親鸞聖人がご門弟の方々に勧められた『後世物語聞書』に、三願転入の教えはない(3)

本日も、親鸞聖人がご門弟の方々に勧められた『後世物語聞書』を読んで、その教えと親鸞会教義との相違点を見ていきたいと思います。

【5】あるひといはく、念仏すれどもこころに妄念をおこせば、外相はたふとくみえ内心はわろきゆゑに、虚仮の念仏となりて真実の念仏にあらずと申すこと、まことにとおぼえて、おもひしづめてこころをすまして申さんとすれども、おほかたわがこころのつやつやととのへがたく候ふをば、いかがつかまつるべき。
 師のいはく、そのここちすなはち自力にかかへられて他力をしらず、すでに至誠心のかけたりけるなり。くだんの、口に念仏をとなふれどもこころに妄念のとどまらねば、虚仮の念仏といひて、こころをすまして申すべしとすすめけるも、やがて至誠心かけたる虚仮の念仏者にてありけりときこえたり。そのこころに妄念をとどめて、口に名号をとなへて内外相応するを、虚仮はなれたる至誠心の念仏なりと申すらんは、この至誠心をしらぬものなり。凡夫の真実にして行ずる念仏は、ひとへに自力にして弥陀の本願にたがへるこころなり。すでにみづからそのこころをきよむといふならば、聖道門のこころなり、浄土門のこころにあらず、難行道のこころにして易行道のこころにあらず。これをこころうべきやうは、いまの凡夫みづから煩悩を断ずることかたければ、妄念またとどめがたし。しかるを弥陀仏、これをかがみて、かねてかかる衆生のために、他力本願をたて、名号の不思議にて衆生の罪を除かんと誓ひたまへり。さればこそ他力ともなづけたれ。このことわりをこころえつれば、わがこころにてものうるさく妄念・妄想をとどめんともたしなまず、しづめがたきあしきこころ、乱れ散るこころをしづめんともたしなまず、こらしがたき観念・観法をこらさんともはげまず、ただ仏の名願を念ずれば、本願かぎりあるゆゑに、貪瞋痴の煩悩をたたへたる身なれども、かならず往生すと信じたればこそ、こころやすけれ。さればこそ易行道とはなづけたれ。もし身をいましめ、こころをととのへて修すべきならば、なんぞ行住坐臥を論ぜず、時処諸縁をきらはざれとすすめんや。またもしみづから身をととのへ、こころをすましおほせてつとめば、かならずしも仏力をたのまずとも生死をはなれん。


この段落では自力の念仏と他力の念仏の違いを述べられています。心の妄念を抑えて念仏するのが至誠心の念仏であるというのは、至誠心ということを知らないのだと教えられています。凡夫がどのように努力して心を凝らして念仏しても、それは自力であって弥陀の本願に背く心だというのです。阿弥陀仏は、すでに私達を妄念・妄想を止めることができない者と見越して、他力本願を建て、南無阿弥陀仏の不可思議の力にて救おうと誓われています。この道理を心得て、ただ弥陀の本願名号を念仏すれば、すでに本願は完成されているので、欲・怒り・愚痴の煩悩を湛えた身ではあるけれども、必ず浄土に生まれると信じるからこそ、安心できるのです。そうであるからこそ他力、そうであるからこそ易行道と名付けられたのです。
このように教えられていますが、見てお分かりの通り説かれているのは念仏であり、諸善ではありません。どこかに、他力の念仏称えるために自力諸善に励めなどと教えられているでしょうか? 親鸞会流「三願転入の教え」は、親鸞聖人が読むよう勧められた書物の中にはどこにもないのです。会員の皆さんは、自らその心を清めて真剣に善をしようとしているのかも知れませんが、それは聖道門のこころであって浄土門のこころにあらず、難行道のこころであって易行道のこころではありません。かといって親鸞会は聖道門・難行道でもないただの新興宗教なのですが、会員さんには早くえせ聖道門、えせ難行道を離れ、煩悩を湛えた私と見越して本願を建てて下された阿弥陀仏と心得て、本願の念仏を称えて今度の一大事の往生を遂げて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【親鸞聖人がご門弟の方々に勧められた『後世物語聞書』に、三願転入の教えはない(3)】

本日も、親鸞聖人がご門弟の方々に勧められた『後世物語聞書』を読んで、その教えと親鸞会教義との相違点を見ていきたいと思います。【5】あるひといはく、念仏すれどもこころに妄

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード