獲るのは超難関、そして超高価な親鸞会の信心

親鸞会では、会を離れて獲信したと言っている人に対して「その程度の信心ならね」などと馬鹿にしたり、浄土真宗華光会などの団体を暗に示して「信心の安売り屋」、「信心のバーゲンセール」などと揶揄したりします。勿論、親鸞会が唯一絶対にして真実の宗教だという妄想、自分達以外に真実は知らないという高い高い鼻っ柱があるからこのようなことを平気で言うわけですが、今回は、これらを掘り下げて考えてみたいと思います。

まずは、「その程度の信心ならね」に対してです。
そもそも、他力の信心を獲たかどうかは自分以外の者が知ることはできません。それは高森会長も言っているはずです。なのに親鸞会では会外で、特に退会者が獲信することはあり得ないという風潮です。「その程度の信心ならね」という言葉の裏には、「お前は獲信したと言っているが本当はしておらんのだ。安楽椅子を獲信と勘違いしているだけだ」という心理が存在します。そして自分は会員として長く辛抱強く頑張って求めているのに信が獲られず、逆に辞めていった者が獲信したと聞くと、「それはあり得ない」と猛反発する心が起きるのです。親鸞会での求道を諦め、蓮如上人以来の善知識であるらしい高森会長から離れる人が助かるなんて、絶対に認めたくないわけです。そして退会者や除名された人物を見て、会員は例えば『世界の光 親鸞聖人』完結編の、親鸞聖人の元から去ってゆく信楽房を連想するのでしょう。信楽房がその後獲信するはずがないと思うのと同じように、退会者が真実の教えから離れて獲信するはずがないと会員は思うのです。他人にはその人が獲信しているかどうか本当のところは分からないとしながらも、「その程度の信心ならね」と言って未信と決めつける会員の矛盾した考えがここで浮き彫りになるでしょう。
それから、「その程度の信心ならね」と言う会員の信心はどの程度のものなのでしょうか。親鸞会で獲信したという人は昔はともかくとして今は皆無に等しいです。中には、普段の言動から信心を予想され、「あんな奴が?」「本当は獲信してないんじゃないか」と思われるので敢えて黙っているという人もいるかも知れません。さておき、少なくとも私が所属していた学友部や支部には獲信したと言っている人はいませんでした。恐らく親鸞会教義を真に受けている会員の信心は、いつもの縦と横の線で言えば相変わらず右端あるいは黒板外、親鸞会流三願転入の教えで言えば19願の入口にも立っていないという程度のものでしょう。このまま親鸞会で求め続けても、いつ辿り着くだか分からない、進んでいるのかどうかさえ分からない、自分は果たして聞き切れるのだろうか、と暗澹たる気持ちの会員さんはいませんか? 平生業成、人生の目的が現在に完成すると何度聞いても平生業成の身にならず、当面の救いはないものと諦め、死ぬまでに間に合えばよいとか、最悪遠生の結縁になればよいと考えている会員さんはいませんか? 唯一絶対にして真実の宗教を信じていると言いながらも、結局「その程度の信心」なら無宗教の人、あるいは他宗教の信者と五十歩百歩です。否、熱心に求めていた会員が減少してますます会員一人一人の負担は増えているでしょうから、現当二益を謳いながらも無宗教の人や他宗教の信者より苦しんでいる会員は多いのではないかと思います。


次に、「信心の安売り屋」、「信心のバーゲンセール」などの揶揄についてです。
他力の信心は高いも安いもなくタダであり、また、知識が与えられるものでもありません。そして、他の団体をこのように非難するのなら、親鸞会は「信心の超激高店」、「信心のふっかけセール」とでも言いましょうか。極難信なのだから簡単に獲られる信心ではないともったいぶり、家一軒建てるのも大変なのにまして後生の一大事と説き、やれ因果の道理だ廃悪修善だ宿善だ三願転入だと言っては献金を要求する親鸞会。どれだけ金を積ませるつもりでしょうか? 金額にすれば、信心を獲るのに最低でも家一軒以上の金はかかりそうな説き方です。財施は額ではなく心が大事だと言いながらも、一般の会員が法話で座る順は会費の多い者からです。一定額以上納めなければ読めない冊子を発行したり、より財施をした者に恩徳報謝賞などを与えたり、どう考えても優遇されるのは額の多い人です。かつて自分が会員だった時、席順が会費の多い順だと知った新人の女の子が「お金持ちじゃないといけないんですね」と漏らしていましたが、今思い返せばそのものズバリの発言だったなと感じます。
そのように財施を頑張って、仮に信心が獲られればまだいいかも知れません。ところが、本願力回向の信心ですから、いくら積もうが獲られるものではありません。会員は肝心の仏願の生起・本末、南無阿弥陀仏のこころは正しく教えられず、因果の道理で別方向へ誘導され、三願転入の教えなどと言って19願を説き与えられてしまっているため、これでは何年聞こうが何十年聞こうが一向に求め続けるのみで終わるでしょう。誰もが信心決定、信心獲得できると謳って実は獲るのは超難関、そして超高価な信心であり、求めるだけ求めさせ、積ませるだけ積ませながら獲させないというしたたかさです。何か月か前、日本で発売されたiPhone6を一部の中国人が大量に買い占め、元値の何倍もふっかけて中国市場に流すということが報道されていましたが、親鸞会のふっかけ様は何倍何十倍どころの話ではありません。更にはふっかけるだけふっかけておいて何も獲させないのですから、これでは詐欺以外の何者でもありません。得られたものは老いと疲労と心身の苦痛のみ、いたずらに年月を過ごした、高い勉強代だったと感じるのは退会者だけではないでしょう。


煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします歎異抄後序

現役の会員さんは認めたくないでしょうが、「よろづのこと」の中に高森会長も親鸞会も含まれます。まことなのは念仏のみです。会員の皆さん一人一人が一日も早く教義の誤りを誤りと正見して、本願を信じ念仏されるよう願っています。



【参照】
『親鸞会のトリック』タダではない「無料券」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード