地獄ゆきを知って、これを救うて下さるのが名号であれば、疑いである

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  七 および声ばかりなり

  

 地獄ゆきを知って、これを救うて下さるのが名号であれば、疑いである。
 むしろ、五欲の生活そのものが、如来の見られた私の姿である。この者を仕上った名号で助けると仰せられるのである。その呼び声として、あらわれて下されてある。
 この見られた私を、浄土に生まれる人間にさせて下さるのが、名号の中に仕上っている。
 如来はお助けに信楽していられる。如来の上には、私を助けるに一点の疑いがない。それが私に至りとどいて下さるのである。それが私の信楽である。これを六字に助けられてゆくというのである。
 そのお救いのはたらきを、声によって、私の上に活現せられるのである。
 このお救いの妙用を如実に聞信したのが信心歓喜の心相である。これが信の一念である。信順無疑の決定心を得る。聞信の心相はあるから、無念無想ではない。
 教え育てられて出来た信ではない。救いが私の上に活現されたのである。これを一念業成と云い、他力廻向の信というのである。如来の救いの全領せられたものである。そこに往生の業事成弁し、正定聚の位に住するのである。
 一念に、(一)時刻と、(二)信の体のお示しがある。
 時剋からいえば極促、信の体では、広大難思の慶心をあらわすと仰せられる。その慶心は、如来から与えられた慶心で、私の上のよろこびではない。私の虚仮不実のそのままが、真実功徳に転成せられ、不断煩悩の相のまま無上涅槃の得分が与えられ、救われてゆくから広大難思の慶心というのである。
 宗祖は、往生は、いま定まると仰せられる。往生が定まることをいうので、往生することではない。迷いの私をこのまま浄土へつれてゆくことはできない。現在の私に、仏になるだけの業力がなけらねばならない。そういう人間に育てておかねばならない。それが信楽を誓うのである。過去の私は追憶の私、臨終の私は予想の私、いづれも観念の私である。この私が臨終に弘誓の船に乗って、浄土へ参ると喜ぶは、概念の遊戯である。
 名号のお助けにあづかったのが平生業成である。存覚上人の「浄土真要鈔」の平生業成である。
 名号のおいわれの聞えたものである。本願名号に助けられてゆくのである。それが如来のお助けに助けられてゆくのである。


(p.67~p.70)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード