飛雲さんがどうこう言う前に、夢幻界裡氏は高森会長が「他流。 邪義。 明らかである。」と言っているようなものです

『夢幻界裡の覚醒』機の善悪と、報土往生の可否

では、

『飛雲』悪人正機も理解できない親鸞会

を断章取義して取るに足らない言葉遊びがなされています。何せ根拠が高森会長の言葉ですから、自称本願寺の僧侶さんは厚い高森信心をお持ちで、親鸞聖人よりも彼を重んじている様子が窺えます。読者の皆様には、両者のブログを見比べて、どちらの主張が理にかなっているか、親鸞聖人の教えに合致しているか検証してみて下さい。それにより飛雲さんが断章取義と言っている意味が一層よく分かると思います。

さて、親鸞会発行『本願寺なぜ答えぬ』では、

我々の救い(信心獲得)に前後ができるのは、ひとえに、各自の、宿善の厚薄による(p.93)

と書かれています。つまり、往生に前後ができるのは、宿善の厚薄によるというのです。親鸞会によれば、過去世の善根の厚い人は前に救われ、過去世の善根の薄い人は後に救われるということです。これはすなわち、過去世の善根の厚い人は報土往生に近く、過去世の善根の薄い人は報土往生に遠いという、遠近の関係があると言っているのと同じです。
ではどういう人が過去世の善根の厚い人で、どういう人が過去世の善根の薄い(少ない)人かと言えば、

宿善のあつきものは今生にも善根を修し悪業をおそる、宿善すくなきものは今生に悪業をこのみ善根をつくらず。(唯信鈔)

という会員もよく知っているお言葉から分かります。この事から親鸞会では、過去世の善根の厚い善人は、過去世の善根の薄い悪人よりも早く救われる、ということになります。
こうした高森会長の主張は、夢幻界裡氏の言葉を借りれば、

宿善の厚い人よりも、宿善の薄い人の方が、報土往生が「遠い」

 すなわち、

 ”機の善悪が、報土往生に(遠近の)関係がある”

 という。


となるでしょう。これは勿論、夢幻界裡氏が挙げている

機に生れつきたる善悪のふたつ、報土往生の得ともならず失ともならざる条勿論なり。(口伝鈔)

のお言葉より邪義であることは明らかです。なお、宿善の厚薄と往生が親鸞会の主張通りの関係でないことは、先ほど挙げた『唯信鈔』のお言葉の後に出てくる、

宿業の善悪は今生のありさまにてあきらかにしりぬべし。しかるに善心なし、はかりしりぬ、宿善すくなしといふことを。われら罪業おもしといふとも五逆をばつくらず、宿善すくなしといへどもふかく本願を信ぜり。

というお言葉からも分かるでしょう。親鸞会の宿善論はここに破綻を見ることができます。

飛雲さんがどうこう言う前に、夢幻界裡氏は高森会長が「他流。 邪義。 明らかである。」と言っているようなものです。自分で尊敬する先生を「他流」「邪義」と非難してしまっています。
それにしても、どうしてこうも高森信心の人は影でこそこそが好きなのでしょう? 「どちらが正しいか公開討論しようじゃないか。カゲでコソコソせずに明るいところへ出ておいで。(『顕正一口メモ(A)』)」




【補足】
ちなみに親鸞会では「十方衆生に善人は一人もいない」などと主張しておりますが、宿善に厚薄があるということは善人悪人がいる、ということです。ここでも親鸞会教義は破綻していることが分かります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『なぜ生きる』の2部P165

「岸上にたわむれる子供よりも、濁流におぼれる者の救済が急務
仏の慈悲のあらわれであろう」

ここで 「仏の慈悲は平等なのになぜ 順番があるのですか?」
と座談会で質問がありました。

答が 

岸上にたわむれる子供とは 善人で 苦しみが無い人。

濁流におぼれる人とは 悪人で 苦しんでいる人

善人、悪人がいると 会長は答えています。

その場その場で 答えが変わるのに 矛盾と思えないのですね。
これぞ不可思議。
 

>名無し様

聞いている者が厚い高森信者だからでしょう。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード