後生どうなるのか。私の計らいを離れて、一筋に阿弥陀仏の御誓いにおまかせしたのが他力の信心です

信心を頂くといっても、私の自覚の上で「極楽参り間違いなしとハッキリする」というわけではありません。後生は本当のところどうなるのか。私らごとき凡夫の浅智では分からないのです。分からないですが、阿弥陀様の「助けるぞ」のおよび声に、私の後生をおまかせするのです。南無阿弥陀仏に、後生をゆだねるのです。これを自力を捨てて他力に帰するというのです。
私の上からは、浄土へ往生するのか、はたまた地獄へ堕ちるのか、ハッキリ致しません。法然聖人は、「(後生は)法然のいるところへ往くと思いなさい」と仰ったそうですが、往くところがたとえ地獄であっても法然聖人が往かれたところへ往くのです。本願を信じ念仏することが往生浄土の業因であるということが嘘で、法然聖人に騙されて地獄へ堕ちたとしても、少しも悔しい思いはありません。
なぜなら、私の力では往生の道は叶わず、悪道へ堕ちることは免れないからです。騙されようが騙されまいが、私の日々の業因からして、悪道へ堕すことは間違いないでしょう。なので、善知識に騙されて悪道へ往くとしても、それは一人で往くのではありません。師と共に堕ちるのです。法然様、親鸞様がいらっしゃるのです。
後生は善い所へ生まれるのか、悪い所へ生まれるのか。気になるところであり、ハッキリなりたい気持ちはとてもよく分かります。自分もそうでしたし、今もできるならハッキリなりたいと思っています。しかし、往生の一大事、仏智の不思議は、等覚のさとりを得ている弥勒菩薩にさえ計らうことができないと言います。まして凡夫の浅智で分かるわけがありません。ですから、後生がハッキリしなかろうと何ら不安になることはありません。逆に、「分かる」「ハッキリする」と説く者は怪しいと思わなければなりません。
後生どうなるのか。私の計らいを離れて、一筋に阿弥陀仏の御誓いにおまかせしたのが他力の信心です。それを、自力を捨てて他力に帰するというのです。今回の最後に、そのことを『執持鈔』のお言葉から知って頂きたいと思います。

往生浄土のためにはただ信心をさきとす、そのほかをばかへりみざるなり。往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人[黒谷源空聖人の御ことばなり]の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。このたびもし善知識にあひたてまつらずは、われら凡夫かならず地獄におつべし。しかるにいま聖人(源空)の御化導にあづかりて、弥陀の本願をきき摂取不捨のことわりをむねにをさめ、生死のはなれがたきをはなれ、浄土の生れがたきを一定と期すること、さらにわたくしのちからにあらず。たとひ弥陀の仏智に帰して念仏するが地獄の業たるを、いつはりて往生浄土の業因ぞと聖人授けたまふにすかされまゐらせて、われ地獄におつといふとも、さらにくやしむおもひあるべからず。

そのゆゑは、明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし。さればただ地獄なりといふとも、故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。(執持鈔)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード