はやく難行をすてて易行に帰すべし

当ブログでは、18願と19願について善知識方がどのように教えられているかを示し、偏に18願が善知識方のお勧めであることを書いてきました。今日は、『浄土真要鈔』のお言葉を紹介します。


諸行と念仏と、その因おなじからざれば、胎生と化生と勝劣はるかにことなるべし。

しかればすなはち、その行因をいへば、諸行は難行なり、念仏は易行なり。はやく難行をすてて易行に帰すべし。

その益を論ずれば、来迎は方便なり、得生は真実なり。もつとも方便にとどまらずして真実をもとむべし。

いかにいはんや来迎は不定の益なり、「仮令不与大衆囲繞」(大経・上)と説くがゆゑに。得生は決定の益なり、「若不生者不取正覚」(同・上)といふがゆゑに。

その果処をいへば、胎生は化土の往生なり、化生は報土の往生なり。もつぱら化土の往生を期せずして、直に報土の無生を得べきものなり。

されば真実報土の往生をとげんとおもはば、ひとへに弥陀如来の不思議の仏智を信じて、もろもろの雑行をさしおきて、専修専念・一向一心なるべし。第十八の願には諸行をまじへず、ひとへに念仏往生の一道を説けるゆゑなり。



まとめると、以下の通りです。

18願・・念仏ー易行・・得生ー真実ー決定の益・・化生ー報土往生

19願・・諸行ー難行・・来迎ー方便ー不定の益・・胎生ー化土往生



このように行因、利益、往生について18願と19願を比較し、いずれの面からも18願を勧めておられることがよくわかります。

引いた御文の終わりに、

「真実報土の往生をとげんとおもはば、ひとへに弥陀如来の不思議の仏智を信じて、もろもろの雑行をさしおきて、専修専念・一向一心なるべし。第十八の願には諸行をまじへず、ひとへに念仏往生の一道を説けるゆゑなり」

と仰っていますから、18願の念仏往生の一道を説く浄土真宗の教えには、19願の善などの諸行をまじえないことがわかります。



親鸞会の会員の皆様には、ぜひとも真宗聖典の善知識方のお言葉を断章せずに、前後の文章のつながりも合わせてそのまま拝読して頂きたいと思います。

私も退会する直前に、真宗聖典を拝読しましたが、親鸞会教義の誤りが次々と見つかり驚きました。

矛盾点と思えるいくつかを、ある講師部員に話しましたが、その時に「余計な御文は知らなくていい」と言われました。

私は、親鸞聖人はじめ善知識方のお言葉に余計なお言葉があるのかと、とても疑問に思いました。

お聖教の正しい意味は高森会長しか分からないとでも言いたいのでしょうが、そんな限られた人しか分からないような教えならば、日本全国に教えが弘まるはずがありません。

また、「ネットの批判サイトを見ることは謗法罪だ」とも言われましたが、それならその講師部員はネットを見ずにどこで批判サイトの情報を得ているのかと疑問でした。


善知識方のお言葉は一貫しています。もし親鸞会教義が善知識方のお言葉と一貫しないのならば、親鸞会教義が誤っているということです。

もし根拠もなく、「誰が何と言おうと高森先生の仰ることに間違いない」と横車を押されるならば、もはやその人は親鸞学徒ではなく高森学徒ですから、よくご承知下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もブラジル、ハワイ、台湾、香港・・・ここ一つと思って有給を取って馳せ参じましたよ。しかし今はテレビ座談会ですか~~~~ガクッ・・・・

>遠慶宿縁様

実際行った事のある方がこのように言われるのは、とても重く感じられますね。。。

私は海外聴聞の経験はありませんが、風速15メートル、視界ほぼ0メートルの吹雪の中、北陸道を走らせて仲間達と富山へ参詣したことが忘れられません。
冬の高速が雪のため通行止めになり、帰りが2時3時になったり、バスが夜行になったりもしました。
よく参詣していた会員なら、そんな思い出の1つや2つはあるはずです。

しかし今はテレビ座談会ですよ~~~~ガクッ・・・・(Тωヽ)

全くもって、かつてのS会時代の苦労はなんだったのかと思いますよね(;´Д`)

遠回りしたような気もしますが、自分はこうでなければ本物のご法義には会えなかったんだろうなとも思います…

南無阿弥陀仏

>るぅでる様

南無阿弥陀仏

「釈迦弥陀は慈悲の父母
種々に善巧方便し
われらが無上の信心を
発起せしめたまいけり」
(高僧和讃)

本当に親鸞聖人のお言葉通りですね☆

だからこそ親鸞会教義は、親鸞聖人と違う点が目立って目立って・・・会員の皆さんに早く気づいて頂きたいばかりです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード