「いつ助かるか? 今でしょ!」「いつ辞めるか? 今でしょ!」

今日、元会員の友人からメールがあり、彼の文面の中に「後生暗い心」という言葉がありました。

「後生暗い心」なんて言葉、久々に聞いたなぁ。

真宗では、「後生暗い心」などという言葉はまず聞くことはないでしょう。念のため検索しましたが、引っかかったのは親鸞会と、高森会長の出身母体である「浄土真宗華光会」くらいでした。(念仏の雄叫び参照)まぁ検索結果を全て洗えば他にもあるかもしれませんが、さすがにそこまでする気はありません。

親鸞会では「疑情」=「無明の闇」=「後生暗い心」であり、これが「苦悩の根元」などと言っておりますが、全く高森理論には困ったものです。これについては

『安心問答』「疑情≠無明の闇というのは私にとって驚愕でした。今までずっと二つの心はイコールだと思っておりました。そうすると無明の闇というものがなんなのか分からなくなってきたのですが、弥陀に救われると無明の闇もなくなるんですか?」(KYさんのコメント)

にて既に詳しく述べられている通り間違いです。本願を疑う心はなくなっても、後生どのような処に生まれるか分からないという点では後生は暗いままです。苦悩の根元が抜き取られたならもっと幸福感いっぱいで生きられてもいいようなものですが、現実の生活は依然変わらず、苦しいことは苦しいままです。親鸞会で聞いて、想像していた信後の世界とはまるで違いました。「あれ、おかしいな」と思うことが多々ありましたが、それは親鸞会での知識をものさしとしていたからでした。親鸞会で教えられたことは、本当の真宗を知るには役に立たないばかりかかえって障害となるものばかりですから、善知識方の直の御言葉以外は忘れた方がよいでしょう。

この話といい、また宿善といい、親鸞会ではそもそも言葉の定義が真宗から逸脱していますから、それを知らない素人は最初から最後まで間違った親鸞聖人の教えを聞かされていると言っても過言ではありません。多くの会員は、頑張って求めていけばやがて縦の線に辿り着き、そこで後生暗い心が後生明るい心になって、日本晴れの大安心大満足の絶対の幸福に生かされ、流した涙の一滴一滴が真珠の玉となって戻ってくるんだと信じていることでしょうが、それは単なる妄想であります。信後に夢を抱かせるのは、皆さんを勧誘と献金、無条件服従へと駆り立てるためであると知るべきです。


何度も書いていることですが、親鸞会では絶対に「いま」は助かりません。どうしたって善をして信仰が進んだ後、後生に驚きが立って真剣に求道していった後、黒板の右端から進んで行って縦の線に辿り着いた後、つまり「未来」の救い、「やがて」「いつか」の救いです。ただ実態は、親鸞会教義が真宗教義とはまるで違う高森会長オリジナルの創作教義ですから、その理論は単なる机上の空論であり、救いはありません。それに気付いて親鸞会から離れ、本当の親鸞聖人の教えを聞くか、教義批判にはひたすら目を背けて現在の安住に留まるか。選ぶのは会員一人一人の自由ですが、この世のリミットは確実に迫っています。もし迷っている人があれば、私はあの方の言葉を借りてこう言いたいと思います。

「いつ助かるか? 今でしょ!」
「いつ辞めるか? 今でしょ!」


早く邪説を邪説と正見し、本当の親鸞聖人の教えに遇われることを願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード