親鸞会流「三願転入の教え」は、「他力真実の行人になるために、まず自力不真実の行人になれ」という教え

『浄土真要鈔』第11段では、更に第十八願による得生と第十九願による来迎についての質疑応答が続いています。全文は挙げたリンク先に飛んでご覧下さい。

【11】問うていはく、念仏の行者は十八の願に帰して往生を得、諸行の行人は十九の願をたのみて来迎にあづかるといひて、各別にこころうることしかるべからず。そのゆゑは、念仏の行者の往生を得るといふは、往生よりさきには来迎にあづかるべし。諸行の行人の来迎にあづかるといふは、来迎ののちには往生を得べし。なんぞ各別にこころうべきや。

 答へていはく、親鸞聖人の御意をうかがふに、念仏の行者の往生を得るといふは、化仏の来迎にあづからず。もしあづかるといふは、報仏の来迎なり。これ摂取不捨の益なり。諸行の行人の来迎にあづかるといふは、真実の往生をとげず。もしとぐるといふも、これ胎生辺地の往生なり。念仏と諸行とひとつにあらざれば、往生と来迎とまたおなじかるべからず。しかれば、他力真実の行人は、第十八の願の信心をえて、第十一の必至滅度の願の果を得るなり。これを念仏往生といふ。これ真実報土の往生なり。この往生は一念帰命のとき、さだまりてかならず滅度に至るべき位を得るなり。

(中略)

自力不真実の行人は、第十九の願に誓ひましますところの「修諸功徳 乃至 現其人前」(大経・上)の文をたのみて、のぞみを極楽にかく。しかれどももとより諸善は本願にあらず、浄土の生因にあらざるがゆゑに、報土の往生をとげず。もしとぐるも、これ胎生辺地の往生なり。この機のためには臨終を期し来迎をたのむべしとみえたり。これみな方便なり。されば願文の「仮令」の句は、現其人前も一定の益にあらざることを説きあらはすことばなり。この機は聖衆の来迎にあづからず。臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定なるべし。しかれば、本願にあらざる不定の辺地の往生を執せんよりは、仏の本願に順じて臨終を期せず来迎をたのまずとも、一念の信心定まれば平生に決定往生の業を成就する念仏往生の願に帰して、如来の他力をたのみ、かならず真実報土の往生をとぐべきなり。


諸行の行人、つまり第十九願の行人が来迎にあずかるというのは、真実報土の往生を遂げるのではありません。仮に往生するといっても、それは胎生辺地の往生、つまり化土往生です。念仏と諸行は一つではありませんから、往生と来迎はまた同じではありません。
ですから、他力真実の行人は、第十八願の信心を得て、第十一願に誓われている必至滅度の果を得ます。これを念仏往生と言います。これが真実報土の往生です。この往生は一念帰命のとき、定めて必ず滅度に至るべき位となるのです。
それに対して自力不真実の行人は、第十九願に誓われている「修諸功徳 至心発願 欲生我国 臨寿終時 仮令不与 大衆囲繞 現其人前」の文をたのみ、望みを極楽にかけます。ところが、もとより諸善は本願ではありません。浄土に生まれる因ではありませんから、報土往生はかないません。もし往生するとしても、胎生辺地の往生です。この自力不真実の行人のために、臨終の来迎をたのみなさいと教えられているとみえます。これはみな方便です。ですから第十九願文の「仮令」の句は、臨終にその人の前に現れるというのも確実な利益ではないことを説きあらわしている言葉です。この人は多くの聖者の来迎にあずかることができません。死に臨んで、妄案を起こすことなく、正しく阿弥陀仏を念じていなければ化土往生もなお不定なのです。
このようなことですから、本願ではない不定の化土往生を深く心にかけるのではなく、仏の本願(第十八願)に準じて臨終の来迎をたのまなくても、一念の信心定まれば平生に決定往生の業を成就する念仏往生の願を信じて、如来の他力をたのみ、必ず真実報土の往生を遂げなさいと教えられています。

第十九願は、行は自力諸善であり、往生が定まるのは臨終であり、来迎を期待しなければ往生はならず、往生したとしても報土ではなく化土であります。これは自力不真実の行人です。第十九願に執心している限りはいつまでも第十九願の自力不真実の行人のままです。それに行き先もうまくいって化土、臨終正念で来迎がなければ流転です。
親鸞会流「三願転入の教え」は、こうしたお聖教のお言葉を全て無視して都合のよい御文を都合よく解釈しただけの創作教義であります。他力真実の行人になるために、まず自力不真実の行人になれなどという教説は存在しません。もし会員さんが真実報土の往生を遂げようというなら、第十九願からは離れ、第十八願に帰依して、如来の他力をたのんで下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード