冬虫夏草の生態に見る新興宗教信者の思考・活動

以前、冬虫夏草の生態について少し教えて頂いたので、私もWeb上で少し調べてみました。多くが冬虫夏草の効能を売りにした通販のサイトでしたが、

『日本冬虫夏草の会』
『ニコニコ大百科』冬虫夏草とは
『UMAファン ~ 未確認生物』冬虫夏草

などにはどのような生物であるかが詳しく載っています。

冬虫夏草とは、一般的はコウモリ蛾の幼虫に寄生して生ずる菌類を指していますが、それ以外の昆虫やクモ、キノコなどに寄生する菌類も広く冬虫夏草と分類されているようです。『ニコニコ大百科』冬虫夏草とはから少々抜粋しますと、

********************
冬虫夏草は活物寄生菌であり、必ず生きた昆虫にとりついて体内に入り込む。パラス(ポケモン) が冬虫夏草をモチーフにした架空のキャラクターとして有名であるが、実はこのように虫が生きている状態できのこが生えてくることは絶対にない。まず菌糸が昆虫体内の隅々まではびこり、昆虫を殺した後で表皮を破ってきのこが生えてくるのである。

冬虫夏草に侵された虫は、しばしば枝をよじ登ったところで力尽きている。高い場所は菌類にとっては胞子散布に有利なので、冬虫夏草が死の直前の昆虫を操り、高い場所に登らせているという説がある。

********************

と書かれていて、実際はかなりグロテスクな生き物のようです。
この説明の内、「冬虫夏草が死の直前の昆虫を操り、高い場所に登らせているという説」を調べてみました。『Gigazine』アリの頭部に寄生して発芽に有利な場所に移動させ死ぬ時間までも操作する恐怖のキノコに、「アリに寄生して発芽するOphiocordyceps属の一種は、宿主の精神を乗っ取って生存に有利な場所に移動させ、最も適した時刻に宿主が死ぬように操作するという特性を持っている」という研究結果が図解付きで載っています。こちらは昆虫が苦手な人には観覧をお勧めできません・・・。

さて、こうした冬虫夏草の生態を踏まえて、新興宗教信者の思考・活動を見ていきたいと思います。以前私が所属していた団体の教義は、ごく簡単に言えば

「死ねば必ず無間地獄に堕ちる。この後生の一大事を解決するために人間に生まれてきた。どんなに苦しくても生きなければならないのは、後生の一大事を解決するためである。それには信心決定するしかない。信心決定するには聴聞と破邪顕正。会長先生から教えを正しく聞き、人にもこの後生の一大事あることとその解決の道を示さねばならない。それに会に財施することも一人でも多くの人に法をお伝えすることになるから、解決の道を進むことになる。また、会長先生や上司の指示に無条件に従っていくことで早く解決の道を進むのであり、それに反発する者は教えがよく分かっていないのだ」

というものでした。会長や講師からこのような教えを聞くことによって「会の教義」という胞子が付着し、聞き続けたり活動に参加したりすることで脳内に胞子が増殖・拡散し、やがて宿主の思考・行動を操作するようになります。

・後生は地獄に堕ちるという認識、そこから助かりたいという欲求、人にも伝えねばという使命感などから、程度の差はあれ会で推進される活動に時間、金銭、労力を使っていく。
・会長、上司の指示に無条件で従う人こそ早く救われる人であり、会員の模範であると考え、自らもそうあろうとする。
・自分が聞いているこの教えこそ唯一絶対にして真実の宗教、その教えを説くこの先生こそ唯一無二の善知識であると思い込む。
・教えに矛盾と思われるところがあっても、先生や教えが間違っているのではなく、自分がよく分かっていないせいだとする。
・会の教義のみが正しいと信じ込み、他の人生論や会への様々な非難をまともに受けつけない。
・組織や教え、会長が非難されるとその相手を嫌い、何とか破ってやろう、会の正しさを証明しようとする。
・あるいは上司にそのことを尋ね、会の正しさを説いてもらい安心する。


他にも特徴はありますが、ざっと書いたようなことを率先して行うような人の脳内には、全体に胞子が行き渡っていると言えましょう。いやぁ、恐ろしいものです。

一応誤解のないように言いますが、「会の教義」という胞子は喩え話です。冬虫夏草のように実物ではありませんし、それ自体に身体を冒されて人命を奪われることはありません。しかし、脳内が会の教義に浸食され、激しい活動を続けていたがために疲弊して事故死した人が実際にあります。また、会に関する何らかの事情により自殺された人、精神を病んでしまった人も知っています。しつこい勧誘や説得のために嫌な思いをした方も多いでしょう。このように、会の教義が様々な害毒をもたらすことは事実です。
また「会の教義」という胞子は、組織や構成員から離れたり、教義の誤りを知っていくことで消えていくものなので、今まで胞子だらけだったという人でも大丈夫です。特に教義の誤りを知ることによる胞子消滅のスピードは段違いに速いので、是非とも何かしら疑問を感じたら調べて頂きたいものです。
騙されていないつもりで騙されている、思考・行動を操作されていないつもりで操作されているというのが現実です。新興宗教に脳内を支配されている方には、一刻も早く胞子を除去されるよう念じます。


【参照】
投稿:元会員の死因を隠して葬儀をしたい団体とは?
投稿文:石川学生部員の死亡事故の件について
投稿:光戦の辛い出来事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード