【返信】ゆっくり読んで反論を考えてね☆

3月1日にかつての仲間達へゆっくり読んで反論を考えてね☆の内容を送ったところ、今回は後輩の1人から、以下の内容のメールだけ来ました。


こういうメールを二度と送ってこないで下さい。


彼に「ゆっくり読んで反論を考えてね☆」の内容を送信したのが3月1日午前7時26分、彼から返信があったのが同日午前7時43分ですから、ろくに読まなかったのでしょうか。

現在彼は、親鸞会学友部幹部として活動しています。1ヶ月前に会員の皆さんへの内容も送っていたのですが、親鸞会や高森会長を信じる根拠もついに言わないままでした。


結局、信じる根拠はないんですね。


根拠もなく信じていることを「盲信」と言い、どんなつまらないものでも信じている人には尊く思われることを「鰯の頭も信心から」と言われますが、講師部員2名を始め幹部会員、親友部員、一般会員に至るまで、そのような信心であることがますます明確になってきました。

他人の事はよく分かるが、自分の事となるとさっぱり分からなくなってしまうのは、我が身可愛さの我欲が正見することを妨げているからでしょう。

誰しも、自分が今まで「間違いない」と固く信じて疑わなかったことを否定され、それを認めてしまったら、それまでの自分自身を否定することになってしまいますからね・・・

これは私も、自戒しなければなりません(;^_^A



それに、私を破邪顕正する気もないようですので、以下のように返信しておきました☆


わかりました。これ以降、○○君から返信がない限り、今後メールはしません。

そのかわり、○○君も私を破邪顕正する意志がないようですので、朝晩唱和している親鸞学徒聖則の、

一、親鸞学徒は破邪顕正することを使命と致します。

を唱和するのはやめて下さいね。使命を果たしておらず、言行不一致になりますので。

唱和したかったら、逃げずに法論しましょう。それが親鸞聖人の正しい教えを顕かにする勝縁だと私は思います。


親鸞会教義に疑問が起きたらいつでもメールか電話を下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そっくりです。

初めまして。
いつもブログを拝見しております。

淳心房さんへの返信のフレーズですが、そっくりです。
私が親鸞会を退会した後、何人かの親鸞会会員に「退会の理由を説明しましょうか?」という内容のメールを送ったのですが、それに対するある一人の後輩からの返信とそっくりなんです。
私の場合、こんな感じでした(↓)。

「メールを読み、大変失望しました。
今後、このようなメールは送らないで下さい。
私のアドレスも削除してください。

これ以上何かあれば、警察に言います」

ちなみに、その後輩も現役の学友部会員です(幹部かは分かりませんが)。
・・・明確な根拠はありませんが、私へのメールも、淳心房さんへのメールも、上司の指示をそのまま打ったような気がしてなりません。
私も学友部の頃は幹部会員としてそれなりに内部の動きも見てきてますので、それを踏まえると「決め付けられないけど、十分有り得るな」と感じてしまいます(^^;

親鸞会は本当に頭隠して尻隠さずですよね。
酷い話です。私も何回かメールを送りましたが、完全に無視でした。
親鸞会の完全無欠な教義が間違っているはずがないのなら、反論してくれば良いのに、反論しないんですよね。
情けない限りです。

No title

私は「ネットをみてちょっと疑問に思ったことがある」とやわらかな文で、知り合いの現役会員に送りました。

徹底討論とまではいきませんが、それなりのやりとりをして、また疑問があれば話しましょうってことで終わりました。

いきなり完全論破してしまう内容だと、上司に相談され、絶縁するよう指示されるのかも知れません。

ということは強い者には逃げ続け、勝てる相手とだけしか顕正(?)しないってことですね。
内部では勝った場合しか報じられない、完全に大本営発表です。

>頑張る魔術師様、名無し様、ちょこぼ様

コメントを有難うございます(^-^) 大変参考になりました。次回の記事にて取り上げたいと思いますので、ぜひご覧下さいませ。

また、他の皆様からのコメントも受け付けております。

私の場合

私は今、現役の特専部員と、「若不生者」について議論しています。かれこれ、半年近く話しています。しかし、中々決着がつきません。

ただ、その人と議論する前に、別の会員にも質問をしようと、メールを送っていました。このときには、何について話す、とは書いていません。単に「質問があるので、お答えいただけないでしょうか?」と聞きました。そのときの反応は、以下の通りでした。
学顕クラブの会員→何通送っても返信なし
学友部の講師→今後、学友部に関わってこないように、と言ってきた。
学友部員やその講師に質問ができなくなったので、特専部員(同じ大学の先輩)に質問をしました。そして、今に至ります。

反応は人によって様々だな、と思います。

>ぺんぺん草様

御意見有難うございます。自分のアドレス帳内にはそのような会員を知りませんが、中にはまだいるのですね。
特専部員とどのような内容のやりとりをされているか非常に興味深いです。
もしブログ等にアップしてらっしゃいましたら、ぜひコメント欄にURLを貼りつけて下さい。(公開でも秘密でも)
親鸞聖人がどのように教えられたかを開顕する法論として頂きたいと願います。


しかし学顕クラブ員と学担講師部員の対応はひどいですね。
教えについての質問さえ受け付けないとは・・・質問に答えることが真実開顕のチャンスなんですけど。

ブログはやってません

淳心房様へ

ブログなどにはアップしていません。する予定も今のところありません。
児玉学友部長と学生会員との法論がブログにアップされたとき、
児玉学友部長はメールでのやり取りを、急に止めだしました。
そういうことをされては、意味がないので、ブログにアップするつもりは今のところありません。

議論の流れや親鸞会側の主張を、コメント欄に述べることならできます。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード