参ると堕ちるは、この信心一つであります

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  二 大悲の親様のおよびごえ 

  六

 「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり」と御文章に仰せられます。参ると堕ちるは、この信心一つであります。「信心をいただく」ばかりであります。

(p.21)



親鸞聖人が教えられた信心とは、無善造悪の我々が、たやすく弥陀の浄土へ参らせて頂くための旅じたくなんであります。信心をいただくことが肝要です。ではどのようにしてその信心をとるのかというと、阿弥陀仏一仏に往生をおまかせし、そのほかの諸善万行にこころをかけず、また諸神・諸菩薩に利己的な現世利益を祈る心を捨て、また自力などという間違った考えをなげ捨てて、弥陀を一心一向に信じて疑いない人を、阿弥陀仏は必ずお助け下さいます。
このような弥陀の救いを説かないばかりか、自余の諸善万行にこころをかけさせ、更には無間地獄へ堕ちると強調し、罪悪を並べ立てて後生の不安を煽っているのは、間違ったカルトの教えです。無間地獄へ堕ちると何百回聞いても、救われません。それは真宗の「聞」ではありません。弥陀の「たすけるぞ」を聞くのです。これが真宗の「聞」であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード