『観無量寿経』に説かれている事と、親鸞会教義との相違点6

『観無量寿経』を一度も読んだことのない高森顕徹会長6

には、下品下生の往生について書かれています。五逆罪を犯した極重の悪人が、平生に善をすることもなく、仏法を聞いたこともないのに、臨終になって初めて善知識に遇って、念仏の教えを聞き、念仏を称えようとするも臨終の苦しみのために、心の籠った念仏を称えることさえもできずに、口だけの10回の念仏で往生を遂げた、と説かれています。

この下品下生の往生を知れば判るように、阿弥陀仏に救われるために我々が善をやるやらないは全く関係ないのです。往生・獲信に関して善は不要、念仏一つで助かるというのが親鸞聖人の教えです。なのに、阿弥陀仏に救われるためにいかにも善が必要であるかのように説いているのが高森会長です。生活のためにやる善と、往生に関しての善をごちゃ混ぜにして、「やらねば善果は来ませんよ」などと、さも獲信までの求道の過程に善が必要不可欠であるかのように教えています。そんな教えを聞いている親鸞会会員は、「救いの一念には善が不要でも、一念に至るまでには善をしなければそこまで辿り着けない」などと考えて仏智を疑っているのですから、そらいつまで経っても晴れたも曇ったも分からず、助かるわけがありませんわ。

さて、前回の話で、高森会長は我々は逆謗の一機だと言っていると書きました。逆謗の機とは、『観無量寿経』の10種類の機で言えば下品下生、その中でも最低の極悪人です。では、善知識はこの下品下生の悪人に対して何を勧められているでしょうか?
『観無量寿経』には、定善の機に定善を勧め、上品上生・上品中生・上品下生に行福を勧め、中品上生・中品中生に戒福を勧め、中品下生に世福を勧め、下品上生・下品中生・下品下生に念仏を勧められたことが教えられています。くどいですが、下三品には善の勧めはなく、念仏一つです。勿論下品下生には念仏一つ、善の勧めなどかけらもありません。

それに対して高森会長はどうでしょうか? 18願での救いにあずかるまでの道程に善が要るとか、19願を必ず通るとか、宿善が厚くならねば信楽開発の時節到来はあり得ないとか、善のできないものと知らされるまで善をしなければならないとか、兎にも角にも善の勧めです。逆に、念仏を表立って勧める説法というのは私は聞いたことがありません。全人類が逆謗の一機しかないというのであれば、一切の諸善を棄てて、念仏一行を選択するしかないのですが、それを悪人に善を勧められたという頓珍漢なことを言っているのが高森顕徹会長です。親鸞会がどう頓珍漢か、お分かり頂けたでしょうか?


10、下品下生の悪人に対して何を勧められているか

念仏一つ。善の勧めはない。
-------------
善を勧められている。


マインドコントロール下にある会員さんは、親鸞会批判ブログで善の勧めを否定されているのを知ると、あたかも批判ブロガー達は生活上でも善いことをしないで悪にほこっているかのように思うかも知れませんが、それは違います。あくまでも、往生・獲信に関して善の勧めはない、と主張しています。程度の差こそあれ、誰しも倫理・道徳上の善はしていることでしょう。ただそれは我々の往生・獲信については無関係だと弁えているのです。しかし親鸞会の場合は、光(会員の皆さんが思っている「光」とは獲信のことでしょう)に向かう手段として善を勧められていますので、批判サイトはそうした光に向かう教えを邪義だと申しているのです。
それに、生活上でも善いことをしないで悪にほこっているのは他ならぬ高森会長と親鸞会上層部です(【考察】「光に向かって進ませて頂きます」というフレーズについて(3)等参照)。何より、いつでも公開法論に応じると豪語しておきながら飛雲との法論に逃げ続け、約束の一つもまともに果たせない親鸞会の姿が、「善の勧め」はウソであることを証明しています。

以上、飛雲を参考に『観無量寿経』に説かれている事と、親鸞会教義との相違点についての検証を終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード