自力念仏の者が必ず無間地獄に堕ちるというのは、念仏無間と言っている誰かさんと大差ない念仏誹謗の有情であると知るべきです

親鸞会では、

念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。(親鸞聖人御消息)

などの御文は全て無視して、『御文章』の

この信心を獲得せずは極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり。(2帖目2通)

を金科玉条に一切衆生必堕無間を唱え続けています。親鸞会理論では、

他力念仏 → 報土往生
自力念仏 → 必堕無間
一般の人 → 必堕無間
念仏誹謗 → 必堕無間


ということですから、先の『御消息』のお言葉と真っ向から反対します。親鸞聖人は、

他力念仏 → 報土往生
自力念仏 → 化土往生
一般の人 → 六道輪廻
念仏誹謗 → 必堕無間


と教えられています。自力念仏の者が必ず無間地獄に堕ちるというのは、念仏無間と言っている誰かさんと大差ない念仏誹謗の有情であると知るべきです。


【参照】
『飛雲』念仏誹謗の高森会長

なお、蓮如上人のお言葉については『親鸞会の邪義を正す』会員との問答(後生の一大事について)などで解説されていますので参照して下さい。親鸞会お家芸の断章取義です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

支援

(66)
定散自力の称名は
 果遂のちかひに帰してこそ
 をしへざれども自然に
 真如の門に転入する

の、国宝本の左訓に、
ジリキノココロニテミヤウガウヲトナエタルオバツイニハタシトゲムトチカイタマフナリ
自力の心にて名号を称えたるをば、ついに果たし遂げむと誓いたまふなり。
とありますね。

>林遊様

ありがとうございます。


個人的に、挙げて頂いた『浄土和讃』の下の

(67)
安楽浄土をねがひつつ
 他力の信をえぬひとは
 仏智不思議をうたがひて
 辺地・懈慢にとまるなり

も合わせて読むと、親鸞会の邪義と親鸞聖人の教誡とがより分かりやすいと思いました。

親鸞会教義が正しいなら、

安楽浄土をねがひつつ
 他力の心をえぬひとは
 八万劫中大苦悩
 ひまなくうくとぞときたまふ

となるでしょうが違います。では定散自力の称名を勧められているかというと、それでは「辺地・懈慢にとまるなり」と誡めておられます。

http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%9E%9C%E9%81%82%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%81%B2%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%93%E3%81%9D

に、「当然、これを聞いた上からは真門自力の称名を捨てて第十八願への本願力回向の救済に帰すべきである。 」と書かれている通りですね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード