『夢幻界裡の覚醒』は親鸞会公認ブログのようです

親鸞聖人の教えを知らない人たちは、あわれです。

の記事にコメントを頂きました。ありがとうございました。

コメントによると、「はじめまして」さんの支部長は『夢幻界裡の覚醒』を読むよう言ってきたようです。支部長が読むことを勧めるとは、どうやら『夢幻界裡の覚醒』は親鸞会公認ブログのようですね。このブログは『飛雲』に対して、断章と詭弁で満ちてはいますが批判がなされていますから、親鸞会脳の人が読むと『飛雲』は間違っていると錯覚してしまうのかも知れません。
ん? ところで夢幻界裡氏はプロフィールには「某(内緒)本願寺の僧侶」とありますが・・・。親鸞会は本願寺を称名正因の異安心呼ばわりし、「死んだら極楽」「死んだら仏」「念仏さえ称えていたら死んだら極楽」と説教していると馬鹿にして、正しい親鸞聖人の教えが説かれていないと非難しています。一方で批判サイトは本願寺や脱会者のサイトで「高森先生憎し」の思いで書いているものだから読むなと言い、一方で本願寺の僧侶のブログを読めと言う。非難したり勧めたり、一体どっちなんでしょうか? とどまるところ、高森会長のことが誉め讃えてさえあれば他はどうでもよいのでしょう。

しかし、ネット対策に偽装本願寺の僧侶のブログを勧めるとは、親鸞会もとことん堕ちています。教義に絶対の自信があるなら、親鸞会は法論を受ければいいのです。そして批判を正確に受け止め、根拠をもってその批判を破ればいいだけの話です。そうすれば「さすが親鸞会」と会員さんも自信をもつことでしょう。教義が間違っているから辞めるという会員さんもずっと少なくなるはずです。ところが法論の申し込みまでされているのに、それを受けないということは、勝ち目のない戦だと分かっているからです。自分達は間違っていると自ら公言しているようなものでしょう。
それに、これは明らかに公約違反ですから、現状の沈黙は約束の一つも守れない団体が親鸞会だと世に知らしめているようなものです。法論を受けなくても受けても苦しい状況ですね。こういうのを自縄自縛とか、自因自果、身から出た錆というのでしょう。因果の道理を体を張って教えて下さっています。高森会長始め親鸞会の皆さんは、因果の道理、廃悪修善、善の勧めを説くからには、実行してもらわなくては話になりませんよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『夢幻界裡の覚醒』は親鸞会公認ブログのようです】

親鸞聖人の教えを知らない人たちは、あわれです。の記事にコメントを頂きました。ありがとうございました。コメントによると、「はじめまして」さんの支部長は『夢幻界裡の覚醒』を...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「本願寺の僧侶でも、高森先生が正しいといっている」
「『無幻界裡の覚醒』というブログの人はけっこう教学力もあるのではないか、読んでみたら」(親鸞会の講師が書いているんでしょ?と聞いたら、「○にも●にもそんな教学力はない!」となぜか名指しで反論してきたので笑いそうになりました。教学力のない人がご法話のアシスタントするんですか……)
「本願寺の○○という人も、高森先生は正しい信心の人だといっている」
「本願寺派のお寺の奥さんも会員だ」
「高森先生を間違っているというのは紅楳英顕と高槻の……(はっきり言わなかったけど、行信教校のことでしょうか)くらいだ」

本願寺をけなしてみたり、本願寺の権威を利用してみたり、本当に支離滅裂なご都合主義には呆れました。

親会員に格下げして続けるだけ続けようかな~などと迷っていた心が「絶対退会!」に一気に傾きました。
本当に、会員が減るのは親鸞会の自因自果だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も親鸞会教義への疑問を投げかけた時、このブログを読まされました。
ブログの内容に反論し、あなた自らの口でお聖教を根拠として話してください、と伝えたら担当講師は何も言えなくなってしまいました。
親鸞会の言い分としては本願寺は間違っているが、その中でも高森先生によって正しい親鸞聖人のみ教えに導かれている人が沢山いる。夢幻界裡さんもその一人だ、ということにしてるのでしょう。
しかしそんな本願寺の面々を導けるほどの素晴らしい名師ならば、その高森先生自らに飛雲(批判ブログ)に対して反論して頂いたらいいんですよ。
「会長先生、夢幻界裡も頑張っていますが、やはり教学力不足で太刀打ち出来ません。どうかここは会長先生が法論で彼らの誤りを打ち破って迷える会員さんに親鸞聖人のみ教えを明らかにして下さいませ」とね。
まあ、もうここまで来てしまったら、高森先生自らが法論に応じ、惨敗し、潔く私が間違っていました。親鸞会で説いてきたこと全て正します。私は導く立場で何十年もふんぞり返っておりましたが、これからは謙虚な気持ちで一から勉強し直します。そして指摘されてる組織的問題も一つずつ改めていきます。会員さんすみませんでした。
と全面的に否を認めないと生き残れないんじゃないかと思います。(もちろん組織は縮小されるでしょうが)
今のまま詭弁、誤魔化し、捏造ばかり続けていけば、会長も講師もしがみついてる会員も誰も助からない、幸せにはなれないんじゃないかと思います。
会長がそういう選択を出来ないのは、やはり私は高森会長の幸福観、人生観がおかしいからだと思います。
会長や一部の講師には複雑な思いがありますし、随分人生を狂わされた悲しみもありますが、縁あって長年共にした人たちですから、自他共に幸せになれる道は何なのか、親鸞会に人生の目的の答えを預けていいのかよく考えて欲しい。

コメント返信

はじめまして様

>「本願寺の○○という人も、高森先生は正しい信心の人だといっている」

あの人は信心決定している、していない、とは言わないのではなかったでしたっけ? 機相、信相のプリントは既に過去の話なのでしょうかね? その場の思いつきでやっているのでしょうから、矛盾がどんどん出てきます。


秘密コメント様

情報ありがとうございます。また新たな情報が分かりましたらお知らせ下さいませ。


ヘルプ様

私もヘルプさんの仰る通りになってくれたらいいと思います。可能性、薄いけど・・・。
法論にさえ応じないようでは、この先は望めないですね。

No title

元講師部の者です。
やめてからかなり経ちますが。

「なぜか名指して反論してきた」とは笑えますね。
あせっている様子がうかがいしれます。

一体、こんな反論をする支部長、講師部員とは誰ですか?
イニシャルだけでもいいので聞きたいです。

>じろー様

私も知りたいところですが、(自称)本願寺僧侶の方が○講師や●講師より教学力があると取れる発言をその支部長がしていると分かっただけでもよしとしましょう。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード