信じよう、称えよう、信心を得ようという、つかもうとする気持ちを全部とってもらって、それで、如来様の仰せをすなおに頂くのが、信心決定の如実の行者であります。

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  四 善知識の教えたもうは信心のことです


 善知識の教えたもうものは信心のことであります。それが名号のいわれであります。名号のいわれを聞くが、名号を聞くのであります。宗祖の法然上人の和讃に(十一首目)「無上の信心おしへてぞ」とあるのもこれであります。
 この信心は果徳の信心であります。だから名号不思議の信心と言い、この仏心を凡夫にさずけたまうとき信心と言わるるなりと言う。果徳の名号を、因分の底下の凡夫の安心として、廻向せられたのであります。
        ――○――○――○――
    これだけです。
 信じよう、称えよう、信心を得ようという、つかもうとする気持ちを全部とってもらって、それで、如来様の仰せをすなおに頂くのが、信心決定の如実の行者であります。

(p.34~p.35)



諸仏方便ときいたり
 源空ひじりとしめしつつ
 無上の信心をしへてぞ
 涅槃のかどをばひらきける(高僧和讃)


法然聖人は無上の信心を教えて、報土往生の要点を懇ろに開き顕されました。

まさに知るべし、生死の家には疑をもつて所止となし、涅槃の城には信をもつて能入となす。
(生死輪廻の家にとどまるのは本願を疑うからであり、さとりの城に入るのは本願を信ずるがゆえである。)

本願を疑うとは、上の加茂師で言うなら「信じよう、称えよう、信心を得ようという、つかもうとする気持ち」です。念仏に称功を認め、念仏を称えた功徳によって往生しようというのは本願を疑っているのです。
本願を信じるとは、そういう心が取り払われて、如来様の仰せをすなおに頂くことです。本願疑惑心は自分ではどうにもなりませんから、「助けるぞよ」を聞くのみです。聞くところに自力疑心は捨たり、他力に帰するのです。とにかく如来さまの仰せを聞いて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自他二つを分け、自を諌め他を誉れとすること

Abcです、
今日も過去に書かれた内容を読まさせていただいてこのようにコメントをしております、「真宗の教え」いや、「阿弥陀の教え」は「普く三世十方を貫く教え」でありますから、私がこうして拝見させていただいている内容がたとい数年前のものであったとしましても、少しも色褪せることはないのです。

さて、本題といたしましょう。

本願を疑うとは、上の加茂師で言うなら「信じよう、称えよう、信心を得ようという、つかもうとする気持ち」です。念仏に称功を認め、念仏を称えた功徳によって往生しようというのは本願を疑っているのです。

仰るとおりです、
元来、人というものは目先の目標(これで言いますと、「念仏を称えた功徳によって往生しよう」などです)は、『19願「因果相順の理(罪福信)」「臨終来迎を頼むいわれ」』で、「自分の畑を耕したら、耕した部分は土が柔らかくなっている」ようなもので「(自力の中で)すぐに合点がいくこと」です。

そのため、真宗ではない聖道仏教は、「殊勝なこころがけ」ではありますが、「それ相応の体力や忍耐などを必要」とします。そのため、「端から体力がないと思われる女人は山に修行に行ってはならない」という御触書がでまわりました。
(後に、「修行僧の煩悩の因となるため云々」となりますが

ですが、真宗は易行道、「安心(あんじん・やすきこころ)」の一道なのです。凡夫は何も準備しなくてもよいのです。むしろ用意するとその心が邪魔立てして、「やすきこころ」からは離れていきます。
たとえるならば、「弥陀と私の間には空間しか無かったならば容易に聞くことができますが、何層もの障壁を『自力』で作ると聞こえなくなってしまいます。」
です。弥陀には「声を届ける」以外にも「自力を廃れさせる『智慧光』」、「たとえ壁があっても届けようとする『無碍光』」「それほどのお力の如来がいないという『無対光』」などの御名を備えておいでです。ですから、私は「南無(畏れることはない)阿弥陀仏(必ず救う)」という『称名念仏』及び「そのいわれ(蓮如は「一流安心のとほり」とよばれています)」を説いています。

真宗を修めながら、「念仏を称えた功徳によって往生しよう」と思い立つ心は「これ即ち、他力の中の自力なり」と説かれているこころです。つきつめると「弥陀の誓いは頼りないから、自分でもなんとかする」と申している心です、これを法然は、「弥陀選択を疑う情(こころ) 即ち『疑情』也」とし、
親鸞は「自余の善根を因として身口意のみだれごころをつくろい」とも記されているところです。

「自を諌め」は、「正像末法和讃 誡疑抄」23首が最も有名です。
「他を誉れ」は、「他力に帰す」つまり「専修念仏のいわれ」を信じることです。

もし、「専修念仏」という言葉にとっかかりを感じるならば、蓮如が申されている「安心のとほりを、やうもなく執り持つ」でも問題はありません。

どうか、皆様も「やうもなくのこころ」にて、弥陀に遇われて下さい。

南無阿弥陀仏

Abc

Re: Abc様

過去の記事を取り上げて頂きありがとうございます。もう5年以上前の記事であり当時の記憶は大分あやふやですが、こうして改めて読ませて頂きますと加茂師のお言葉はありがたいなと思います。

なんまんだぶ、「助けるぞ」を聞くところに自力が廃るので、どうしたら廃るのかと方法論に走るのではなく仰せを仰せのままに受けるよりありません。それが信心であり、往生定まったのです。「聴聞にきはまる」「きくにきはまる」とはこのことを言うのだと知って頂きたいです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード