「唯信独達」と言いながら肝心かなめの「信」とは何かを完全に誤解させている親鸞会

どうして親鸞会は表立って念仏を勧めないのか

のコメント欄に会員らしき人物が反論しています。「唯信独達」という言葉を使っていますが、そういえば『顕正一口メモ(A)』にこのような問答があったことを思い出しました。

非難
◉本願寺の坊主
 親鸞会の話には、あまり念仏が出てこないが
 もっと念仏を強調すべきだ。

破邪
◉親鸞会の会員
 親鸞聖人のみ教えは、唯信独達の法門だ。
 念仏を強調するのは、浄土他流だ。


やはり本願寺との教義・説法の比較をするために「唯信独達」という言葉を使っていることが伺えます。
それで、信心一つで助かるその信心とは二種深信で、機の深信とは自身は逆謗の屍であるとハッキリ知らされること、法の深信とは極楽へ必ず往けるとハッキリすることだとしています。蓮如上人と三願転入にどのような関係が??(49)等でも書いていますが、親鸞会教義によると救われるまでにはおおよそ

(1)仏教の根幹は因果の道理、因果の道理が分からねば仏教は何十年聞いていても分からない。そこで親鸞会で説かれる因果の道理をよく聞いて理解する。
(2)因果の道理の結論は廃悪修善、因果の道理が知らされるほど廃悪修善の気持ちが強くなる。廃悪修善の気持ちがどれだけ強いかが信仰のバロメーター。
(3)真剣に廃悪修善をしていくと、知らされてくるのは自己のすがた。それは、悪しかできない己のすがた。
(4)そういう私が一息切れたらどうなるか。後生は必ず無間地獄に堕ちて、八万劫中大苦悩の一大事があると説かれている。これを後生の一大事という。この一大事に驚きが立たねば仏教は始まらない。
(5)この一大事を解決するには、阿弥陀仏の本願(18願)に依るしかないが、私達は自惚れているため素直に本願が聞けない。それを見抜いて阿弥陀仏は方便願として19願・20願を建てられた。
(6)方便とは、我々を真実に近づけ、真実を体得させるに絶対必要なものを言う。方便からしか真実に入れず。19願・20願の道程を通らなければ、絶対に18願の世界には入れない。
(7)19願は修諸功徳の願と言われる。「善をしなさい、そうしたら助ける」というお約束。それで言われる通り、一生懸命善に励む。善をしなければ信仰は進まない。すると知らされてくるのは善のできない己のすがた。自分の力ではどうにもならないとなって、20願へ進む。
(8)20願は植諸徳本の願と言われる。阿弥陀仏のつくられた、諸々の徳の本である念仏を一生懸命称えて助かろうとする。しかし結局、念仏も称えられない己のすがたが知らされ、「地獄は一定すみかぞかし」と地獄のどん底に叩き落とされる。
(9)そこで間髪入れずに「ただで救うぞ」の弥陀の呼び声が五臓六腑を貫き、「弥陀の本願は私一人のためでありました」と泣かずにおれない。この不思議な体験を信心決定という。


というような段階を辿り、最後(8)(9)にあるような不思議体験、驚天動地の体験を信心決定だと思っている会員がほとんどだと思います。そして、一刻も早くこのような神秘的体験をしたいと思ってあくせく親鸞会の組織拡大のための活動に従事していることでしょう。私もそうでしたから、退会当初「信心決定した」と言っている人のことを「凄い体験をした人だ」と想像していました。「唯信独達」と言いながら肝心かなめの「信」とは何かを完全に誤解させているのです。

では「唯信独達」の「信」とはどのような信心かと言えば、上リンク先で示しているように、

・信心をとるといっても、南無阿弥陀仏の六字の中にこもっている。六字の他に、別に信心があるということではない。
・この南無阿弥陀仏の六字を善導大師は釈して、「南無というのは帰命である。また南無には、発願回向の意味もある。阿弥陀仏はその行である。このように南無阿弥陀仏は願と行を具足しているから、次の生にはまちがいなく浄土に往生できるのである」と仰っている。
・この善導大師の釈をどのように心得たらいいのかというと、要するに私達のような悪業煩悩の身であっても、一心に弥陀に帰命すれば、必ずその人を阿弥陀仏は助けて下さるということである。帰命というのは、弥陀の「助けるぞ」の仰せを計らいなく聞き受け、「仰せの如くお助け下さい」とおまかせするこころである。そのように一心に弥陀をたのむ衆生に無上大利の功徳を与えて下さることを、発願回向という。
・この大善大功徳の名号を我ら衆生に与えて下さるが故に、正定聚不退転の位に住する。果てしない過去から造りに造ってきた悪業煩悩は、往生の障りとはならない。
・こうしたことであるから、南無阿弥陀仏の六字のすがたは、私達が極楽に往生するすがたであるといよいよ明らかに知られる。だから安心といっても、信心といっても、この名号の六字のこころをよくよく心得ることの他にはない。名号のいわれをよく心得た人を、他力の大信心を獲得した人というのである。このように殊勝の道理であるから、深く信じなさい。


ということです。六字の他に、別に信心があるというのではなく、「南無(我に任せよ)南無阿弥陀仏(必ず助ける)」を計らい無く聞き受けているのを信心とか、信心決定というのです。信一念の瞬間のみを信心決定と言ったり、その瞬間の体験を重視するというものではありません。現在只今、阿弥陀仏の仰せ通り後生をおまかせしていることが大事です。

このような殊勝の道理を聞けば、それが自力念仏か他力念仏かどうかは別として南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念仏を称えたくなるものです。ところが親鸞会ではそうは教えません。念仏は組織拡大には無益だからです。『御文章5帖目13通』にしても最初の

それ、南無阿弥陀仏と申す文字は、その数わづかに六字なれば、さのみ功能のあるべきともおぼえざるに、この六字の名号のうちには無上甚深の功徳利益の広大なること、さらにそのきはまりなきものなり。

しか示さず、この名号を獲得するには・・・となって「因果の道理」「廃悪修善」「19願」ばかり教えられます。これでは会員の皆さんは、信仰(?)が進んでいない現在、念仏を称えることはおつとめの時や仏前で合掌する時位で、親鸞会の活動の添え物程度にしか考えられないのではないでしょうか?

信心決定、信心獲得、唯信独達と信心を強調されながら、その中身についてまるで理解していないのが親鸞会会員です。つくづく親鸞会から解き放たれて真宗の信心を正しく知って頂きたいと願わずにはいられません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あなた方は信心為本では無いのですか?

No title

誤解と誤解しているあなた方

No title

念仏と信心が別物と考えているのが、異安心

No title

【註釈版本文】
 聖人(親鸞)一流の御勧化(ごかんげ)のおもむきは、信心をもって本とせられ候ふ。
そのゆゑは、もろもろの雑行をなげすてて、
一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏のかたり往生は治定せしめたまふ。
その位を「一念発起入正定聚」と釈し、
そのうへの称名念仏は、如来わが往生を定めたまひし御恩報尽の念仏とこころうべきなり。あなしこ、あなかしこ。
添付

信心 と 念仏

No title

「そのゆゑは、弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。」(末灯鈔)

信心=「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」

蓮如上人の仰る信心も上の信心。

「そのうへの称名念仏」とは、
信心を獲た後の念仏は、と言う意味。

読解力のなさがわかるよ。

No title

読解力は自力の信心

No title

信心=「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」

これと異なる信心の高森顕徹会長と愉快な仲間たちは、みんな、異安心

高森会長に たくさんお礼をすると
「尊い人」「仏縁ある人」とほめられる。

会館で たくさん御念仏してると 変な人って目で見られる。

「自力の念仏嫌われる」とよく 聞かされたが ならば「自力の聴聞」「自力の御布施」「自力のお勤め」等なぜ 言わないのか?

親鸞会の 勧める『善』は親鸞会組織にとって都合の良い事を 言う。

よくよく 考えて目をさまして欲しいですね。

No title

念仏と信心が別物と考えているのが、異安心
2015-07-28(13:02) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

念仏と信心は別物ではありません。
そのうへの称名念仏

No title

自身の信心自力といわれると・・・
返す言葉は非難非難非難・・・

聖人一流章を読んで読み流してるのか・・・
ちゃんと書いてあるのに・・・

自力の信心哀れ憐れ・・・

No title

>念仏と信心は別物ではありません。

ならば、念仏を勧めなさいね。
高森会長が念仏を勧めたことは一度もなかったよ。

高森会長の著書で、念仏を勧めたところを示してみたら。

コメント返信

まず、コメントが多くなっていますので、以後コメントされる方は「高森邪義の異安心」さんや「ため息」さんのような形で、実名でなくてよいので名前の記入をお願いします。

コメントの中に聖人一流章が出てきていますが、読んで読み流しているのは親鸞会の方です。19願の善、定散二善は雑行です。雑行は「なげ捨てて」としか書かれていません。「まずやってから捨てて」ではありません。ちゃんと読みましょう。

それと私は1つ前の記事にて、親鸞会では19願の善や定散二善等を根拠に諸行諸善(正確には親鸞会にとって都合のよい活動)は積極的に勧めるのに、なぜ念仏は表立って勧めないのかと問うています。元々は諸行に対して念仏、という話であって、信心に対して念仏、ということではありませんでした。
このことを知ってか知らずか「あなた方は信心為本では無いのですか?」と質問している方がいますが、揚げ足取りもいい所です。

安心論題/念仏為本
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E5%BF%B5%E4%BB%8F%E7%82%BA%E6%9C%AC

等を読んでよく勉強しましょう。

それから、高森顕徹会長及び親鸞会会員というのはとても単純な方々で、「念仏の勧めがない」と非難があると「念仏は勧められている」と言います。以前に講師部員が、「高森先生は会場で念仏の声が小さいことを嘆いておられます」とか言っていた記憶があります。ただ、こんな話はごくわずか。所詮は非難対策に話をしているに過ぎません。
この手の非難対策はしばしば用いられ、例えば昨年の報恩講では高森会長は19願の話をしませんでした。しかし座談会では相変わらず因果の道理、19願の話をし、顕真などに親鸞会流三願転入の教えを載せては「善の勧め」を強調しています。
親鸞会では「念仏は勧められている」というのは一応その通りですが、そういう話がされる時もある、というだけです。実際に強調して勧められているのは善(正確には親鸞会にとって都合のよい活動)です。確かに会長の著書の中に念仏を勧めた箇所は無いかも知れません。

No title

信心=「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」

これと異なる信心の高森顕徹会長と愉快な仲間たちは、みんな、異安心
2015-07-28(16:16) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

聖人一流章と一緒

No title

「自力の聴聞」「自力の御布施」「自力のお勤め」等なぜ 言わないのか?

弥陀の力なくして聴聞お布施お勤めする気のない凡夫だから

No title

>念仏と信心は別物ではありません。

ならば、念仏を勧めなさいね。
高森会長が念仏を勧めたことは一度もなかったよ。

高森会長の著書で、念仏を勧めたところを示してみたら。

先生の著書???
聖人一流章にあるし朝晩読みなさいと勧めておられるし、今更なに???

No title

>聖人一流章にあるし朝晩読みなさいと勧めておられるし

聖人一流章には善の勧めがないけど、高森会長は善を勧めている。
聖人一流章には信後の念仏については仰っているけど、高森会長は念仏を勧めた箇所が全くない。

No title

19願には、万行随一の念仏があると親鸞会でも教えられているけど、諸善と比較して随一の功徳のある念仏を勧めないのはどういうこと?

布施なんかよりも功徳があるのだから、19願の念仏を命がけで称えよと勧めればいいのに、なんで布施を勧める訳?

おかしいと思わない?

No title

ふかく信じて・・・

浅い深いの深くではないことはご存知かとは思いますが・・・

No title

「弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。
信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。
また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。
されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。
詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。」(末灯鈔)

親鸞聖人のお言葉は、「ふかく」、「あさく」ですが、何か

No title

聖人一流章には善の勧めがないけど、高森会長は善を勧めている。
聖人一流章には信後の念仏については仰っているけど、高森会長は念仏を勧めた箇所が全くない。
2015-07-29(13:11) :
高森邪義の異安心 URL :
編集


註釈版本文】
 聖人(親鸞)一流の御勧化(ごかんげ)のおもむきは、信心をもって本とせられ候ふ。
そのゆゑは、もろもろの雑行をなげすてて、
一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏のかたり往生は治定せしめたまふ。
その位を「一念発起入正定聚」と釈し、
そのうへの称名念仏は、如来わが往生を定めたまひし御恩報尽の念仏とこころうべきなり。あなしこ、あなかしこ。
添付

聖人(親鸞)一流の御勧化(ごかんげ)、信心、雑行をなげすてて、云々、
そのうへの称名念仏

正しく読んで下さい

No title

19願には、万行随一の念仏があると親鸞会でも教えられているけど、諸善と比較して随一の功徳のある念仏を勧めないのはどういうこと?

布施なんかよりも功徳があるのだから、19願の念仏を命がけで称えよと勧めればいいのに、なんで布施を勧める訳?

おかしいと思わない?

No title

親鸞会員の人はなぜここのような誹謗サイトに夢中になっているのですか?
悪縁には近づくなと会長先生は言いませんでしたか?
他人のブログに言い掛かり付けている暇があったら、性根入れて聴聞しなさい。
遊び半分でやっているからいつになっても高森教義のイロハすら理解できないのですよ。

No title

19願の念仏を命がけで称えよと勧めればいいのに、なんで布施を勧める訳?

おかしいと思わない?
2015-07-29(13:17) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

19願説くままが念仏勧めておられる。

念仏だけ勧められたわけではないけら修諸功徳の願ともいわれる

No title

親鸞会員の人はなぜここのような誹謗サイトに夢中になっているのですか?
悪縁には近づくなと会長先生は言いませんでしたか?
他人のブログに言い掛かり付けている暇があったら、性根入れて聴聞しなさい。
遊び半分でやっているからいつになっても高森教義のイロハすら理解できないのですよ。
2015-07-30(00:58) :
親鸞会に善のすすめは?ない!悪のすすめは?ある! URL :
編集

龍樹や弁円しらんがけ???

No title

>19願説くままが念仏勧めておられる。

だから、高森顕徹会長が、自力の念仏を勧めている言葉を1つでも示したら?

善を勧めている言葉は山ほどあるのに、自力念仏を勧めた言葉はゼロ。

全くないのよ。

なぜだかわかる?

自力念仏では、会長自身と親鸞会には何のメリットもないからよ。

獲信には無関係の善を勧めて、会長の私利私欲を満たすことに会員は利用されているだけ。

獲信に深い関係のある念仏を勧めないのは、会長の私利私欲を満たせないから。

現実を直視したら。

No title

親鸞会員の人はなぜここのような誹謗サイト

誹謗認めてる^^

に夢中になっているのですか?

悪縁

悪縁だって^^

には近づくなと会長先生は言いませんでしたか?

他人のブログに言い掛かり付けている暇があったら、性根入れて聴聞しなさい。
遊び半分でやっているからいつになっても高森教義のイロハすら理解できないのですよ。

根性は自力、でも私は念仏者^^

教義だれ名付け親???プッ(笑

2015-07-30(00:58) :
親鸞会に善のすすめは?ない!悪のすすめは?ある! URL :
編集

No title

>>19願説くままが念仏勧めておられる。

>だから、高森顕徹会長が、自力の念仏を勧めている言葉を1つでも示したら?

先生から聞いてないの???もったいない!私毎回聞いてる、念仏の勧め!

>善を勧めている言葉は山ほどあるのに、自力念仏を勧めた言葉はゼロ。

>全くないのよ。

>なぜだかわかる?

>自力念仏では、会長自身と親鸞会には何のメリットもないからよ。

あんたまだ損得勘定で仏教語ってるの???信じられん^^

>獲信には無関係の善を勧めて、会長の私利私欲を満たすことに会員は利用されているだけ。

信心には一切役に立たないんでなかったかな~。

>獲信に深い関係のある念仏を勧めないのは、会長の私利私欲を満たせないから。

どうせ100年たったら皆しんでるんだけど^^


>現実を直視したら。

足元を直視したら~地面???ダラか♪


2015-07-30(09:21) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

No title

結局会長の念仏の勧めの言葉を1つも示せない。

これが会員の実態よ。


私利私欲に仏教を利用しているのが、高森顕徹なる人物。

数々の会長御殿を見てみなさい。

正本堂7階に200畳の会長室があるのを知ってる?

F館に5階はないと言い切りながら、しっかり5階に会長室。

会長が会員のことなど打ち出の小槌にしか思っていないのだからね。

No title

>結局会長の念仏の勧めの言葉を1つも示せない。

>これが会員の実態よ。
ってか・・・と う ぼ えww


>私利私欲に仏教を利用しているのが、高森顕徹なる人物。

>数々の会長御殿を見てみなさい。

>正本堂7階に200畳の会長室があるのを知ってる?

>F館に5階はないと言い切りながら、しっかり5階に会長室。

.会長が会員のことなど打ち出の小槌にしか思っていないのだからね。

2015-07-30(09:57) :
高森邪義の異安心 URL :
編集
哀れ憐れ



普通血圧200も超えるのに説法しようとするか?お金の為に
ドクターストップどんどん増えてるのに!!!
その人みて法を見ず、財産みて人を見ず

No title

>普通血圧200も超えるのに説法しようとするか?お金の為に
>ドクターストップどんどん増えてるのに!!!

そうお金にために話をするんだよ。
話をしなかったら、お金が集まらなくて、親鸞会は破産が目に見えているからね。

なお、血圧200は塩分の取り過ぎが唯一の原因。
会長の主治医がそう断言しているんだからね。

あなたの希望的推測は、むなしく散っていくんだよね。

正本堂7階の200畳の会長室のことはどう思うかね。
それとは別に会長専用の厨房が2つで40畳もの広さがあることも。

そんな巨大な厨房で、塩辛い食事を作らせ、主治医からいい加減にしてくださいと注意されても、逆ギレするだけの会長なんだけどね。

No title

、如来わが往生を定めたまひし御恩報尽の念仏とこころうべきなり。

御恩報尽の念仏ゆえに、勧められて称えるにあらず。

勧められて、称えようとして、称えるのは自力の念仏

No title

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界と、親鸞会教義の誤りを紹介します。

看板変えろ♪バカちんが~

No title

他力の信心を通して知らされた世界

そうお金にために話をするんだよ。

私利私欲に仏教を利用しているのが

のように知らされました~~~って合掌

v-12

No title

根拠でも理論でも会長の言動でも全く反論できず。

これが親鸞会の現実。

オモロイ

>根性は自力、でも私は念仏者^^

オモロイからコメント付き合ったげる。

「性根入れて聞け」は高森が言ったのよ、高森が。
アンタ、自分が尊敬する先生のオコトバも知らんがけ?

先生のオコトバ、先輩飼い員から聞いてこられ。

(淳心房さん、すみません)

読解力は自力の信心…高森顕徹会長は自力の信心は廃った…
なるほど!
高森顕徹会長は読解力が廃って微塵もないんですね!
これでは講師部員も会員も読解力を捨てて助からないようになろうとしてるんですね。
しかも謎が解けましたよ!
親鸞会は聖典は高森顕徹会長には読解力は微塵もないし講師部員も会員も親鸞会の教義に批判されても読解力を衰えさせられて、必ず会長以下にさせたがって、決して親鸞会以外の情報を信用させないようにしているんですね。
詐欺やカルト教団は構成員や餌となるものには教義を解体してほしくも解析してほしくもなく、馬鹿やアホになって騙され続けてほしいんですもんね。
騙すやつは笑顔で善意とぬかしますもんな。演技や嘘ばかり。

👍オモロイ

コメント返信

中々パソコンを見る機会を作れないもので、記事更新もコメント返信も滞っております・・・すまぬ・・・

UPされているコメントを見ると、親鸞会会員と思しき方のコメントはひどいですね。相変わらず根拠は示さず自説を主張し続ける、関係ない所の話を持ち出しての悪口。期待はしていませんがやはりまともな議論になりません。まぁあれらのようなコメントを見ることで、会員のマナーの低さ、善をする気のなさがよく分かって、その点については結構なことです。

続きはまた今度書きたいと思います。

No title

根拠??
聖人一流章で十分明らかなのですか・・・

No title

>聖人一流章で十分明らかなのですか・・・

聖人一流章で、善の勧めが完全に否定されました。
よかったですね。

No title

>聖人一流章で十分明らかなのですが・・・

聖人一流章で、善の勧めが完全に否定されました。
よかったですね。
2015-07-31(09:26) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

聖人一流章読み誤りww
高森邪義の異安心さん、自力の信心だから読解力なし

念仏者の人のみ正しくよめる。

No title

文底秘沈の教えが高森教だって。

どこぞの学会と同じことをいってるよ。

No title

「性根入れて聞け」は高森が言ったのよ、高森が。
アンタ、自分が尊敬する先生のオコトバも知らんがけ?

先生のオコトバ、先輩飼い員から聞いてこられ。

(淳心房さん、すみません)
2015-07-30(21:37) :
親鸞会に善のすすめは?ない!悪のすすめは?ある! URL :
編集

何聞いてるの???根性入れて聞けなんて記憶にございません。

大宇宙火の海になってでもかき分けて聞けとは聴きますが・・・

耳壊れてるのかしら・・・あなたww

善ができない我が身 と知ることが必要なら 『なぜ生きる』を読んで 親鸞会の アニメを見て 近畿の人なら 本願寺や 華光会の聴聞や掃除 組織活動をして阿弥陀仏の救いを求めたって良いじゃないの?

親鸞会の組織運営費にお金を使う事だけが救いと関係するとは言えないよね。

親鸞会の富山本部や親鸞会の施設に 行く 必要はないですよね。
阿弥陀仏の救いは 本人と 阿弥陀仏の問題なんだから。

現役時代 先輩に「親鸞会組織のための活動と宿善となる行は別物だと思います」と言ったことがあります。

先輩は 不思議そうな顔をして「そうかなぁ私はそうは思わない」と 言いました。

ある講師に「救われるにはどうすれば良いですか?」と聞いたら「会長先生の御心のままに生きること」と答えました。

組織のために、会長のために尽くすことが救いの 近道だと思っているのです。
救われるための努力をしている自分に酔いしれているだけです。

親鸞聖人の御教えよりも組織の繁栄と 自己満足を優先させているだけの集まりが 親鸞会です。

No title

善ができない我が身 と知ることが必要なら

そんな聞き方しかできないのかな~


『なぜ生きる』を読んで 親鸞会の アニメを見て

そういうこともあるでしょう


(近畿の人なら 本願寺や 華光会の聴聞や掃除 組織活動をして阿弥陀仏の救いを求めたって良いじゃないの? )

真実説いていたら、何の問題も無いかと・・・


親鸞会の組織運営費にお金を使う事だけが救いと関係するとは言えないよね。

だから~救いと関係する・・・ってなるの?


親鸞会の富山本部や親鸞会の施設に 行く 必要はないですよね。

行く必要が無いって・・・他では教えてくれないから!


阿弥陀仏の救いは 本人と 阿弥陀仏の問題なんだから。

阿弥陀仏とのお力による道先案内が・・・釈迦、親鸞聖人など・・


2015-07-31(19:36) :
ため息 URL :
編集

要は、正しく説かれているかどうか。机上の空論でなく!!!

No title

>要は、正しく説かれているかどうか。机上の空論でなく!!!

その通り。

高森顕徹会長の間違い。

18願の意味を間違えている
成就文の意味を間違えている
19願の意味を間違えている
20願の意味を間違えている
宿善の意味を間違えている
他力の信心を知らない
二種深信の意味を間違えている
信心為本の意味を間違えている

その他

ほとんどすべて間違えている

No title

「一宗の繁昌と申すは人の多く集まり威の大いなることにてはなく候。一人なりとも、人の信をとるか(が)一宗の繁昌に候。」


現役時代 先輩に「親鸞会組織のための活動と宿善となる行は別物だと思います」と言ったことがあります。

親鸞会って組織の為の活動って有るの?聞いた事ない。

先輩は 不思議そうな顔をして「そうかなぁ私はそうは思わない」と 言いました。
この先輩とやら、全然正しく聞いてない!!!


ある講師に「救われるにはどうすれば良いですか?」と聞いたら「会長先生の御心のままに生きること」と答えました。

え?何この講師(怒
親鸞聖人の教えを聞きぬくしかない。


組織のために、会長のために尽くすことが救いの 近道だと思っているのです。
救われるための努力をしている自分に酔いしれているだけです。

え?仏法は聴聞に極まる。それ以外無い。


親鸞聖人の御教えよりも組織の繁栄と 自己満足を優先させているだけの集まりが 親鸞会です。

聞き誤りです。


2015-08-01(00:14) :
ため息 URL :
編集

No title

>>要は、正しく説かれているかどうか。机上の空論でなく!!!

>その通り。

ここが違う!!弥陀の本願まことにおわしまさば・・・

2015-08-01(09:35) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

No title

No title

>ここが違う!!弥陀の本願まことにおわしまさば・・・

弥陀の本願の意味を間違えていると言っているのよ。

「念仏称えたら助かるというのは間違い」こんなことをいっているようでは、本願の”ほ”の字も知らないんだな。

本願を念仏往生の願と親鸞聖人は何回も仰り、
「もしわれ成仏せんに、十方の衆生、わが国に生ぜんと願じて、わが名字を称すること、下十声に至るまで、 わが願力に乗じて、もし生ぜずは、正覚を取らじ」(行巻)
「いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下至十声聞等に及ぶまで、さだめて往生を得しむ」(信巻)
「弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたる」(御消息)
等、念仏称えて助かるが、18願な訳。
その上で、念仏称えて助かると信じるのが信心ということ。

念仏称えて助かる本願なんて思ってないでしょ。

だから、本願まこととも思ってないし、信心も間違っているのが、高森会長。

No title

弥陀の本願の意味を間違えていると言っているのよ。

だから・・・弥陀の本願に・・意味って言葉ですのよ~

漢字の塊なら・・・意味ってつけるけど~

弥陀の御心漢字36文字だからね~全部一字一字御心あるから~

解釈でもないのよね~自力の信心で本願読めば解釈なり意味???なりの言葉になるけど

36文字一字一字全て信だったっていう信心?念仏者しか解らないと思うけど・・

No title

>弥陀の本願の意味を間違えていると言っているのよ。

だから・・・弥陀の本願に・・意味って言葉つけるのよ~

No title

「もしわれ成仏せんに、十方の衆生、わが国に生ぜんと願じて、わが名字を称すること、下十声に至るまで、 わが願力に乗じて、もし生ぜずは、正覚を取らじ」(行巻)
「いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下至十声聞等に及ぶまで、さだめて往生を得しむ」(信巻)
「弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたる」(御消息)
等、念仏称えて助かるが、18願な訳。
その上で、念仏称えて助かると信じるのが信心ということ。

十声を十回って読んでないでしょね???

意味か、考えても見なかった。
((( ;゚Д゚)))
ってなってないかい?
合掌
哀れ憐れ・・

No title

>十声を十回って読んでないでしょね???

「十念」といふは、ただ口に十返をとなふべしとなり。しかれば選択本願(第十八願)には、「若我成仏 十方衆生 称我名号下至十声 若不生者 不取正覚」と申すは、弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。(唯信鈔文意)

親鸞聖人は十念=十声=十返をとなふ
とされておられますね。

さすが異安心。

No title

親鸞聖人は十念=十声=十返をとなふ
とされておられますね。

現代の浄土宗ジャン♪

十回念仏唱えればいいのでしょ??

No title

「とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。」

意味分かる?

十回念仏称えるものまで皆往生すると知らせんとして、「十声」と仰った


>十声を十回って読んでないでしょね???

高森会長もあなたも完全な異安心だと少しは分かった?

分からないでしょうね、分からないから異安心と言うのだけどね(笑)

No title

>「とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。」

>意味分かる?

>十回念仏称えるものまで皆往生すると知らせんとして、「十声」と仰った

十回が境目?
仏称えるものまで???
称えんものも?



>>十声を十回って読んでないでしょね???

>高森会長もあなたも完全な異安心だと少しは分かった?

>分からないでしょうね、分からないから異安心と言うのだけどね(笑)

十回称えるものなら・・・今の浄土宗の言ってることと一緒^^
真宗祖師に申し訳ない(涙

2015-08-02(21:12) :
高森邪義の異安心 URL :
編集

No title

祖師のお言葉を読んでみな、日本語が分かるならね。

「十念」といふは、ただ口に十返をとなふべしとなり。しかれば選択本願(第十八願)には、「若我成仏 十方衆生 称我名号下至十声 若不生者 不取正覚」と申すは、弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。(唯信鈔文意)


「称我名号下至十声」
「わが名字を称すること、下十声に至るまで」

十回念仏を称える者までみな往生できると、【祖師】が仰っているのですが。

真宗の教義も知らないのに、浄土宗のことなど全く知るよしもなく、恥ずかしいことを言うなよな。

解説すると、1回の念仏でも10回の念仏でも、念仏を称えた者は、皆往生するという意味。

【祖師】のお言葉

弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生す

阿弥陀仏の本願は、十回の念仏を称えたものまで皆往生できる

念仏否定するなんて、創価学会の真似ですか?
絶対の幸福も創価学会用語、正本堂も創価学会用語。
一切衆生必堕無間は、日蓮からのパクリ。

>十声を十回って読んでないでしょね???

創価学会ではこう言っているってことね。
【祖師】は十声を十回って読んでおられます。

創価学会のパクリ教義で、真宗教義が分かるわけないよ。

No title

>念仏否定するなんて、創価学会の真似ですか?
>絶対の幸福も創価学会用語、正本堂も創価学会用語。
>一切衆生必堕無間は、日蓮からのパクリ。

>>十声を十回って読んでないでしょね???

>創価学会ではこう言っているってことね。
>【祖師】は十声を十回って読んでおられます。

>創価学会のパクリ教義で、真宗教義が分かるわけないよ。
2015-08-03(08:48) :
高森邪義の異安心 URL :
編集


他力の信心知らない、無力の念仏者は上記の事を言い始める・・・哀れ憐れ

自力の者は、まだまし

合掌・・念仏者より懺悔を込めて(涙

No title

>他力の信心知らない、無力の念仏者は上記の事を言い始める・・・哀れ憐れ

高森顕徹と名乗る人物のことね。

創価学会と同じ信心だしね。

>自力の者は、まだまし

自力の意味も知らないとか、流石は創価学会のパクリ会員。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード