【2.五逆罪・謗法罪について】について

今回は、親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点10項目の内、第2項目について取り上げます。まずは「知ってるから応えるよ」さんのコメントです。

2.五逆罪・謗法罪について
********************
親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

造ってない人がいると感じるのは、
わが身に照らし合わせて聞法していない証拠。
予備校の勉強みたいに仏教聞いてきたんだね。
教学としては造ってない人もいるが、現実にはいない。
だから蓮如上人は無間地獄に堕在すると言っている。
蓮如上人の時代にもあなたみたいなのがいたんでしょうね。

********************

これに関しては、『浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか?』②五逆・謗法・闡提についてを、『飛雲』では
『末灯鈔』のお言葉は、「全人類≠五逆謗法の者」を証明された根拠
間違いを知りながら「十方衆生は一人の例外もなく五逆・謗法・闡提の者である」と未だに言っている確信犯
謗法罪の定義さえも知らない親鸞会のお粗末さ
おほよそ疑謗の輩は少なく、信順の族はおほし
等をご覧下さい。

全ての人が五逆罪・謗法罪を造っているのかどうなのか。これについて仏教では、浄土真宗ではどう教えられているかを比較しているのに、自分が五逆罪・謗法罪を造っているかどうかということに論点をすり替えています。そして自分が五逆罪・謗法罪を造っているならば全人類も造っているとこれまた途方もない拡大解釈を強いるのです。このコメントにあるような話は会内ではよく聞かれることです。私も退会する時に、担当講師からこれとよく似た話をされました。
さて、リンク先や当ブログの過去記事をご覧になればお判りかと思いますが、全ての人が五逆罪・謗法罪を造っているという根拠は経典の上にも、祖師方のお聖教の上にも見出すことはできません。親鸞会が出してきた根拠は既に破られています。

そもそも、全人類は五逆罪・謗法罪を造っているかどうか以前に、親鸞会では五逆罪・謗法罪についての定義がめちゃくちゃです。まず五逆罪ですが、『信文類』五逆追釈には

五逆といふは(往生十因)、「もし淄州によるに五逆に二つあり。
一つには三乗の五逆なり。いはく、
一つにはことさらに思うて父を殺す、
二つにはことさらに思うて母を殺す、
三つにはことさらに思うて羅漢を殺す、
四つには倒見して和合僧を破す、
五つには悪心をもつて仏身より血を出す。
恩田に背き福田に違するをもつてのゆゑに、これを名づけて逆とす。この逆を執ずるものは、身壊れ命終へて、必定して無間地獄に堕して、一大劫のうちに無間の苦を受けん、無間業と名づくと。

五逆と言うことについて、次のようにいっている。  「淄州によれば五逆罪に二種類がある。
第一には三乗のすべての教えに通じる五逆罪である。すなわち、
一つには、故意に父を殺すこと、
二つには、故意に母を殺すこと、
三つには、故意に阿羅漢を殺すこと、
四つには、間違った考えをおこして教団の和を乱すこと、
五つには、悪い心をいだいて仏の体を傷つけて血を流すことである。
これらは父母や仏や僧などから受けた恩や徳に背くから、逆罪というのである。この逆罪を犯したものは命が終れば間違いなく無間地獄に堕ち、果てしなく長い間、間断なく苦しみを受けるから、無間業ともいう。


と教えられています。五逆罪には三乗の五逆罪と大乗の五逆罪とがありますが、親鸞会で根拠として『教学聖典』等で教えているのは前者ですので、上の御文に則って話を進めていきます。
親鸞会発行の『教学聖典』には書いてありませんが、原本には「ことさらに思うて」「倒見して」「悪心をもつて」等と書かれています。ですから、五逆罪とは、

【故意に】父、母、阿羅漢を殺すこと
【間違った考えをおこして】教団の和を乱すこと
【悪い心をいだいて】仏の体を傷つけて血を流すこと


を言うのです。勿論このような大罪を犯す者もありますが、全人類が犯す罪でないことは明らかです。ですから聖覚法印も

われら罪業おもしといふとも五逆をばつくらず『唯信鈔』

と仰ったのでしょう。私たちは罪深いとはいいながらも、五逆罪を造っていない、ということです。親鸞聖人は、こう書かれている『唯信鈔』を自ら書写されて、関東の同行に読むように勧められています。

次に謗法罪の定義ですが、これは『浄土論註』に教えられ、『教行信証』信巻にも引文されています。

問うていはく、なんらの相か、これ誹謗正法なるやと。
答へていはく、もし無仏・無仏法・無菩薩・無菩薩法といはん。かくのごときらの見をもつて、もしは心にみづから解り、もしは他に従ひてその心を受けて決定するを、みな誹謗正法と名づくと。

問うていう。正しい法を謗るとは、どのようなことをいうのか。
答えていう。仏もなく仏の教えもなく、菩薩もなく菩薩の教えもないというような考えを、自分自身でおこしたり、他の人に教えられて、その通りと心に定めることを、みな正しい法を謗るというのである。


正法を謗るということは、自ら邪見を起こして、あるいは邪見な人から、真実をさとった仏陀なんか存在しないし、したがって仏陀の教えといわれるものでもでたらめなものであると教えられて、そのように思い込み、また人にも宣伝することです。したがって、仏陀の教えに順って修行している菩薩もいなければ、菩薩の生き方である布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧といった六つの修行徳目(六波羅蜜、六度万行)も、虚構にすぎないといって、自分だけではなく人びとの心の拠り所を破壊し、惑わせることです。
ただし浄土門では、念仏の教えを打ち壊し滅ぼそうとすることも謗法罪とされ、親鸞聖人は『正像末和讃』、『高僧和讃』等で教えられています。

ただ、そのように謗法罪を造っている人も限られた人であって全人類ではありません。親鸞聖人には、全人類が五逆・謗法の者であるという発想はありません。ですから『末灯鈔』では、

善知識をおろかにおもひ、師をそしるものをば謗法のものと申すなり。おやをそしるものをば五逆のものと申すなり、同座せざれと候ふなり。されば北の郡に候ひし善証房は、おやをのり、善信(親鸞)をやうやうにそしり候ひしかば、ちかづきむつまじくおもひ候はで、ちかづけず候ひき。

と仰っています。前半は親鸞会でもお馴染みですが、後の文章を読めば分かるように「善知識(師)や親をそしる善証房のような、五逆謗法の者に近づいてはならない」と注意されたお言葉です。ということは、親鸞聖人は多くの関東の同行が五逆謗法の者ではないとみなされていたのです。全ての人が五逆謗法の者ならば、誰にも近づいてはならないことになりますからね。
以上から、五逆罪・謗法罪は造っている人と造っていない人がいて、親鸞聖人もそのようにみなされ教えられていたということで決着です。もし全人類が五逆謗法の者であると主張するなら、その根拠を聖教上で示してからにして下さい。言っておきますが「一切衆生必堕無間」と同様、日蓮の言葉ではダメですよ。

高森会長は親鸞聖人の著作を断章して利用した上、出身母体である華光会での教えや、大沼師の著書などから五逆罪・謗法罪に独自の定義を設け、全人類が五逆謗法の者であると無理矢理位置づけます。その目的は、先の「一切衆生必堕無間」の根拠が必要なのと、会員に罪やその果報である地獄の恐怖を植え付けること、そして会員を献金・勧誘活動に駆り立てるためでしょう。会員の皆さんには、高森会長や親鸞会の目的が皆さんを信心決定させることではなく、別の目的で教えを説いている不浄説法の輩であること、そして浄土真宗の教えは、無間地獄から免れるという低レベルな教えではなく、浄土に往生・成仏する真実の教えという崇高なものであることを知って頂きたいと思います。では、今回の最後にこう返しておきます。

********************
親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

わが身に照らし合わせて聞法していくというのは極めて大事なことです。
私を抜きにして仏法はありませんからね。
しかし今問題にしているのは、全ての人が五逆罪・謗法罪を造っているかどうか、
それを親鸞聖人はどう教えられているか、ということです。
全ての人が五逆・謗法の者だと言うのならば、そう仰った根拠を示して下さい。
貴方の言葉はいいので、根拠の提示をお願いします。
示せなければ、貴方が聞いている教えは高森会長の教えであって親鸞聖人の教えではありません。

********************

【参考文献】
親鸞聖人の教え・問答集(梯實圓)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親鸞会の人は、刷り込みされた似非教義概念から脱出スるのが大変ですね。
そもそも大乗仏教の理念とは「一切衆生悉有仏性」であり、「如来常住無有変易」です。御開山が『教行証文類』で『涅槃経』を引文し何回も述べられているとおりです。
ただ浄土教は、仏道修行に耐えられない在家の者に対しての教説ですから、二種深信という形で説かれることが多々あります。その場合でも、いわゆる悲喜こもごもの喜びと悲しみの交錯したことをいうのであり、いわゆる人を恐怖に叩き込む罪悪感とは違うのでした。

御開山が五逆の例として引文されておられるのは、永観の『往生拾因』の「衆罪消滅故」からですが、五逆を論ずる時は、常に、なんまんだぶという口に称えられる名号とセットですね。
なお、『往生拾因』については、覚如上人が『改邪鈔』でつねの御持言には、「われはこれ賀古の教信沙弥[この沙弥のやう、禅林の永観の『十因』にみえたり]の定なり」と[云々]と、『往生拾因』に示された賀古の教信沙弥について述べておられましたです。なお『往生拾因』に示される、なんまんだぶは、御開山が示して下さった本願力回向の称名とは少しく違い、第二十願位の称名に近いです、為念。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E6%95%99%E4%BF%A1%E6%B2%99%E5%BC%A5


なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
『往生拾因』へのリンク。
http://hongwan.net/5415badbc5731

>林遊@なんまんだぶ様

人間にはどうも最初に教えられたことを正しいと思い込む傾向があるため、特に未だに正しいと信じている会員にとっては、親鸞会教義から抜け出すことは難しいです。おそらく批判サイトの内容は頭に入ってきても心で拒絶してしまい、どうしたら破ることができるかばかり考えてしまうと思われます。

一般の方と違って、親鸞会会員は「後生は必堕無間」と最悪の未来を教えられます。このことから、必堕無間から逃れるための仏法となっている場合が多いと考えられます。また、浄土往生ということはあまりピンとこず、どちらかと言えば高森会長が説く絶対の幸福という「この世の最高の幸せ」を得たくて親鸞会にいる人が大半でしょう。ですから、教義的な誤りを知ってもらうのは勿論ですが、必堕無間への過度な不安を取り除くこと、この世の幸せではなく浄土往生が目的であると認識してもらうことも必要かと思います。
五逆のような重罪を造った者をも救う力が念仏にはあるのに、親鸞会では、念仏をどこかへやった信心が強調され、念仏は信後報謝に限ると軽視しています。正しい救いの法が説かれないで五逆だ謗法だ必堕無間だと言うのですから、やくざの脅しのようなものです。浄土真実の行であり、至易にして最勝の行が称名念仏、こうしたなんまんだぶの尊さが一人でも多くの人に伝わればと願うばかりです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード