名号のぬしになったのであります

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  四 善知識の教えたもうは信心のことです

  五 仰せ一つで御廻向下さる

 「たすけるぞ」の仰せ一つで廻向したもうのであります。これを聞かせていただくばかりが、名号が私のものとなったのであります。名号のぬしになったのであります。如来より言えば、名号を私のものとなされたのであります。あたえたもうたのであります。私より言えば、あたえられたのであります。如来より言えば、摂取下されたのであります。私より言えば、摂取されたのであります。ああ、私はただおよび声を聞かせていただくばかりであります。

(p.39)



「ただおよび声を聞かせていただくばかり」とは、本願の名号、「たすけるぞ」の仰せを聞く以外に信心はないということです。この他に、我々凡夫が後生助かる道はありません。仰せのままに後生をおまかせするばかりにて、かたじけなくも私達の往生を決定下さるのです。早く弥陀をたのみ、往生安堵とくつろがせてもらって下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

加茂先生

加茂先生に三年間ついて学んできたものです。有難いブログを見つけて、
コメントしたくなりまして、ついついしてしまった次第であります。
私には師がもうお一方ありまして、稲垣最三(稲垣瑞劔)と言う方です。
この方も、もうおなくなりになりましたが、
私の祖父と同門であり、桂利劔和上のもとで学んでいました。
信心=本願力=力用(働き)つまりはお呼び声ですね、
と取りきった方でありました。
直接会ったことすらないのですが、祖父との書簡等を見て、
その因縁薄からざることを感じております(^^ゞ
ちなみに「安心のかなめ」「死の解決」という本を出版されておりますので、
機会があればチョロ見していただいても問題なかろうかと思います。
ともあれ、加茂先生のお話をWeb上で頂戴するとは!という
感激のもと、コメントさせていただきました。
長文失礼いたしましたm(__)m

>tariki echo様

コメントありがとうございます(^-^)

http://daiganji.ftw.jp/u62636.html
浄土真宗本願寺派 大願寺 ほんとうに聞く

などに稲垣最三師の言葉が引用されたりしていますね。「聴く耳のなくて聞こゆる不思議かな」「九十年何を聞いたか覚えたか、本願名号ただひとつ、よばれて帰る親のふるさと」いい、悪いという表現は不適切かも知れませんが、とてもいい句ですね。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%89%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%81-1954%E5%B9%B4-%E7%99%BE%E8%8A%B1%E6%96%87%E9%9B%86-%E7%A8%B2%E5%9E%A3-%E6%9C%80%E4%B8%89/dp/B000JB5NK2/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1336313723&sr=1-4
アマゾン 安心のかなめ

安心のかなめ発見しました! しかし中古でこの値段は私には痛いっす(泣 機会があれば読んでみたいです。

http://www.amazon.co.jp/%E6%95%99%E8%A1%8C%E4%BF%A1%E8%A8%BC%E5%A4%A7%E7%B3%BB%E3%80%88%E7%AC%AC7%E5%B7%BB%E3%80%89%E5%8C%96%E8%BA%AB%E5%9C%9F%E3%81%AE%E5%B7%BB-1961%E5%B9%B4-%E6%A1%82-%E5%88%A9%E5%89%A3/dp/B000JBEISK/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1336313941&sr=8-2
アマゾン 教行信証大系〈第7巻〉化身土の巻 桂 利剣 (著), 稲垣 瑞剣 (著)

こちらも読んでみたいですが、50年以上前の本で扱っていない巻もあるみたいですね。

加茂師について学んでおられたとは、うらやましいです。
私なぞその加茂師を批判していたどこぞの会の会長さんを唯一無二の善知識と崇めていましたよ・・・やはりどの師に就くかということは大事です。
私は直接加茂師にお会いしたことも、聴聞したこともありませんが、加茂師は私に本願の救いのあることを知らせてくれた善知識の一人です。そんな加茂師を師にもたれたtariki echoさんとの会話、有難いご縁です。どうもありがとうございます。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード