【コメント】ゆっくり読んで反論を考えてね☆(2)

昨日の記事【コメント】ゆっくり読んで反論を考えてね☆の続きです。



ちょこぼ様より

私は「ネットをみてちょっと疑問に思ったことがある」とやわらかな文で、知り合いの現役会員に送りました。

徹底討論とまではいきませんが、それなりのやりとりをして、また疑問があれば話しましょうってことで終わりました。

いきなり完全論破してしまう内容だと、上司に相談され、絶縁するよう指示されるのかも知れません。

ということは強い者には逃げ続け、勝てる相手とだけしか顕正(?)しないってことですね。
内部では勝った場合しか報じられない、完全に大本営発表です。



ご意見は的を得ていると思います。

私の知り合いは、退会する旨を一番親しかった会員にメールした所、「私は高森先生を信じているのでもう○○さんとは連絡しません」というような返信があったそうです。

「自分はただ退会するとだけ伝えたのに、なんで連絡を断たなきゃいけないんだろう? もし△△さん(幽霊会員)が退会すると言ったら説得して止めるだろうに、自分の事は心配してくれないのかなぁ・・・」と洩らしていました。

また、退会する時に支部長にすごく止められるかと思っていたようですが、ものすごくあっさりしていて逆にびっくりしたそうです。

学生の頃、同期が退会しそうな時に講師部員が長い時間使って説得しているのを見ていたので、自分もそんな説得をされるのかと構えていたと言います。

知り合い、知り合いの同期、△△さんのうち、後生が一大事でない人は親鸞会で言えば1人もいないはずです。なのにこの対応の違いは何でしょうか?





ぺんぺん草様より

【私の場合】

私は今、現役の特専部員と、「若不生者」について議論しています。かれこれ、半年近く話しています。しかし、中々決着がつきません。

ただ、その人と議論する前に、別の会員にも質問をしようと、メールを送っていました。このときには、何について話す、とは書いていません。単に「質問があるので、お答えいただけないでしょうか?」と聞きました。そのときの反応は、以下の通りでした。
学顕クラブの会員→何通送っても返信なし
学友部の講師→今後、学友部に関わってこないように、と言ってきた。
学友部員やその講師に質問ができなくなったので、特専部員(同じ大学の先輩)に質問をしました。そして、今に至ります。

反応は人によって様々だな、と思います。



自分のアドレス帳内にはそのような会員を知りませんが、親鸞会の中にはまだ反論しようとする方がいるのですね。

特専部員とどのような内容のやりとりをされているか非常に興味深いです。

「若不生者」については数年前にT社法論で随分話題になりましたが、一々のやりとりを見ると、親鸞会の勝利だと思うのは恐らく親鸞会ドグマが染み付いている会員だけでしょう。

親鸞聖人がどのように教えられたかを開顕する法論として頂きたいと願います。


しかし学顕クラブ員と学担講師部員の対応はひどいですね。教えについての質問さえ受け付けないとは・・・

質問に答えることは真実開顕のチャンスです。これらの人々は最高の善と親鸞会で教えられ、使命とする破邪顕正に消極的ですから、親鸞会教義で言うと「信仰は進みません」ね。

ただ、会員の方に付け加えておくと、高森会長の珍説をいくら主張しても真実開顕にはなりません。

釈尊、七高僧方、親鸞聖人、蓮如上人がどう教えられたか、経典やお聖教に基づいて、ちゃんと「真実を」開顕して頂きたいと思います。

そういえば、確か「ちゃんと真実を開顕して下さい」と、以前に所属していた支部長に言った覚えがあります(´∀`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード