親鸞聖人がご門弟の方々に勧められた『唯信鈔』に、三願転入の教えはない

ただ詮ずるところは、『唯信鈔』・『後世物語』・『自力他力』、この御ふみどもをよくよくつねにみて、その御こころにたがへずおはしますべし。(親鸞聖人御消息)

このように、親鸞聖人はお手紙にて『唯信鈔』(聖覚法印)、『後世物語聞書』(隆寛律師?)、『自力他力事』(隆寛律師)などをよくよく常に読んで、そのお心に違わないようにしなさいとお書きになっています。これまで当ブログでは『後世物語聞書』と『自力他力事』について取り上げています。本日は『唯信鈔』を見ていきたいと思います。本文は先のリンク先にて確認頂くことにして、ここでは全体の解説を引用致します。

********************
著者である聖覚法印は、隆寛律師とともに、師法然上人からあつく信任されていた人である。本書は上人より相承する念仏往生の要義を述べて、表題のごとくただ信心を専修念仏の肝要とすることを明らかにされたものである。

 前半には、まず仏道には聖道門と浄土門の二門があり、浄土門こそが末法の世の衆生にかなうものであると選びとる。その浄土門にまた諸行をはげんで往生を願う諸行往生と、称名念仏して往生を願う念仏往生とがあるが、自力の諸行では往生をとげがたい旨を示して他力の念仏往生こそ仏の本願にかなうことが述べられる。さらにこの念仏往生について専修と雑修とがあることを示して、阿弥陀仏の本願を信じ、ただ念仏一行をつとめる三心具足の専修のすぐれていることを明らかにし、念仏には信心を要とすることが述べられる。

 また後半には(1)臨終念仏と尋常念仏、(2)弥陀願力と先世の罪業、(3)五逆と宿善、(4)一念と多念の4項についての不審をあげて、それを明確に決択されている。すなわち前半は顕正の段、後半は破邪の段である。 親鸞聖人は関東在住の頃から本書を尊重され、門弟にもしばしば本書の熟読を勧められた。しかも、帰洛後には本書を註釈されて『唯信鈔文意』を著され、本書の意義をさらに説き明かされている。

********************


さて、浄土門こそ末代の我々の救われる教えですが、その中に諸行往生と念仏往生とがあります。この内諸行往生は自らの行を励んで願う自力の往生であって遂げ難く、念仏往生は阿弥陀仏の名号を称えて願う往生で、それは仏願に順ずるために正定業と名づけると教えられています。そして念仏往生はひとえに弥陀の願力による他力の往生だというのです。

【2】二つに浄土門といふは、今生の行業を回向して、順次生に浄土に生れて、浄土にして菩薩の行を具足して仏に成らんと願ずるなり。この門は末代の機にかなへり。まことにたくみなりとす。ただし、この門にまた二つのすぢわかれたり。一つには諸行往生、二つには念仏往生なり。

【3】諸行往生といふは、あるいは父母に孝養し、あるいは師長に奉事し、あるいは五戒・八戒をたもち、あるいは布施・忍辱を行じ、乃至、三密・一乗の行をめぐらして、浄土に往生せんとねがふなり。これみな往生をとげざるにあらず。一切の行はみなこれ浄土の行なるがゆゑに。ただこれはみづからの行をはげみて往生をねがふがゆゑに、自力の往生となづく。行業もしおろそかならば、往生とげがたし。かの阿弥陀仏の本願にあらず。摂取の光明の照らさざるところなり。

【4】二つに念仏往生といふは、阿弥陀の名号をとなへて往生をねがふなり。
これはかの仏の本願に順ずるがゆゑに、正定の業となづく。ひとへに弥陀の願力にひかるるがゆゑに、他力の往生となづく。そもそも名号をとなふるは、なにのゆゑにかの仏の本願にかなふとはいふぞといふに、そのことのおこりは、阿弥陀如来いまだ仏に成りたまはざりしむかし、法蔵比丘と申しき。そのときに仏ましましき、世自在王仏と申しき。法蔵比丘すでに菩提心をおこして、清浄の国土をしめて衆生を利益せんとおぼして、仏のみもとへまゐりて申したまはく、「われすでに菩提心をおこして清浄の仏国をまうけんとおもふ。願はくは、仏、わがためにひろく仏国を荘厳する無量の妙行ををしへたまへ」と。そのときに世自在王仏、二百一十億の諸仏の浄土の人・天の善悪、国土の粗妙をことごとくこれを説き、ことごとくこれを現じたまひき。
 法蔵比丘これをききこれをみて、悪をえらびて善をとり、粗をすてて妙をねがふ。たとへば、三悪道ある国土をば、これをえらびてとらず、三悪道なき世界をば、これをねがひてすなはちとる。自余の願もこれになずらへてこころ を得べし。このゆゑに、二百一十億の諸仏の浄土のなかより、すぐれたることをえらびとりて極楽世界を建立したまへり。たとへば、柳の枝に桜のはなを咲かせ、二見の浦に清見が関をならべたらんがごとし。これをえらぶこと一期の案にあらず、五劫のあひだ思惟したまへり。かくのごとく、微妙厳浄の国土をまうけんと願じて、かさねて思惟したまはく、国土をまうくることは衆生をみちびかんがためなり。国土妙なりといふとも、衆生生れがたくは、大悲大願の意趣にたがひなんとす。これによりて往生極楽の別因を定めんとするに、一切の行みなたやすからず。孝養父母をとらんとすれば、不孝のものは生るべからず。読誦大乗をもちゐんとすれば、文句をしらざるものはのぞみがたし。布施・持戒を因と定めんとすれば、慳貪・破戒のともがらはもれなんとす。忍辱・精進を業とせんとすれば、瞋恚・懈怠のたぐひはすてられぬべし。余の一切の行、みなまたかくのごとし。
 これによりて一切の善悪の凡夫ひとしく生れ、ともにねがはしめんがために、ただ阿弥陀の三字の名号をとなへんを往生極楽の別因とせんと、五劫のあひだふかくこのことを思惟しをはりて、まづ第十七に諸仏にわが名字を称揚せられんといふ願をおこしたまへり。この願ふかくこれをこころうべし。名号をもつてあまねく衆生をみちびかんとおぼしめすゆゑに、かつがつ名号をほめられんと誓ひたまへるなり。しからずは、仏の御こころに名誉をねがふべからず。諸仏にほめられてなにの要かあらん。
「如来尊号甚分明 十方世界普流行  但有称名皆得往 観音勢至自来迎」(五会法事讃)
といへる、このこころか。
 さてつぎに、第十八に念仏往生の願をおこして、十念のものをもみちびかんとのたまへり。まことにつらつらこれをおもふに、この願はなはだ弘深なり。名号はわづかに三字なれば、盤特がともがらなりともたもちやすく、これをとなふるに、行住座臥をえらばず、時処諸縁をきらはず、在家出家、若男若女、老少、善悪の人をもわかず、なに人かこれにもれん。
「彼仏因中立弘誓 聞名念我総迎来  不簡貧窮将富貴 不簡下智与高才  不簡多聞持浄戒 不簡破戒罪根深 但使回心多念仏 能令瓦礫変成金」(五会法事讃)
このこころか。これを念仏往生とす。



諸行による往生は、一切の行が皆たやすいものではないため、行業がもしおろそかであればかないません。もし、孝養父母を往生の因とした本願であれば、不孝の者は往生できません。読誦大乗を往生の因とした本願であれば、文字を知らぬ者は往生を望むべくもありません。布施・持戒を因と定めた本願であれば、慳貪・破戒のともがらは本願から漏れてしまいます。忍辱・精進を業とした本願とすれば、瞋恚・懈怠のたぐひは捨てられてしまいます。その他余の一切の行を往生の因と定めても、以上のように救いから漏れ、捨てられてしまう者が多くあります。これでは大悲大願の意趣にそぐわないというのです。
ですから、一切の善悪の凡夫が等しく生まれ、共に往生を願わせるために、ただ阿弥陀の三字の名号を称えることを往生極楽の別因としようと、阿弥陀仏は五劫という間このことを深く思惟されました。そして、まず第十七に諸仏が阿弥陀仏の名を誉め讃えるという願を発され、次に、第十八に念仏往生の願を発して、十念の者をも往生させると誓われました。この願は甚だ広くて深いもので、名号はわずか三字ですので周利槃陀伽のような者でもたもちやすく、称えるのは行住座臥をえらばず、時処諸縁をきらわず、在家出家、若男若女、老少、善悪の人をも差別しません。何びとがこの願に漏れるというのでしょうか。これを念仏往生というのです。


ところで、『唯信鈔』では具体的に19願を出しての解説はありませんが、諸行往生は19願に誓われていることです。

・定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。(親鸞聖人御消息)
・臨終をまち来迎をたのむことは、諸行往生を誓ひまします第十九の願のこころなり。(執持鈔)


ですから、19願を勧めるというのは諸行往生、臨終来迎を勧めるということです。聖覚法印が仰るには、浄土門に入って諸行往生をつとめる人は、船で海路を進みながら順風を得ず、櫓を押し、力を入れて潮の流れを遡り、波間をかき分けることに喩えられるというのです。

【5】龍樹菩薩の『十住毘婆沙論』(易行品)のなかに、「仏道を行ずるに難行道・易行道あり。難行道といふは、陸路をかちよりゆかんがごとし。易行道といふは、海路に順風を得たるがごとし。難行道といふは、五濁世にありて不退の位にかなはんとおもふなり。易行道といふは、ただ仏を信ずる因縁〔をもつて〕のゆゑに浄土に往生するなり」といへり。難行道といふは聖道門なり、易行道といふは浄土門なり。わたくしにいはく、浄土門に入りて諸行往生をつとむる人は、海路にふねに乗りながら順風を得ず、櫓をおし、ちからをいれて潮路をさかのぼり、なみまをわくるにたとふべきか。

つまり、19願を勧めるというのは以上のようなことなのです。獲信目指して19願の行をせよなどと聖覚法印が教えられていないことは明らかですね。ですから、この聖覚法印の『唯信鈔』を門弟の方々に勧め、しかも自ら註釈されて『唯信鈔文意』を著された親鸞聖人が、獲信目指して19願の行をせよなどと仰るわけがないのです。親鸞会流「三願転入の教え」は、祖師方のどなたにも見られない「珍しき法」「相伝もなきしらぬえせ法門」であります。
また、19願、定散二善と言いながら親鸞会が主として勧めているのは献金、勧誘、無条件服従であり、言行一致と言いながら約束の一つも守ることのできないのが偽らざる会の姿です。教義は諸行往生まがいの邪義です。こんな教えをいくら聞いて信じて従っていても助かる道理がありません。後生助かること、浄土往生を遂げることが目的の方は、今すぐ脱出すべきであることは言うまでもありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

某アニメで信楽房が闇に向かって走っていった、というのも刷り込みだろうと思います。

自力一杯宿善を積め、と言う人は、自力一杯闇を払った者にだけ闇が晴れて日が上るのか、と聞いてみたいですが、どうせ会話は成り立たず、相手をやり込めるには、と考えさせてしまうのかもしれません。

確か、相手の話を聞く、ということには、相手が手の内をさらしているから聞く、というような感じの話があったような気がしますが、親鸞会の相手の話を聞く姿勢は根本からおかしい気がします。

親鸞聖人が勧められている書物はマインドコントロールも詭弁も強弁もなく下品もないと思います。

人として分別して比べて解ること、多いと思います。

>元会員様

>某アニメで信楽房が闇に向かって走っていった、というのも刷り込みだろうと思います。

高森先生に背く者は闇に向かって不幸まっしぐら、後生は必堕無間だ、というような刷り込みでしょうね。



自分が会員だった時分は、「相手の説は間違い、高森先生が絶対正しい」という立場から、どう言えば相手の論難をやり込められるかと考えて受け答えしていました。恐らく会員の思考回路は上記のような状態でしょう。話しても会話にならないのはそのためです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード