何の思案もいらぬ。憶念の信の力によって、凡夫ながら弥陀の浄土へ、往くことができるのであります

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  九 および声を、聞く

  一七

 弥陀の乃至十念の心は、我々の往生の定まる時をあらわすがために、乃至の御言葉をお添え下されたものであって、御開山様は、「如来より御ちかひをたまわりぬるには、尋常の時節をとりて、臨終の称念をまつべからず」と仰せられて、平生業成、一念往生をお示し下されたのであります。
 しかも、このようなことは、第十八願のみであって、声聞や、菩薩であっても、知ることのできないことであって、ただ、釈尊ひとり、よく分らせて下されることであります。
 それが、横超の直道をあらわされる「願成就文」を、お説き下されたのであります。

  一八

 阿弥陀如来が、我々の往生をはかり定めて、信の一念に、往生が定まるのであるというのを、乃至の御言葉におふくみ下されたのであります。命が長ければ長いだけ称えればよい。
 命の短い者は七日でもよい。乃至一日でもよい。信の一念に往生が定まるのであるからであります。称えるは、後念相続であります。
 往生の定まるのは、聞くことの信であります。いかに念仏を称える人であっても、信がない人は何にもならぬのであります。
 迷いの者が、悟りの境地に入る境は、まず聞くことであります。聞いてこれをお受けするところに、南無阿弥陀仏が、わがものとなるのです。心に、南無阿弥陀仏が貰われねばなりません。南無阿弥陀仏が貰えたら、死んだら必ず極楽へむかえとると仰せられるのであります。聞いて、お受けする一念に、南無阿弥陀仏の主となるのであります。南無阿弥陀仏の主となることの出来た者を、念仏行者とも、信心獲得の行者とも言うのであります。
 愚痴の愚か者であっても、弥陀の大行を自分の身にもらいうけたものならば、皆信心の行者であります。心が南無阿弥陀仏にならずに、口ばかり南無阿弥陀仏であっては、他力の念仏ではない。それはわがものでない念仏をわがものがおにするので、弥陀をだましにゆくようなものであります。
 蓮如さまは、「弥陀をたのめ」と、仰せられてありますが、弥陀をとは、選択本願をということであり、「たのむ」は、「お受けする」のであるとお示し下されたのであります。五念門はその本は、弥陀の永劫の行であって、それを一つに集めたのが、南無阿弥陀仏であります。これみな、南無阿弥陀仏の功徳であります。
 この南無阿弥陀仏を受けとるのが、何のやうもなく弥陀をたのむ心であります。「弥陀をたのむ」というは、南無阿弥陀仏をうけとることであります。疑いなく受けとられた時、五念門の行は満足されてあるのであります。何の心配もいらない。耳で「おいわれ」を聞かして下さるのが、弥陀廻向にあづかっているところであります。
 耳から心に受け納られたのが、それが南無阿弥陀仏の主となったのであります。その時が、憶念の信のもらわれた時であります。何の思案もいらぬ。憶念の信の力によって、凡夫ながら弥陀の浄土へ、往くことができるのであります。我家へ帰るように、浄土にゆくことができるのであります。耳で聞いたこと、目で見たことを、心に思うのが意業であります。この意業は、必ず止作があります。つまり、止ったり、はたらいたりするのです。安心は、これを憶念の信という。念とは、明記不忘というて、あたかも、帳面に書き記したように、名号のいわれが、心の中にしみこんでいるを念という。憶とは、それを時々思い出すことであります。即ち憶は止作であって、意業の謂であります。それですが、この憶の発るは念から発るので、安心が意業にあらわれるのであります。


(p.105~p.108)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード