臨終をまち来迎をたのむことは、諸行往生を誓ひまします第十九の願のこころなり

親鸞会は三願転入の御文を利用し、大沼師の著書を剽窃して

三願転入は、親鸞聖人の教えの根基

と唱え、第十九願や定散二善を根拠に会員に善もどきの善をやらせています。以前に、「根基とは何ですか?」という質問に高森会長は「根基は根基だ」と答えたと聞いたことがありますが、この言い回しはパクリですから答えられないのは当然です。どういうミココロなのか、会員の方で勝手に計らうしかありませんね。
さて、私達が獲信目指して十九願に説かれる修諸功徳の善、『観無量寿経』に説かれる定散二善をやらねば助からないという説示は浄土真宗にはありません。これらを勧める時点で、親鸞聖人や覚如上人が第十九願をどのような願と見られていたかが全く分かっていないことが分かります。まずは親鸞聖人のお言葉から見てみます。

 来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終といふことは、諸行往生のひとにいふべし、いまだ真実の信心をえざるがゆゑなり。また十悪・五逆の罪人のはじめて善知識にあうて、すすめらるるときにいふことなり。真実信心の行人は、摂取不捨のゆゑに正定聚の位に住す。このゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。信心の定まるとき往生また定まるなり。来迎の儀則をまたず。
 正念といふは、本弘誓願の信楽定まるをいふなり。この信心うるゆゑに、かならず無上涅槃にいたるなり。この信心を一心といふ、この一心を金剛心といふ、この金剛心を大菩提心といふなり。これすなはち他力のなかの他力なり。
 また正念といふにつきて二つあり。一つには定心の行人の正念、二つには散心の行人の正念あるべし。この二つの正念は他力のなかの自力の正念なり。定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。(末灯鈔)


真実信心の行人は、臨終を待つことも来迎をたのむことも要りません。信心の定まる時に往生もまた定まってしまうからです。それに対して自力の行者は、修めた善を浄土に回向して往生を願うので、臨終を待ち来迎をたのまなければ方便化土へも往生はなりません。ですから、来迎とか臨終ということは、未だ真実の信心を得ていない、諸行往生を願っている自力の行者に言うことです。
ところで以前親鸞会では諸行往生とは「諸善をしたら助かるということ」と言い、それは間違いだと機関紙にも書いていました。諸行往生の意味を御文を通して知られてしまうと現在の親鸞会教義が転覆してしまうので、きちんとした説明は避けています。諸行往生とは、諸善万行を修め、その功徳によって浄土に往生しようとするものです。これは念仏往生に対する要門十九願の教えです。そのことは、上の御文で他力のなかの他力を説明された後、他力のなかの自力を説明される中で、

定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。

と言われていることからもお分かりでしょう。十九願は諸行を修めた行人を臨終に迎えると誓われた願なのです。なので定散二善や十九願を勧めることは諸行往生、臨終来迎を勧めることであり、念仏往生、平生業成を説く真宗の教えではないと非難が上がっているのです。
親鸞聖人と同様に、覚如上人も以下のように教えられています。

 来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終まつこと来迎たのむことは、諸行往生のひとにいふべし。真実信心の行人は摂取不捨のゆゑに正定聚に住す、正定聚に住するがゆゑに、かならず滅度に至る。かるがゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。これすなはち第十八の願のこころなり。臨終をまち来迎をたのむことは、諸行往生を誓ひまします第十九の願のこころなり。(執持鈔)

このことから、十九願には諸行往生が誓われてあり、その行者は臨終を待ち来迎をたのむものであることが分かります。その十九願を、浄土真宗では勧められているのかいないのか、まともな知能の持ち主ならば理解できると思います。
さて、先ほど挙げた『末灯鈔』には続きがあって、有念・無念の話の後に

浄土宗のなかに真あり、仮あり。真といふは選択本願なり、仮といふは定散二善なり。選択本願は浄土真宗なり、定散二善は方便仮門なり。浄土真宗は大乗のなかの至極なり。方便仮門のなかにまた大小・権実の教あり。(末灯鈔)

と教えられています。浄土宗のなかに真と仮があり、「真=選択本願=浄土真宗」であるのに対し、「仮=定散二善=方便仮門」と書かれています。ここでも定散二善は浄土真宗とは別の「方便仮門」であると言われています。浄土真宗に定散二善の勧めがあるのか、これまたまともな知能の持ち主ならば理解できるでしょう。
こう言うと、会員は方便のことを「真実を知らせ、体得させるに絶対必要なものである」と教えられているので反発するでしょう。しかし、方便仮門の中にはまた大小・権実の教もあるのです。大小・権実の教えとは聖道門のことですから、方便が絶対必要なものなら、親鸞会会員は絶対に必要な聖道門から始めなければなりません。親鸞会教義は所詮パクリと寄せ集めですから、このように矛盾点がポコポコ出てきてしまうのです。

以下、『末灯鈔』と『執持鈔』を参考に十八願と十九願の違いを箇条書きにしてみました。化土往生についてなど、教義との矛盾点は他にありますが、今回は特に、「臨終まつことなし、来迎たのむことなし」の十八願の救いを求める者に、「臨終をまち来迎をたのむ」十九願を勧めることのおかしさをよく理解して頂きたいと思います。

十八願
・臨終まつことなし、来迎たのむことなし
・かならず無上涅槃にいたる
・本弘誓願の信楽
・他力のなかの他力
・真
・選択本願
・浄土真宗

十九願
・臨終をまち来迎をたのむ
・来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず
・定散の善(は諸行往生のことばにをさまる)
・他力のなかの自力
・仮
・定散二善
・方便仮門
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大沼法龍氏 に関する 著名性・特筆性のソースをお持ちの方 編集作業に協力願いたいのですが、お願いします。

大沼法龍
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E6%B3%95%E9%BE%8D
>百科事典的な記事に成長する見込みのないもの」および「百科事典に記載するほどの著名性・特筆性がない記事」であると考えるため。また、宗教団体の広告行為であるとも考えられるため。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E6%B3%95%E9%BE%8D

とあり、削除依頼がでているのだが

大沼法龍氏 に関する 著名性・特筆性のソースをお持ちの方 編集作業に協力願いたいのですが、お願いします。

>元会員様

コメントありがとうございます。

お力にはなりたいと思うのですが、残念ながら大沼師に関して私はほとんど何も知りません。申し訳ありません。

大沼法龍

福岡県の全図書館や平成20年の宗教年鑑をあたってみたのですが、
何もみつかりませんでした。福岡に行って調べるしかないようですね。
古い新聞とかね。

No title

京都の龍谷大学図書館に行かれてはいかがですか?
七条大宮北にあります。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード