用意は要らないと言われても、何かしなければ救って下さらないだろう」
「善をやったり念仏を称えたりした方が、善をやらなかったり念仏を称えなかったりするよりも早く救われるのではなかろうか」
「雜毒の善とは言えやらんよりやった方がいいだろう、いくら阿弥陀さまといえど、散乱放逸な状態では救って下さらないだろう」
「真心こめてお念仏称えたならば、心が散乱したまま称えたり、称えなかったりするよりはお助けに近づくのではなかろうか」
「居眠り聴聞など以ての外、ド真剣に聴聞しなければ火花は散らないんだ(つまり救われないんだ)」


というような心が出てきます。

受け取り心を作ろうとしたり、救われるべき人材になろうと努力したり、私の真剣さを間に合わせようとしたり、他力に全託することができないのです。こういった心を「不了仏智」「疑情」「疑網」「二心」「雜行、雜修、自力の心」などと申します。そしてこの最大の障壁である自力の心を何とかしようとあがくのですが、自力の心は自分の智慧、学問、経験、才能、修行などで何とかなる問題ではありません。

『唯信鈔文意』には、

「本願他力をたのみて自力をはなれたる」

と教えられています。「本願他力をたのみて自力をはなれ」ることは「どれほどの難しいことか」と悩まれている方もありましょうが、蓮如上人のお言葉で言いますと「なんのようもなく、一心一向に仏たすけたまえと弥陀をたのむ」これだけです。


修造「阿弥陀さまのこと思えよ。応援してる人達のこと思ってみろって。あともうちょっとのところなんだから。必ず信心決定できる。だからこそ! 南無阿弥陀仏に命を懸ける! お前も強い根っこを持て!(=心を弘誓の仏地に樹てよ!) Never Give Up!!」

阿弥陀さまが私の往生をあきらめなかったから、今の私の仏縁があるのです。

「汝今知るや不や阿弥陀仏ここを去ること遠からず」(観無量寿経)

ですから、救われていない人も、あともうちょっとのところだと思います。救いをあきらめないで下さい。修造先生も仰るように「Never Give Up!!」です。どうか一日も片時も急いで阿弥陀仏の真実なる誓願を疑いなく聞きいれて、念仏して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード