新入生の皆さん、親鸞会の勧誘にはくれぐれもご用心下さい(2013年)

今年も国公立の大学の、前期合格発表がなされる頃となりました。これから、3月、4月にかけて合格発表、合格手続き、入学式があり、各部活やサークルの勧誘が始まります。毎年、当ブログでは注意喚起をしておりますが、新入生の皆さんは高森顕徹氏を会長とする「浄土真宗親鸞会」という宗教団体による、正体を隠した勧誘にはくれぐれもご用心下さい。

私が勧誘を受けた2001年頃は、大学の敷地内や少し出た所で、会員の先輩が新入生に声をかけていました。「合格おめでとうコーナー」「合格おめで大会」などと言って誘い、バインダーを使って「人生の目的」「なぜ生きる」をテーマにしたゼミを行っている学生主体のゼミサークルだと説明していました。現在はこうした直接の勧誘に加えて、メルマガ、MIXI、ブログ、ツイッター、Facebookといった手段でも勧誘をしています。特に新入生が入ってくるこの時期は活動が盛んになります。
私は何も知らずに話を聞き続けました。先輩とも仲良くなってきた頃、他大学との交流、新歓合宿を経て、段々と仏教、浄土真宗という話になり、親鸞会であるということが明らかになったのは勧誘を受けた日から1~2ヶ月経ってからのことです。

この団体、正体を隠した偽装勧誘という点からもかなりの反社会的団体であることは明らかですが、その説く所は浄土真宗の教えとはかけ離れた会長オリジナルの珍しい教えです。途中から『真宗聖典』などを用いて話があるため、素人は「本物の親鸞聖人の教え」であると勘違いしがちです。たとえ勧誘されて話を聞き続けてしまったとしても、優しく親切な先輩と仲良くなって離れがたくなっているとしても、親鸞会と判った時点で離れるべきです。さもないと、新入生の皆さんの大学生活はほぼ親鸞会の活動で消えてしまうばかりか、社会人となってからも多くのお金、時間、労力を親鸞会のために使うことになってしまいます。友人関係も親鸞会以外の人とはあまり築けないかも知れません。中には講師部や特専部、親友部などという、親鸞会の中核を成す部署へ進路を決めてしまい、完全に親鸞会的人間となってしまう人もあります。
親鸞会的人間とは、高森顕徹会長を絶対視し、上司の指示に無条件に従うような人です。親鸞会が絶対正しいと思い込んでおり、教義的な誤り、組織的におかしい所を指摘されても、何とか相手の説を破ってやろう、親鸞会を擁護しようという思考回路のため容易に受け入れません。親や友人よりも講師や上司の言うことを重く受け止め、そちらに従います。みなどう生きるかしか知らない、なぜ生きるかを知っているのは自分達だけ、などと内心慢心を抱いています。会長の剽窃問題、長男の不倫疑惑、偽装勧誘や深夜の押し掛け、不当といえる契約書などについて指摘しても、悪いとも思いませんし疑問も抱きません。新入生の皆さんは、このような人間になりたいと思いますか?
大学でもこのような宗教団体への対策が進んでおりますが、細部にまで行き届いてはおりません。もし分からずに声をかけられたり、メルマガに登録してしまったりして、「親鸞会かも」と思ったらぜひ当ブログに詳細をご連絡下さい。連絡の仕方はメールまたは秘密コメントでも構いません。親鸞会であるかどうか調べます。また大学の学生相談所に相談してみましょう。

親鸞会でどんな話がなされるかは、詳しくは当ブログのカテゴリの中、
こんな話に注意!
に詳しく載せてありますので、参照して頂ければと思います。今は、「話の中にこのようなものが複数見られたら親鸞会の可能性が高い」という言葉などを挙げておきます。

・人生の目的
・なぜ生きる
・絶対の幸福
・相対の幸福
・難度海
・生命の尊厳
・「なぜ生きる」(高森顕徹監修)の本
・「光に向かって100の花束」(高森顕徹著)の本
・縦と横の線の図

また、親鸞会について組織的なことは
さよなら親鸞会
などを、教義的なことは
飛雲
親鸞会教義の誤り
などをご覧下さい。

最後に一言。
相手は勧誘のプロです。自分はそんなものに騙されないと過信しないで下さい。オレオレ詐偽や振り込め詐偽は、いろいろなところで注意が喚起されているにも関わらず被害者は絶えません。被害者の多くは、「自分は騙されない」と考えていた人達です。それが不安を煽られ、相手の情報を正しいと信じ込み、お金を振り込んだ後に詐欺だったと気づくのです。同じように、カルト新興宗教なんかに嵌んないと思っている人が嵌ってしまう可能性があるのです。
これは昨年のことですが、私の両親のところへ振り込め詐欺と思われる電話がありました。両親はおかしいと思ってすぐに私に連絡してきました。幸い被害に遭うことはありませんでしたが、振り込め詐欺は他人事ではないと感じた出来事でした。このように、おかしいと思うことがあったならば、確認すること、一歩引いてその団体をみつめることが大事です。客観的にみるためには、家族・友人・先生などいろいろな人にそこであったことを話し、意見を聞くとよいと思います。
新入生の皆さんの、カルトに染まらない大学生活、人生を願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東京外大の様に偽装サークルに対し、学長自ら庇護を与える大学もあります。

Re:名無し様

どのような団体に対して、など状況が掴めないですが、カルト宗教なのかどうかを見分ける知識を一人一人が身につけている必要があると思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード