偽装退会者が、飛雲及び梯和上批判とS会擁護ばかり御熱心なのは、祖師聖人の御教え自体は興味がないのでしょう。

偽装退会者の論理は破綻しています。元々矛盾の上に立つ親鸞会教義ですから、あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず、という状況は目に見えて明らかです。

最近のエントリーも、飛雲にて祖師方の根拠を元にその間違いを破られています。また、偽装退会者のコメント欄にその都度ツッコミが入っていますので、どのような諍いが起きているか気になる方はコメント欄まで含めて読んでみたらよいと思います。まぁ、飛雲及び梯和上批判とS会擁護ばかり御熱心で、祖師聖人の御教え自体は興味がないことが記事内容からありありと伺えるブログですので、純粋に親鸞聖人の教えを知りたい方、本願の救いを求める方にとっては見る価値はないでしょう。

さて、この偽装退会者は知能に相当問題があるようで、自身(?)が書いた直前のエントリーさえ忘れてしまうようです。既に飛雲に書かれている

真実の経は大経のみ → 根拠は涅槃経
存覚上人の説はとらない → 根拠は存覚上人


に加えて、6月13日のエントリーでは

梯実圓和上の主張は日蓮と同じ → 根拠は梯和上の本

ということが明らかになりました。書いても書いても飛雲に破られてしまい、苦肉の策に陥らざるを得なくなっているようです。そういえば以前、偽装本願寺の僧侶が『真宗の教義と安心』を利用して、「本願寺とS会の主張は同じだから飛雲は間違い」というような攻撃方法を取っていたことを思い出しました。今回も一緒で、本願寺が梯和上に変わっただけのことです。一方では外道やら異安心やら言っておいて、飛雲に勝てないと根拠として用いてくる、というところが共通しています。しかも、少し調べてみると言葉尻だけで実際は飛雲を破る根拠になっていないというところも同じです。間違いだろうが何だろうが飛雲さえ破れればそれでいいという感がひしひしと伝わってくるところまで同じです。


今回の偽装退会者の主張は

親鸞聖人が書かれたものの中に「五逆のものにあらず」という表現がない

というものですが、既にコメント欄で指摘されている通りです。たとえ御自身の著作の中になくとも「五逆のものにあらず」という表現のあるお聖教を書写し、関東の同行に読むことを勧めているのですから、これは間違いですね。親鸞聖人が「一切衆生は闡提の一機」なんて思っていたなら、そんな表現のあるお聖教をそのまま書写しないでしょうし、同行に勧めるわけもないでしょう。根拠がない以上、そんなものはS会及びS会擁護者達の単なる妄想です。自身が闡提だからと言って、それを一切衆生に拡大解釈するのはやめてもらいたいものです。

ブログ名だけはご立派なものですが、ここまで中身が伴っていないのも珍しいでしょう。魚屋なのにたばこ店の看板を掲げているようなもので、たばこを買いに来た人は腹を立てて帰っていきますし、魚が欲しい人は誰も来ませんから、お店は倒産してしまいます(笑) 実際S会は、会長の剽窃問題、長男の不倫疑惑、大学での偽装勧誘等のスキャンダルに加え、肝心要の教義が間違っていたことが明るみになって、随分とかつての勢いを落としています。魚屋なのにたばこ店の看板を掲げているようなものですから、今後どうなっていくかは本人たちが黒板に書いて説明している通りでしょう。


最後に、偽装退会者の言葉を少し変えてお返ししておきましょうか。

偽装退会者が、飛雲及び梯和上批判とS会擁護ばかり御熱心なのは、祖師聖人の御教え自体は興味がないのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード