親鸞会発行『顕真』5月号の「ひと口問答」について

『飛雲』朝令暮改の人に随ふべからずに既に紹介されていますが、親鸞会発行『顕真』5月号(p.21)に、明らかに『飛雲』を意識したと思われる内容がありましたので報告します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ひと口問答(1)

問い

弥陀に救われずに死ぬ人は、六道輪廻するか、または十九願・二十願の行者は化土へ往生すると親鸞聖人は教えていられるのに、地獄に堕ちるというのは間違いだと言う人がありますが、如何でしょうか。


答え

 蓮如上人は「信心決定せずは、報土往生すべからず」(『御文章』三帖目八通)と、報土に対する化土ですから、十九願・二十願の行者の化土往生も排除されていません。
 また、六道の中には無間地獄もありますから「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして無間地獄に堕在すべきものなり」とも『御文章』(二帖目二通)にあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以下、この問答に関する考察です。

まず、会の教義に絶対の自信がおありなら、コソコソと「・・・という人がありますが」などと言わずに、「『飛雲』に親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点10項目として、その1番目に

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

と書いてある」、と言えばよいのです。まぁ法論を申し込まれながら沈黙しかできないようでは、とてもそんなことは書けないでしょうが。いつものことですが、「・・・という人がありますが」と書いてあるあたり、親鸞会の自信のなさがにじみ出ています。

次に、『飛雲』の主張とは異なる問答にしていることが見過ごせません。『飛雲』では、高森会長の説く「一切衆生、必堕無間」が間違いだと言っているのであって、「地獄に堕ちるというのは間違いだ」と言っているのではありません。六道の中には無間地獄もあるなどということは親鸞会に言われずとも分かります。親鸞会お家芸の論点すり替えがここにも出ています。

それから、『蓮如上人は「信心決定せずは、報土往生すべからず」(『御文章』三帖目八通)と、報土に対する化土ですから、十九願・二十願の行者の化土往生も排除されていません。』との答えですが、『飛雲』の主張を一部認めたということでしょうか? 認めたならば、早速必堕無間の邪義を訂正しなければなりませんし、会員にもその旨を正確に伝えなければなりません。それとも、十九願・二十願の行者は実際にはいないと詭弁を使うつもりでしょうか? それをも否定する根拠が「定散と逆悪とを矜哀して」の意味さえ知らない高森会長に載っていますけど。
どちらにせよ、経典、お聖教を断章せずに読めば、「一切衆生、必堕無間」という言葉も、そのように教えられている箇所も、どこにも見出すことはできません。それどころか、「一切衆生、必堕無間」を否定するような根拠ばかりが出てきます。それを『御文章』二帖目二通の

この信心を獲得せずは極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり。

の一文のみにしがみついて「一切衆生、必堕無間」と断じているのが親鸞会です。こういうのを断章取義というのです。なお、これについて詳しくは「一切衆生必堕無間」は幼稚な発想「一切衆生必堕無間」を否定された善知識方などをご覧下さい。

最後に、今後10項目についてQ&Aがありそうな気配が致します。しかし、こんなことを書けば書くほど指摘を受けるだけです。こんなものを書いている暇があればさっさと『飛雲』との法論に応じて下さい、親鸞会サン。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【親鸞会発行『顕真』5月号の「ひと口問答」について】

『飛雲』朝令暮改の人に随ふべからずに既に紹介されていますが、親鸞会発行『顕真』5月号(p.21)に、明らかに『飛雲』を意識したと思われる内容がありましたので報告します。~~

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>秘密コメント様

一方的な情報しか知らされず、正確な情報に触れることができずに騙され続ける人は哀れです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード