偽装本願寺の僧侶などが断章取義しそうな文章を予想して解説

偽装本願寺の僧侶などに

真宗で肝要といわれる信心は、広大なものであって、我等一切群生の起し得られるものでないことがはっきりとなります

の記事を断章される恐れがありますので、ここで書いておきます。『浄土真宗 信心』には、

本願の目当ては、逆謗の悪機であるところに・・・

とありまして、この文章のみを利用して「阿弥陀仏は、一切衆生は逆謗の悪機であると見抜かれて本願を建てられた」などという邪義を正当化ことが予想されるからです。五逆、謗法という極めて罪の重い悪人をも救う本願ではありますが、そういう罪を犯していない凡夫もあります。また善導大師や智覚禅師のように定散二善のできる善凡夫、龍樹菩薩のように自力で出離できる聖者もあるのですから、「阿弥陀仏は、一切衆生は逆謗の悪機であると見抜かれて本願を建てられた」わけがないでしょう。親鸞会の理論は極端すぎますから、一つでも例外を示せば簡単にその誤りを指摘することができます。

覚如上人は、阿弥陀仏の本願は凡夫のためであって聖人のための本願ではないと以下のように仰っています。

(19)
一 如来の本願は、もと凡夫のためにして聖人のためにあらざる事。
 本願寺の聖人(親鸞)、黒谷の先徳(源空)より御相承とて、如信上人、仰せられていはく、「世のひとつねにおもへらく、悪人なほもつて往生す、いはんや善人をやと。この事とほくは弥陀の本願にそむき、ちかくは釈尊出世の金言に違せり。そのゆゑは五劫思惟の苦労、六度万行の堪忍、しかしながら凡夫出要のためなり、まつたく聖人のためにあらず。しかれば凡夫、本願に乗じて報土に往生すべき正機なり。凡夫もし往生かたかるべくは、願虚設なるべし、力徒然なるべし。しかるに願力あひ加して、十方衆生のために大饒益を成ず。これによりて正覚をとなへていまに十劫なり。これを証する恒沙諸仏の証誠、あに無虚妄の説にあらずや。しかれば御釈(玄義分)にも、〈一切善悪凡夫得生者〉と等のたまへり。これも悪凡夫を本として、善凡夫をかたはらにかねたり。かるがゆゑに傍機たる善凡夫、なほ往生せば、もつぱら正機たる悪凡夫、いかでか往生せざらん。しかれば善人なほもつて往生す、いかにいはんや悪人をやといふべし」と仰せごとありき。(口伝鈔)


いわゆる悪人正機、善人傍機ということです。善人と悪人、善凡夫と悪凡夫というように、分けて教えられています。全人類に善人は一人もいないなら、分けて教える必要はありません。全人類が男(女)だけなら、それと対になる女(男)という名称が要らないようなものです。分けて教えられているというのは、善人と悪人、善凡夫と悪凡夫がいるということです。常識です。

そして、悪人の中でも比較的罪の軽い部類の者もいれば、五逆、謗法という重罪人もあるわけです。『観経』でも下品上生、下品中生、下品下生と罪の程度によって分けて教えられています。その中、最も罪が重い下品下生の者でも救うというのが阿弥陀仏の本願です。罪がどれほど深い者でも救うということを、蓮如上人は分かりやすく

・そもそも、阿弥陀如来をたのみたてまつるについて、自余の万善万行をば、すでに雑行となづけてきらへるそのこころはいかんぞなれば、それ弥陀仏の誓ひましますやうは、一心一向にわれをたのまん衆生をば、いかなる罪ふかき機なりとも、すくひたまはんといへる大願なり。(2帖目9通)
・この阿弥陀仏と申すは、いかやうなるほとけぞ、またいかやうなる機の衆生をすくひたまふぞといふに、三世の諸仏にすてられたるあさましきわれら凡夫女人を、われひとりすくはんといふ大願をおこしたまひて、五劫があひだこれを思惟し、永劫があひだこれを修行して、それ衆生の罪においては、いかなる十悪・五逆、謗法・闡提の輩なりといふとも、すくはんと誓ひましまして、すでに諸仏の悲願にこえすぐれたまひて、その願成就して阿弥陀如来とはならせたまへるを、すなはち阿弥陀仏とは申すなり。(3帖目1通)
・阿弥陀如来の仰せられけるやうは、「末代の凡夫罪業のわれらたらんもの、罪はいかほどふかくとも、われを一心にたのまん衆生をば、かならずすくふべし」と仰せられたり。(4帖目9通)


等々教えられています。いかなる十悪・五逆、謗法・闡提の輩でも救うということであって、全人類は逆謗の悪機だと理解するのは思考の停止している会員位のものです。「私は逆謗の悪機だ」という自己反省は大いに結構ですが、一切衆生が逆謗の悪機であるということは祖師方の教えに反する邪義です。

後生は「地獄」と仰っているところもあれば、「三途」「三悪道」「五趣八難」「五道・六道といへる悪趣」とも仰っているなど、祖師方のお言葉は必堕無間に限定されていません。いつまでも必堕無間の呪縛に支配され、救いの法を与えられない親鸞会の皆さんは実にお気の毒です。早く呪縛から解放され、救いの法に遇われることを願うばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、悪人正機/善人傍機、などと善人と悪人とを区別して扱う必要は全くないと考えています。「 悪人正機・善人傍機」などという教説は、受け止め方によっては、極重の悪人ではなくとも、悪人であるとの自覚がなければ弥陀のお救いに遇えない、という間違った方向に理解される原因になりうると思われるからです。弥陀の救いには、悪人善人の自覚などまったく不要であり、また、自己の機を詮索する必要もまったく不要であって、「聞其名号」だけで十分です。それに一切の不足はありません。それを親鸞聖人は、「大小聖人、重軽悪人、みなおなじくひとしく選択大宝海に帰して念仏往生すべし。」(行巻)と言われているのだと理解しています。

No title

善人悪人を分けているのは、すべての人が極重の悪人という親鸞会の間違いを指摘するのが目的です。
自分のことを善人と思おうが、悪人と思おうが、極重の悪人と自覚しようが、ここでの問題ではありません。
ちなみに善人悪人を詳しく分けておられるのが、親鸞聖人です。

コメント返信

>たかぼー様、ちょっとね様

今回は、

http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/
飛雲

で取り扱われている10項目の内、


3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である


という違いについて、根拠を挙げて示したまでです。ちょっとね様の言われているように、善人悪人を詳しく分けておられるのが、親鸞聖人です。

それと余談ですが、弥陀の本願には善人・悪人のへだてはありませんが、善人(善人であるとの自覚のある人)は、本願の中で19願を最も勝れた願とし、18願は悪人を導くための方便であるとして18願による往生を願いません。それが聖道門の方々の本願観でした。それを真逆に捉えられたのが法然聖人、親鸞聖人であったのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>秘密コメント様

事実は不明ですが、利用できるものは何でも利用するのが親鸞会ですね。しかも、あたかも自分で考え出したように。全く恥知らずです。

No title

抽象的に、悪人・善人の議論をしても意味はなかろうに。

No title

全人類は極重の悪人だから、必堕無間。
この必堕無間から逃れるには、善をして善のできない者と知らされて、阿弥陀仏に救われる。

という邪義から離れることができないので、会員は救われないのです。
親鸞聖人の教えは

我ら凡夫は自力では出離できず報往生もできない。
報土往生するには、善悪無関係の阿弥陀仏の本願1つによらなければならない。

ということです。
この違いが大したものでないかどうかは、その人の親鸞会に対する理解によるのでしょう。

コメント返信

たかぼーさんの言われることも分かります。仰る通り、弥陀の救いには本願の名号を聞く、これ以外に何の不足もありません。

しかし親鸞会では、やれ三願転入しなければ救われないといって19願を根拠に献金・勧誘・無条件服従をさせたり、やれ全人類は逆謗の屍だと決めつけて救われると必ずそう知らされると説いたりしています。まさに「悪人(逆謗)であるとの自覚がなければ弥陀のお救いに遇えない」という間違った方向に理解される原因を作っているわけです。そうした誤りや、間違った方向に理解される原因を指摘し取り除こうとしていること、御理解頂ければと思います。

No title

<まさに「悪人(逆謗)であるとの自覚がなければ弥陀のお救いに遇えない」という間違った方向に理解される原因を作っているわけです。そうした誤りや、間違った方向に理解される原因を指摘し取り除こうとしていること、御理解頂ければと思います。>

このことは私も十分に理解しており、また、その教説が全くの邪説であることを広く告知することは、極めて重要でかつ急を要する課題であると共感しております。その課題を遂行してゆく場合において重要なことは、弥陀の救いには、極悪人とか悪人とかの自覚などまったく不要であり、また、自己の機を詮索する必要もまったく不要、「聞其名号」だけで十分であって何の不足はないということを、そのまま真正面から直球勝負でお伝えすることだと思います。このことによって、祖師が顕示された他力信の一端なりを直ちに明らかにすることができると思います。抽象的に善人悪人を議論しても、それが他力信を明示することに直結していないことに一抹の不満と憂慮を感じます。

No title

親鸞会の邪義にがちがちに凝り固まった人が多くいる訳ですね。
会員もそうですが、退会してからも、
「逆謗の自覚がなければ救われない」
と思っている人は、たくさんいます。ちょっとやそっとで、抜けるような毒ではないんですよ。
毒を消さないと、正しい理解ができず、違う方向ばかり向いているのが実情です。

たかぼーさんは、いろいろのところで意見を言われることは結構なことですが、そこかしこでたかぼーさんを批判的に見られる方も多いです。

自分は正しいことを言っているのだから、自分の意見に従え、では高森会長と同じです。

教義的なことはお聖教通り。
それ以外は、他の人の意見に耳を傾ける度量が必要ではないですか。
わざわざ、他人のブログまで出かけてきて、ブロガー批判を展開して楽しいですか。

No title

「弥陀の救いには、極悪人とか悪人とかの自覚などまったく不要であり、また、自己の機を詮索する必要もまったく不要、「聞其名号」だけで十分であって何の不足はない。」 これが教義上、誤りであるということですか? 

No title

たかぼーさん。
淳心房さんと私が言っている意味がわからなければ、黙っていた方が賢明ですよ。
それともオーボイドさんのように、藁人形論法ですか?
なぜ、多くの人から批判されているのか、自己を省みてください。

コメント返信

当ブログには主に2つの目的があります。1つは、浄土真宗の信心を紹介すること。もう1つは、私を含め沢山の人を迷わせた、現に今も迷わせている親鸞会の誤りを紹介することです。

今回の記事の目的は後者寄りです。必堕無間の呪縛に支配され、救いの法を与えられずにいる会員さん、元会員さんは今でも多数おられると思います。そういう方々に知ってもらいたいのが、親鸞聖人は「一切衆生は必堕無間だ、全人類は逆謗の屍だ」とは教えておられないことです。呪縛に支配されたままだと、仏教を聞くのは必堕無間から逃れるためになり、浄土往生はおまけの扱いになります。浄土往生を願って親鸞聖人の教えを聞いて頂きたく、親鸞会教義の誤りを示すために善人、悪人を取り上げました。ちょっとねさんのコメントにある通りです。

そして、もはや呪縛を逃れ、「阿弥陀仏に救われたい」「浄土に往生したい」と思うようになった方には、たかぼーさんの言われるように直ちに「聞其名号」、つまり「たすけるぞよ」の仰せを聞くのみであります。これは例えば、

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-category-16.html
『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)

のカテゴリ等で重点的に取り扱っております。

善人、悪人については、たかぼーさん始め親鸞会教義が誤りであると分かっている方には不要な議論でしょうが、未だ会で迷っている人には教義の誤りに気づいて頂く上で必要かと思い取り上げています。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード