信心決定とは

親鸞会の現会員、元会員の方が迷うのが、ハッキリした体験をしなければ信心決定とは言えないのではないかという点だと思います。あれだけハッキリハッキリと強調されてきた上、信心決定とはどういうことをいうかを正しく教えられなかったのですから仕方のないことです。まだご存じない方はこの際よく知って信心決定して下さい。
信心決定とは、南無阿弥陀仏、すなわち「我をたのめ、必ず助けるぞ」の本願招喚の勅命を自分の計らいを交えずに、そのまま受け容れたことをいいます。

・「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。(一念多念証文)
・「聞名念我」といふは、「聞」はきくといふ、信心をあらはす御のりなり。「名」は御なと申すなり、如来のちかひの名号なり。「念我」と申すは、ちかひの御なを憶念せよとなり、諸仏称名の悲願(第十七願)にあらはせり。憶念は、信心をえたるひとは疑なきゆゑに本願をつねにおもひいづるこころのたえぬをいふなり。(唯信鈔文意)
・信心獲得すといふは第十八の願をこころうるなり。この願をこころうるといふは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり。(御文章)


如来の誓いの名号を聞くのが信心ということです。本願の名号、南無阿弥陀仏を聞くことの外に信心はないということです。そして本願の仰せを受け容れているのは何も信一念だけではなく、只今の話なのですから、信心決定とは「極めて鮮やかなハッキリした体験」ということではありません。中には信一念の瞬間がどうだったのかをハッキリ記憶しているという人もあるかも知れませんが、それは問題ではありません。その記憶が本当に信一念の時だったのかという疑惑もあるからです。問題なのは、只今、「助けるぞ」の仰せを仰せのままに聞き受けているかどうかです。


本願の仰せに疑いある間は、念仏を自分の功徳として称え、それを往生に役立てようという心があります。この自力心ある限り、いかなる聖者も善人も報土往生することはできません。

おほよそ大小聖人、一切善人、本願の嘉号をもつておのれが善根とするがゆゑに、信を生ずることあたはず、仏智を了らず。かの因を建立せることを了知することあたはざるゆゑに、報土に入ることなきなり。化身土文類
大乗や小乗の聖者たちも、またすべての善人も、本願の名号を自分の功徳として称えるから、他力の信心を得ることができず、仏の智慧のはたらきを知ることがない。すなわち阿弥陀仏が浄土に往生する因を設けられたことを知ることができないので、真実報土に往生することがないのである。

自力の心とはどんなものか、分かりやすく図で示しますと、

阿弥陀仏 ← 私

という私から阿弥陀仏へ救いを祈願請求する思いのことです。「助かりたい」「安心したい」「ハッキリしたい」「何とかなりたい」という思いは勿論、このような思いが叶わず「どうして助けて下さらないのか」「こんなに苦しんでいるのに」と文句を垂れているのもそうです。これが仰せを受け容れますと、

阿弥陀仏 → 私

という、阿弥陀仏から私への一方的なお救いであり、私の中には報土往生の足しになるようなものは何もないということに疑いなくなります。阿弥陀仏への祈願請求の思いは消え、「助けるぞ」の仰せの通りに救いを受け容れる(許諾する)のです。私が「助かりたい」と思う遥か以前に「助ける」と思い立たれ、五劫永劫の願行を成就して、衆生(私一人)の救いにかかりきりだった、という仏願の生起・本末を聞いて疑心有ること無しです。「オレが聴聞している」「オレが念仏している」という、オレがオレがの思い(我執)が消え失せて、素直に「我汝を救う」の仰せに順う他力信心の行者とならせて頂くのです。これまでは「助かりたい」「何とかなりたい」「こんなに苦しんでるのに何で助けてくれないんだ」と自分の思いばかりぶつけて相手の話を聞こうともしなかったのが、

よくよくお慈悲を聞いて見りゃ助ける弥陀が手を下げて
まかしてくれとの仰せとはほんに今まで知らなんだ
尾添の数え歌

と、世を超えた大慈悲心を知らされて慚愧の念絶えなくなるのです。

不思議なことに、妙好人や救われたという人が言っていた、謎かけか単なる言葉遊びだろと思っていたことが、その通りその通りと受容できてしまいます。上の数え歌もそうですし、例えば、

・私が南無阿弥陀仏と称えて救われるのではない、私の口から称えられる南無阿弥陀仏によって救われるのだ
・聞いたら助かるのではない、「助けるぞ」を聞くのだ


などもです。読まれている方の中には????と思われる方があると思います。私も当初は意味がわかりませんでした。それが私から阿弥陀仏へ救いを祈願請求する心が消え、阿弥陀仏から私への一方的なお助けだと知らされて後は、まるで手のひらを返したように「そうだなぁ」と思わされるのですから不思議です。


話が逸れてしまいましたが、とにかく阿弥陀仏の「助けるぞ」の仰せ通りに後生をおまかせしたのが信心決定ですから、その際に鮮やかなハッキリした体験をしなければ信心決定したことにならないという思い込みは捨てて下さい。火に触れれば熱い、氷水を飲めば冷たい、と感じるように、「助けるぞ」の仰せをそのまま「左様にございますか」とお受けするのみです。仰せを聞いて安心するのではなく、仰せのみで安心してしまうのです。
最近、『安心問答』以名摂物録(松澤祐然述)を読ませて頂きまして、とても有難いと感じました(現在のところ個人的には特に3話と4話)。特に直接聞法する機縁のない方はぜひ読まれたらと思います。お助けに関して不審な点は知識にたずね、一人でも本願を信じ念仏する方が現れるよう願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

頭では理解できるのですが、どうしても私を中心にどうしたものかなあ?と、落ち込んだり、心配したり、浮き沈みしています。どうしても阿弥陀仏の願いを本当だなあと受けてとることが出来ません。どうしたらの思いが先にたち、なかなか聴聞も我がことと聞けません。本文の中で唯一どうしたらと自分のことを指摘されているところが納得できるような気がします。

>千葉様

私も以前同じようなことを思っていました。お気持ち、お察しします。

「どうしたら」「どうすれば」助けて頂けるのか。
この一座で必ず聞き抜く。何としても聞き抜きたい。
安心したい。満足したい。求めているものを獲たい。
・・・

聴聞している時も、またそうでない時も、阿弥陀仏の救いに関して、あれこれ思うところはあるかと思います。千葉さんもすでにお気づきだと思いますが、それは皆自力の計らいです。なので、そういう気持ちが出てきたら取り留めもなくなってしまうので、一旦考えるのを止めてしまいましょう。一旦気持ちをリセットして、改めて南無阿弥陀仏のこころ、「必ず助けるぞ」の仰せをそのまま自分の考えを差し挟まずに聞き受けて下さい。
落ち込んだり、心配したり、浮き沈みしているそのままの千葉さんをお救い下さる本願です。自分が何か変わらなくてはならないとか、考えをこうしなければならないとか、そういう条件はありませんので、ご心配なさらないで下さい(と言っても心配は尽きないものですが・・・)。大丈夫です。必ずお助け下さいます。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

如来とはどういう存在

如来とはどういう存在ですか?浄土真宗では如来は遠い彼方の存在ですね。実は如来は十方に遍満している存在ですよ。
如来を彼方においているあいだは救いは存在しません。

私と南無阿弥陀佛はすでに一体なのに疑うもなにも必要無し。
南無阿弥陀佛と唱えてください。
それに尽きます。

信心決定、私も悩みました。
今や、信心らしきものは私のなかにはございません。
如来の救いの中におったと念仏させていただく以外にはございません。
念仏あるのみです。

たすけるぞ

阿弥陀佛は私をたすけるぞと、どのお経で言われていますか?
あなたをたすけるぞという表現はないと思いますが、
誰か答えてください

>たー様

南無阿弥陀仏の六字の御名がそうでしょう。「南無」は我をたのめ、「阿弥陀仏」はたのむ衆生を必ず助けるということです。たのむ衆生とは他ならぬ私のことですから、私を助けるぞという表現を用いても問題ないと思います。

また、二河譬の

なんぢ一心正念にしてただちに来れ。 われよくなんぢを護らん。(散善義)
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%A6%B3%E7%B5%8C%E7%96%8F%E3%80%80%E6%95%A3%E5%96%84%E7%BE%A9_%28%E4%B8%83%E7%A5%96%29#.E4.BA.8C.E6.B2.B3.E7.99.BD.E9.81.93.E8.AD.AC.E5.96.A9

にて善導大師が我を阿弥陀仏、汝を衆生として救いを喚びかけていると教えられています。汝とはすなわちこの私一人のことですから、阿弥陀仏の仰せは、私を助けるぞということです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード