【コメント】ゆっくり読んで反論を考えてね☆

昨日の記事【返信】ゆっくり読んで反論を考えてね☆に、昨日は4人の方からコメントを頂きました。有難うございました。

当ブログを初めてご覧になり、この記事から読まれた方は、まず3月1日の記事ゆっくり読んで反論を考えてね☆を読んでからの方がよいかと思います。


皆さん、まことにもっともなご意見だと思います。本日は2人の方のコメントをブログにて紹介させて頂き、私の感想を述べていきます。




頑張る魔術師様より

【そっくりです。】

初めまして。
いつもブログを拝見しております。

淳心房さんへの返信のフレーズですが、そっくりです。
私が親鸞会を退会した後、何人かの親鸞会会員に「退会の理由を説明しましょうか?」という内容のメールを送ったのですが、それに対するある一人の後輩からの返信とそっくりなんです。
私の場合、こんな感じでした(↓)。

「メールを読み、大変失望しました。
今後、このようなメールは送らないで下さい。
私のアドレスも削除してください。

これ以上何かあれば、警察に言います」

ちなみに、その後輩も現役の学友部会員です(幹部かは分かりませんが)。
・・・明確な根拠はありませんが、私へのメールも、淳心房さんへのメールも、上司の指示をそのまま打ったような気がしてなりません。
私も学友部の頃は幹部会員としてそれなりに内部の動きも見てきてますので、それを踏まえると「決め付けられないけど、十分有り得るな」と感じてしまいます(^^;



ショックだったと思います。一緒に励まし合った仲間なはずなのに、退会するというだけでこの冷たさです。所詮は親鸞会も他の新興宗教と変わらぬ団体であることがよく分かりますね。

まず間違いなく学友部長などの上司から指示されているでしょう。もし、私や頑張る魔術師様と同じようにかつての仲間達に連絡をして、同様に返された方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお寄せ下さいませ。


私の先輩からも、清森元講師の除名後にメールが来ていないか確認され、来ていると答えると「今後このようなメールは送らないで下さい」と返信するように指示されたと聞きました。

他にも「おかしなメールが来ていませんか? 来ていたら読まずに削除してください」などと確認されたこともあったと先輩は言っていました。

以前も現在も、そのようにしなければ、会員の離反を食い止められないのでしょうね。






名無し様より

親鸞会は本当に頭隠して尻隠さずですよね。
酷い話です。私も何回かメールを送りましたが、完全に無視でした。
親鸞会の完全無欠な教義が間違っているはずがないのなら、反論してくれば良いのに、反論しないんですよね。
情けない限りです。



「テストで答えが分かっていたら答えを書く。白紙の答案を出すのは答えが分かっていないからだ」というようなことを会長から聞いたことがあります。

これは善(主に財施と破邪顕正)の実行を促すために、「因果の道理が分かったら廃悪修善を実行する。実行しないのは因果の道理が分かっていないからだ」ということを例えた話だと記憶しています。


この理屈でいくと、

「正しい教義は何か、間違った教義は何かが分かっていたら反論する。反論しないのは正しい教義は何か、間違った教義は何かが分かっていないからだ」

と変換できます。


「教に昏くして真仮の門戸を知らず」
「行に迷うて、邪正の道路を弁うること無し」
(教行信証後序)


と親鸞聖人が仰っているのは、決して諸寺の釈門や洛都の儒林のことだけではなく、他ならぬ親鸞会会員であることが知らされます。

そして19願や『観無量寿経』の顕説に腰を据えて、獲信の因縁として善を勧める親鸞会は、

「定散の自心に迷うて、金剛の真信に昏し」(教行信証信巻)

と親鸞聖人から言われてしまうと思います。

いや、定散二善はれっきとした仏教で説かれている善ですが、親鸞会が勧めているのは善にもならぬ善(財施という名の金集め、破邪顕正という名の人集め)ですから、それを聞いて信じている会員は『信巻』や『化土巻』に教戒されている「偽(の仏弟子)」に属するでしょう。

違うというなら反論をお待ちしています。但し、私は高森会長の珍説を聞いているのではなく、釈尊、七高僧、親鸞聖人方がどこにどのようなお言葉で教えておられるかを聞いていますので、会長の説を並べ立てられても意味がありません。

会員の方はそこをお忘れなくお願いしますね☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 もう、教えを伝えることよりも、会を守ることしか、存続させる事しか頭に無いと思います。邪魔のこと、面倒なことは、無視して、とにかく、建物を維持させる、職員の給与を支払うこんな事に汲々としているのでしょう。
 法論している余裕などないのです。
 倒産寸前の会社に似ていると思いませんか?
 某ブログで、会計報告をして欲しいと、しょっちゅうコメントしている人がありましたが、出来ないからしないのです。それと同様、反論できないから、しないのです。
 自分たちの生活を維持するために余分な法論(余分ではない)は出来ません。
 また、間違いが、明らかになり、どんどん傷口が広がって、嫌気がさした会員がやめては困るのです。
 教えを伝える宗教団体としての機能が働かなくなり、麻痺してしまっているのです。
 でも、人とのつながりが心地良い、今、助かろうと考えない人達は、仲良しクラブに、波風立てる行為は許せないだけです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード