『化身土文類』要門釈のお言葉より

方便の仏と浄土とはこういうものですよと教えられ、続いて親鸞聖人は『化身土文類』要門釈にて次のように仰っています。

しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。 偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。すでにして悲願います。修諸功徳の願(第十九願)と名づく、また臨終現前の願と名づく、また現前導生の願と名づく、また来迎引接の願と名づく、また至心発願の願と名づくべきなり。

【現代語訳】
さて、五濁の世の人々、煩悩に汚れた人々が、九十五種のよこしまな教えを今離れて、仏教のさまざまな法門に入ったといっても、教えにかなった真実のものははなはだ少なく、虚偽のものははなはだ多い。このようなわけで、釈尊は、さまざまな善を修めて浄土に往生する福徳蔵と呼ばれる教えを説いて多くの人々を誘い入れ、阿弥陀仏は、そのもととなる誓願をおこして広く迷いの人々を導いてくださるのである。すなわち、すでに慈悲の心からおこしてくださった第十九願がある。この願を修諸功徳の願と名づけ、また臨終現前の願と名づけ、また現前導生の願と名づけ、また来迎引接の願と名づける。また至心発願の願とも名づけることができる。

親鸞会では途中の「ここをもって」から文章を抜き取り、「群生海」「あまねく諸有海」とあるから全ての人に対して定散二善、19願を説かれたのだと主張していますが、これは間違いです。前半部分を全く無視して、都合のよい箇所だけを引っ張ってくるから訳が分からなくなるのです。この文章については

mixiでの三願転入の法論の際、高森顕徹会長が一撃でダウンした根拠

等々、様々な記事で詳しく解説されていますが、「外道から半満権実の法門(聖道門)に入ったといっても、さとりを開いた人は甚だ少なく、逆にさとりが開けずに断念する人が甚だ多い。そういう人のために、釈尊は定散二善を説かれ、阿弥陀仏は19願を建てられた」ということです。親鸞聖人は、19願を聖道門から浄土門への橋渡しをする教えと解釈なされたのです。

これと、前回の記事で示した

真実の行信により、真実の証果を得る。
方便の行信により、方便の証果を得る。


ということがお判り頂ければ、既に親鸞聖人の教えを聞き求め、真実の浄土へ往生したいと思うようになった人に定散二善、19願が必要なものかどうか、言うまでもなく不必要であるとお判り頂けることと思います。19願の実践の先にあるのは20願、18願ではなく、(臨終に阿弥陀仏の来迎があったとしても)化土往生ですからね。ちなみに高森会長はさも定散二善、19願の善などと立派なことを言いますが、実際に勧められていることと比べると滑稽至極です。会員の皆さんは、実際に勧められていることが定散二善、19願の善と呼べるものなのかどうか、よく考えて頂きたいと思います。

さて、このように定散二善、19願の善を実践しても報土往生はなりません。18願真実まで導くために暫く仮に設けられた法門ですから、聖人は結局は聖道門から浄土門に入った定散諸機に対しても

しかれば、それ楞厳の和尚(源信)の解義を案ずるに、念仏証拠門(往生要集・下)のなかに、第十八の願は別願のなかの別願なりと顕開したまへり。『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

【現代語訳】
以上のようなことから、源信和尚の解釈をうかがうと、『往生要集』の念仏証拠門の中に、第十八願について、四十八願の中の特別な願であるとあらわされている。また『観無量寿経』に説かれる定善・散善を修めるものについて、きわめて罪が重い悪人はただ念仏すべきであるとお勧めになっているのである。五濁の世のものは、出家のものも在家のものも、よく自分の能力を考えよということである。よく知るがよい。

と、「ただ弥陀を称せよ」と18願をお勧めになっています。定散諸機に対してさえそうなのですから、逆悪の機なら尚更念仏一つです。報土往生を願うなら速やかに19願、20願の両願は捨てて、直ちに18願を聞いて本願力回向の信心を獲得して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード