顕真6月号「ひと口問答2」について

『飛雲』一口問答(一切衆生必堕無間2)

に、親鸞会発行『顕真』5月号に引き続いて「ひと口問答2」が出されたと「おすぎ」さんがコメントされていたので報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
顕真6月号より

ひと口問答2


五逆罪や法謗罪は、造っている人と 造っていない人とがいると
親鸞聖人は説かれているのに、全ての人が造っている罪であるいうのは
間違いだと言う人がありますが、如何でしょうか。


「一切の群生海、無始よりこの来、乃至今日・今時に至るまで、え悪汚染にして
清浄の心無く、虚仮てん偽にして真実の心無し」
と『教行信証』に親鸞聖人は説かれています。
「一切の群生海」とは、全ての人のことです。
「清浄の心無く、真実の心無し」とは、五逆・法謗の者ということです。
親鸞聖人は至る所に説かれていることで、決して珍しい事ではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明らかですが、親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張の相違点10項目の内、2番目の


2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている


を意識したものです。

飛雲さんが既にコメントされている通り、【「清浄の心無く、真実の心無し」とは、五逆・法謗の者ということです。】は完璧な間違いです。どこをどう読んだら、「清浄の心無く、真実の心無し」が「五逆・法謗の者」となるのでしょうか? 全ての人の中には、この地球上だけでも、龍樹菩薩のように自力で出離なされた方や、善導大師のように定善のできた方もあるのです。また、御釈迦様の教えを正しく伝えられた七高僧、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人等も「全ての人」に含まれます。そういう方々を「五逆・法謗の者」扱いする者こそ「五逆・法謗の者」と言えましょう。そんな者達とは、聖人の仰るように

・同座せざれと候ふなり。(御消息)
・なれむつぶべからず。(同上)


であります。なお、引用されている「信文類」の御言葉は、

すべての衆生は、はかり知れない昔から今日この時にいたるまで、煩悩に汚れて清らかな心がなく、いつわりへつらうばかりでまことの心がない。

という意味でありますが、

全ての衆生の中には「五逆・法謗の者」がいる

とは言えても、

全ての衆生が「五逆・法謗の者」である

とはなりません。カルト創作教義の犠牲者はまともな思考能力が失われています。

『末灯鈔』のお言葉は、「全人類≠五逆謗法の者」を証明された根拠
間違いを知りながら「十方衆生は一人の例外もなく五逆・謗法・闡提の者である」と未だに言っている確信犯
謗法罪の定義さえも知らない親鸞会のお粗末さ
おほよそ疑謗の輩は少なく、信順の族はおほし

などにも書かれている通り、浄土真宗の祖師方は、御自身を含め全ての人は五逆・法謗の者だなどと仰っておられません。それどころか、お聖教には、「全ての人は五逆・法謗の者だ」という高森会長の主張を否定する根拠が沢山あるのです。親鸞聖人は至る所に説かれていることで、決して珍しい事ではありません。


そもそもこの話題について、親鸞会では五逆罪、謗法罪についての定義が本来のものとは異なっており、かつあいまいなので最初から話になりません。何かにつけてそれは五逆罪だ、謗法罪だと脅してきます。例えば、学友部の責任者であるK講師長は、インターネットで親鸞会批判サイトを見ることを謗法罪だと言っていました。勿論それは謗法罪でも何でもないのですが、親鸞会にとって不利な情報をもたらすものに触れることは謗法罪だと言って脅して近づけさせないだけです。会員流出を防ぐための単なる脅し文句に過ぎません。

五逆罪、謗法罪についての定義、そして全ての人は五逆・謗法の者ではない根拠は、

『親鸞会教義の誤り』必堕無間

も参照して頂ければと思います。

いずれ、飛雲さんから更なる解説がなされることでしょうから、当ブログではこの辺にしておきます。最後に、こんなひと口問答を作っている暇があるなら、早く飛雲さんとの法論に応じて下さい、親鸞会サン。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【顕真6月号「ひと口問答2」について】

『飛雲』一口問答(一切衆生必堕無間2)に、親鸞会発行『顕真』5月号に引き続いて「ひと口問答2」が出されたと「おすぎ」さんがコメントされていたので報告します。~~~~~~...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード