「そのまま助けるぞよ」を聞いて、私の思いを入れず、「如来のお助けにあづかる」といただく

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  三 仰せのままを、おうけする


  二

 それで、その信心の行者とは、どういうものであるかということを、御開山様にうかがってみることにいたします。
 少し言わせていただきましょう。
 「私はいよいよ信じられました。お慈悲を喜んで、念仏申しています。」と申されます。これを信心と思うていられるようですが、これはうそです。また、「お助けまちがいないから、お浄土へ参れる。」と喜んでいられるのも、これは自分で始末をつけている思いですから、根無し草であります。あるいはまた、「大丈夫になれないのが凡夫の自性、この駄目な機相を見込んで、そのまま助けるぞのお慈悲じゃ」と、自分で片づけて、参れると坐りこむのです。この坐りこみがたいそう多いのです。坐りこんだら、もう動きません。だからこれもまちがいです。
 一般の仏教では、信心は、法がいただかれた心相です。
 真宗は、信心は、如来のお慈悲の得られたすがたです。つまり、如来のお助けの得られた心です。それは具体的に申しますと、
 「そのまま助けるぞよ」を聞いて、私の思いを入れず、「如来のお助けにあづかる」といただくのです。
 「そのまま助けるぞよ」を聞いて、「如来のお助けに助けられることと」いただくのです。そのはじめの念を信の一念と申されるのです。義山和上はそのこころを次のように申されてあります。
 「如来の助け救わんとよびかけたまうことを聞いて、自分の思いを入れず、まるまる如来のお助けに、あづかることとと、いただく。そのはじめの念が、信の一念である。」と、申されてあります。

(p.24~p.25)



 しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。「歓喜」といふは、身心の悦予を形すの貌なり。「乃至」といふは、多少を摂するの言なり。「一念」といふは、信心二心なきがゆゑに一念といふ。これを一心と名づく。一心はすなはち清浄報土の真因なり。(信文類)

 真宗の信心は、如来の「助けるぞよ」を聞くことです。そしてその仰せに疑いないことです。「助けるぞよ」の仰せを、仰せのままに受け入れ、自分の思いを差し挟まないことです。後生の問題、往生の問題を、阿弥陀様にまるまる委ねてしまうことです。それが他力回向、本願力廻向の信心です。
 それに対して、後生の不安、仰せを頂けない不安をこちらの側で片づけよう、このように思うことで安心しようとするのは真宗の信心ではありません。普段はそれで心落ち着けていても、いざ後生となると心配になってしまうのなら、それは坐りこんでいるのです。
 また、獲信するまでに通らねばならない道程があると信じていたり、このままでは助けて頂けないので善や念仏を励もうと思っていたり、まず必堕無間の極悪人と知らされなければならないなどと考えていたりするのも当然真宗の信心ではありません。このように信じている人達は、救いは先の話で、とにかくオレがオレがという頭が頑としてある人達なので、やはりもう動きません。しかもそのように教える知識を絶対視し、その知識の説を擁護し、その知識と違うことを言う者を間違いと決めつける思考回路の持ち主で、周囲に同様な頭の人を多く持ち、輪の中から外れることを畏れる人達なため、そこから脱するのは容易ではありません。
 しかし、如何なる形で坐りこんでいる人にも、如来のお慈悲は確実に届いています。仰せを仰せのままに頂くかどうか、往生はそれ一つで定まります。今、ここで、このままの私が救われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード