『教行証文類』の概要(5)ー第十八願と五願六法(六願七法)

『聖典セミナー教行信証[教行の巻]』(梯 實圓師)より引用

第十八願と五願六法(六願七法)

 このように第十八願には、信心と称名行と往生の証果という往生の因果(往相)と、それを可能にする阿弥陀仏の正覚の成就が誓われていました。親鸞聖人は、それを四十八願のなかの第十一願、第十二願、第十三願、第十七願、第十八願の五願に誓われている事柄とあわせて、その内容をさらに詳しく示していかれたのです。

 まず第十七願は、十方の諸仏に本願の名号を称讃させることを誓われていますが、諸仏の称讃は教ですから、「教文類」に顕される真実教の成就を誓ったものでした。しかし、諸仏が称讃される名号は、私たち衆生のうえに届いて「乃至十念(すなわち十念に至る)」の称名となって現れていますから、この称名は第十七願の名号そのものであるというので、真実行を第十七願の位で顕していかれたのが「行文類」でした。「至心信楽欲生」という信心は、十方の衆生が、その名号のいわれを疑いなく聞き受けているすがたであって、この信心を誓うのが正しく第十八願であるといい、その内容を詳細に顕すのが「信文類」だったのです。

 この行信によって得る果を第十八願には、「若不生者、不取正覚(もし生ぜずは、正覚を取らじ)」といい、確実に浄土に往生させてさとりを得させると誓われていました。ところで、浄土に生まれたものを完全なさとりに至らせようと誓われているのが第十一願の「必ず滅度に至らしめる」という証果の誓いですから、第十一願によって真実の証果を顕されたのが「証文類」です。その真実の証果の必然的展開として第二十二願に誓われた大悲還相が回向されていくというので、親鸞聖人は「証文類」のなかで還相回向を明かしていかれるのです。

 また第十八願の「不取正覚」の正覚とは、無量光(アミターバ)、無量寿(アミターユス)の徳をもった阿弥陀仏のことですが、それを詳しく誓われたのが光明無量の願(第十二願)であり、寿命無量の願(第十三願)でした。このように真仏の徳の完成を誓った第十二願、第十三願によって真仏と真土が成就していったと釈顕されたのが「真仏土文類」だったのです。

 こうして第十八願の法義内容を詳しく開いて誓ったのが、第十七願(教と行)、第十八願(信)、第十一願(証)、第十二願、第十三願(真仏と真土)の五願であり、それによって教、行、信、証、真仏、真土の六法が完成していくと見られたのです。これに第二十二願によって成就された還相を加えると六願七法になります。

 こうして親鸞聖人は、開けば五願六法(六願七法)になるような、第十八願のはたらき(本願力)によって回向成就されたものとして、浄土真宗を領解されたのです。これを親鸞聖人の取願立法(願を取って法を立てる)の法義といい、すべては阿弥陀仏の本願によって成就され、私に恵み与えられたものであると知らせる『教行証文類』の法義の顕し方の特徴です。


(p.10~p.12)



『教行証文類』では、教巻の冒頭に、

「謹んで浄土真宗を按ずるに、二種の回向あり。一には往相、二には還相なり。往相の回向に就いて、真実の教・行・信・証有り。」

と書かれた後、真実教、真実行、真実信、真実証、真仏真土についての解説が詳細になされます。なお、五願六法は『教行証文類』各巻の標挙の文からも分かります。

教巻:大無量寿経
真実の教 浄土真宗

行巻:諸仏称名の願(17願)
浄土真実の行 選択本願の行

信巻:至信信楽の願(18願)
正定聚の機

証巻:必至滅度の願(11願)
難思議往生

真仏土巻:光明無量の願(12願) 寿命無量の願(13願)


このように18願を、11願・12願・13願・17願・18願に開かれて、真実の教・行・信・証・真仏・真土を明らかにされたのが『教行証文類』前五巻の内容です。 そして、五願に開かれた法義は第十八願に集約されますから、親鸞聖人は十八願一つ聞くことを勧められています。

「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ」(教行信証総序)

親鸞聖人のお勧めに順い、どうか只今の救いに遇って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード