高森会長は機相で信心を語っている異安心

機相・信相のプリントに関する質疑応答

の記事に、山も山様、ヘルプ様からコメントを頂きました。ありがとうございました。その内、ヘルプさんが鋭い指摘をしています。

********************
そういえば「あの人は信心獲得している、していない」と言ってはいけないということなら、高森先生が講師部に対して「君達は十九願の入口にさえ立ってない」と言ったのも言ってはいけないことを言っちゃったということですね。
********************

全く、仰る通りです。機相・信相のプリントが正しいと仮定すると、高森会長は「君達(講師部)は信心獲得していない」と言っているも同然ですから、機相で信心を語っている異安心ということになります。会長自身、機相・信相のプリントの内容をよく把握していないということです。

また、新入生が入ってくるこの時期に先輩がよく受ける質問として、

「○○先輩は信心決定しているんですか?」

という質問があります。これもあのプリントが正しいと仮定するなら、信心決定しているとも、していないとも答えられないことになります。これを回避するには、せいぜい「勿論」とか言って誤魔化すしかないでしょう。まぁ「勿論」と答えるにせよ、「勿論しているよ」か「勿論していないよ」の二択しかありませんから、信心決定している、していないと言っているも同然なのですがね。これが、自分自身が「信心決定している、していない」と答える分にはいいのだとしても、新入生にとっては「○○先輩は信心決定している、していない」という認識を植えつけることになります。新入生は、先輩の三業以外の何で信心を判断するというのでしょう? 当然三業で判断するしかありません。こうして親鸞会では、せっかく誘った新入生を、親鸞会で言う「土蔵秘事とそれに類する者」と同類の思考にしてしまっています。親鸞会では代々このようにして勧誘がなされてきたのですから、講師部から幹部、末端会員まで皆「土蔵秘事とそれに類する者」と同類の思考です。道理で救われている者が皆無と言っていいほどいないわけです。ちなみにこのような質問をしなかった会員でも、「高森先生は信心決定している」と言われ、そのように思い、そして人にも言っているのですから、やはり「土蔵秘事とそれに類する者」と同類の思考に変わりありません。


もう4月になって、学友部の勧誘が活発になっている頃だと思います。新入生の皆さんには、カルトに染まらない大学生活、人生を送って頂きたいものです。そして染まってしまっている人も、その染みを抜いて正意の安心に基づき、本願を信じ念仏して下さることを願うばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

http://kondoutomofumi.blog121.fc2.com/blog-entry-291.html

↑このblogにも述べられていますが、S会で使われるところの「信相」「機相」とは、真宗本来の語義とは全く掛け離れた、S会独自の用語であり、当然、説明の内容もS会独自のオリジナル教義なんですよね。

自是他否のためにその場しのぎででっちあげた教義に過ぎませんから、自己矛盾が見え見えなのですが、S会にどっぷり浸かっているとそれにさえ気付けなくなってしまうんですよね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード