縦と横の線と人の図は、会員がいつまでも救われないと示しているようなもの

親鸞会ではお決まりの縦と横の線と人の図ですが、当ブログで繰り返し申し上げているように横の線に該当する教えは浄土真宗にはありません。横の線を、聴聞やおつとめ、修善をして左側に進んでいき、縦の線まで辿り着いた所で信心決定するというものですが、相伝もなき知らぬえせ法門であります。

聴聞やおつとめというのは信前の人にとっては宿善を厚くする行、信仰を進める行として位置づけられておりません。真宗で聴聞、つまり「聞く」というのは本願成就文の「聞其名号」の「聞」であり、それは仏願の生起本末を聞いて疑いないことです。

しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。(信文類)

おつとめは仏願の生起本末の書かれている『正信偈』や『御文章』を拝読する事ですから聴聞と同じです。また、おつとめは仏徳讃嘆、仏恩報謝の行でもあります。
決して、聴聞・おつとめは、信前の人が繰り返していってやがて宿善が厚くなり、信仰が進んで信心決定の身になるための行為ということではありません。もしそうなら聴聞・おつとめという「私の行」を繰り返すことにより助かる、あるいは救いに近づく手がかりとなるということですから、親鸞会で盛んに言われる唯信独達の法門になりません。そしてそれは他力回向に反する自力回向的な考えですので、そんな考えは今すぐ捨て去らなければなりません。

また、修善によって宿善が厚くなり、信仰が進んで救いに近づいていき、やがて信心決定ということも自力回向的な考えです。どれだけ励んでも獲信のもとい、助けとならないことは覚如上人のお言葉から明白です。

一 自力の修善はたくはへがたく、他力の仏智は護念の益をもつてたくはへらるる事。
 たとひ万行諸善の法財を修し、たくはふといふとも、進道の資糧となるべからず。ゆゑは六賊知聞して侵奪するがゆゑに。念仏においては、「すでに行者の善にあらず、行者の行にあらず」と等釈せらるれば、凡夫自力の善にあらず。まつたう弥陀の仏智なるがゆゑに、諸仏護念の益によりて六賊これを犯すにあたはざるがゆゑに、出離の資糧となり、報土の正因となるなり。しるべし。(口伝鈔)


第一、往生・獲信のために修める諸善万行は雑行と嫌われています。「捨てて」「投げ捨てて」「振り捨てて」と教えられる雑行を勧めているのが高森会長ですから、そんな教えを聞いていて助かるというのが不思議なものです。

このように親鸞会教義は浄土真宗と異なりますので、聞いている会員に獲信者がほとんど見当たらないのは当然です。おそらく会員の皆さんの実感として、聞き始めの頃と現在とで特に何も変化がない、いわゆる求道が足踏み状態であると思われます。それはそのはず、会長さんがいつも示して下さっている図から明らかです。

   |
   |                      人
   |――――――――――――――――
   |
   |

この図で、人はいつも黒板の右端に書かれます。そこから動きません。横の線に左方向へ矢印を書くことはありますが、人は動きません。人によっては聞き始めの新人さんばかりではなく、何十年と聞いている人、顕正活動や財施に貢献している人もあります。ところが、そういう人達がいるにも関わらず、法話では高森会長はいつも黒板の右端に書きます。そしていつも通り「(横の線をなぞって)この道を通って、(縦の線を指して)ここが決勝点」などと説きます。例外として安楽椅子に腰掛けている人が書かれる時がありますが、それでも縦の線に辿り着くことはありません。この図は、左の方へ進んでいくと見せかけて実は一歩も進んでいない、つまり会員がいつまでも救われないと示しているようなものです。横の線に該当する教えは存在しませんので、進むも進まないもないんですよ。本来あるはずのない架空の道を通ろうとさせられているのですから、それは進めませんわ。
救われる時がある、助かったということがある、とは言いますが、人はいつも黒板の右端。高森会長は、「お前は常にここだよ」「お前はここにいなさい」と暗に示しているのです。一番活動しているはずの講師部員さえ19願の入り口にも入っていないというのですから、いわんや一般会員をやです。
親鸞会ではあの図が示す通り、会員はいつまでも信心決定を向こうに眺めてそこへ向かおうとする求道者でなくてはなりません。しかしこれは決して求まることのない道です。会員の皆さんには、一刻も早く「死ぬまで求道」から脱し、本願を信じ念仏して頂きたいと念じて止みません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あと3秒しか生きてない人も助けるのが弥陀の本願

って、本には書いてるのに、「横軸」書いちゃうのね

これ、何回も聞いたのに、納得する回答なかった 

あの図も大沼法龍さんからのパクりですね。
私の持っている大沼さんの本にも縦線と横線の図がありますが、高森先生のそれとは違います。
一つあげれば人間の絵が親鸞会の図には書かれますが、大沼さんの図には書かれていません。
大沼さんは信前信後の水際がある、自力他力の違い目があるよ、一念の信を決定していなければ報土往生は出来ないということを言わんが為の図であって、それを高森会長が、まず軌道に乗らないと始まらない。軌道に乗ってもここを進まないとあっこの世界には行けないと言っているんですよね。
そして法話ではしばしば「後生の一大事が問題にさえなっていないのだからまだあの軌道に乗っていない」「コンマ以下」「黒板外」「あの軌道に乗せるのにお釈迦様はご苦労された、それで四十五年かかった、一切経になった」などと私は聞いてきました。
会員さんは「後生の一大事が問題にならないから雑行が出てくる所までも行ってない」「心の中で占いなどがつい気になったりする。まだ自分は内外廃立も出来てない」などと思い、「まずはあの軌道に乗らなければ」と考える傾向にあります。それが本心なのか、あるいはそう言わないとならない雰囲気があるからかは判りませんが、会員さんは軌道に乗ることに必死になっているのではないかと思います。
それだけじゃ会員さんも絶望的になる人もいるからか、時には「皆さんは六十億の中で選ばれた中の選ばれた人」、(山に降った雨水が海に流れる絵を書いて)「皆さんはもうここ(河口付近)まで来ている」「私はこの学生達を見ていると真宗の危機は人類の危機、と浄土から寄せかけ寄せかけ戻ってきた尊い方々なんじゃないかと思うんですよ」などと言ってよいしょしてみたりもします。
時には「そんなことで救われるか」と言ったり、「皆さんは救いに一番近い」と言ってみたり。
カルト宗教にありがちな「飴と鞭」作戦なんですが、講師や会員さんはそれを「智恵(厳しさ)と慈悲(優しさ)」の御教導と理解し、有り難がっているのだと思います。
ひどい状態になると(悲智円満の)南無阿弥陀仏の独り働きで先生はそのように言わずにおれないのだ、と感激したりもしています。
そこを、そうじゃない、高森会長があなたの気持ちを親鸞会に縛り付けておくために巧みに操っているに過ぎないのだ、ということを気づいてもらいたいのですが…。

>絶倫棒様

「もしあと一秒しか命のない人に、三秒かかるようでは救えない。一念の救いこそが、弥陀の本願(誓願)の主眼であり、本領なのだ」(『なぜ生きる』p.343)

ですね。三秒どころか、三十年聞いている人でも助からないんですけど・・・どこが一念の救いを説く団体なのでしょうね?
会員自体分かっておりませんので、納得する回答が得られないのは当然です。横軸とか、ゴールといったものは忘れた方がよろしいです。

>名無し様

私も知人から大沼師の書かれた図を見せてもらったことがあります(携帯の写メールだったので、細かすぎて何が書いてあるのか分かりませんでしたが)。
高森会長はそれを組織拡大のために加工利用したのでしょうね。彼の話では、横の軌道に乗るのがまず大変で、たとえ乗ったとしても更に19願、20願の実践があるので、獲信は遠~~~い先のこととしか思えなくなります。それを飴と鞭作戦で活動に上手く駆り立てているとの考察、ごもっともと思います。気がつく会員さんが一人でも多く現れてくれるよう願います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード