信心と念仏について

「唯信独達」と言いながら肝心かなめの「信」とは何かを完全に誤解させている親鸞会

の記事に沢山のコメントを頂いていましたが、中々お返事できずに幾日も過ぎてしまいました。すまぬ・・・

さて、「念仏と信心が別物と考えているのが、異安心」という高森邪義の異安心さんのコメントに対して、会員らしき人物が『御文章』の「聖人一流章」を挙げています。まず原文、現代語訳を『蓮如上人の『御文』を読む』五帖目第十通 聖人一流より引用しておきます。


 聖人(親鸞)一流の御勧化のおもむきは、信心をもつて本とせられ候ふ。そのゆゑは、もろもろの雑行をなげすてて、一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏のかたより往生は治定せしめたまふ。その位を「一念発起入正定之聚」(論註・上意)とも釈し、そのうへの称名念仏は、如来わが往生を定めたまひし御恩報尽の念仏とこころうべきなり。あなかしこ、あなかしこ。

【現代語訳】 『蓮如の手紙』(国書刊行会 浅井成海監修)より
 親鸞聖人から伝わっているみ教えは、信心をもって、もっとも大切なこととされています。
 そのわけは、もろもろの雑行を行じる自力の心を投げ捨てて、ふたごころなく阿弥陀さまの仰せに従うならば、人知でははかり知れぬ仏の本願力によって、仏のほうから人びとの往生を決定してくださるからです。
 それによってわたくしどもが入ることのできる位を、曇鸞大師の『往生論註』には、「一念発起入正定之聚(本願を信ずる心が起こったそのとき、往生が定まり、かならず仏となる者たちの位に入る)」とも註釈されています。
 さて、そのうえの称名念仏は、如来がわたくしどもの浄土往生を定めてくださったご恩にお応えするためのお念仏であるーーとお受け入れください。あなかしこ、あなかしこ。



「聖人一流章」には特に信心正因称名報恩の義が強調されていますが、これは蓮如上人在世当時、浄土真宗内で「ただ口に念仏を称えさえすればたすかる」という考え方が流行していたためです。こうした間違った考えに対して、蓮如上人は度々「ただ口に念仏を称えていても、他力の信心の謂れを知らなければ助かりませんよ」と仰って、他力の信心を懇ろに教えられたのです。
では信心正因称名報恩だからとにかく信心が大事で、念仏は信後報謝に限るのかというとそうではありません。親鸞会では信心が一人歩きして念仏軽視の傾向が色濃いですが、高森邪義の異安心さんが示されているように真宗の信心とは「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」という信心です。

尋ね仰せられ候ふ念仏の不審の事。念仏往生と信ずる人は、辺地の往生とてきらはれ候ふらんこと、おほかたこころえがたく候ふ。そのゆゑは、弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。本願他力をふかく信ぜんともがらは、なにごとにかは辺地の往生にて候ふべき。このやうをよくよく御こころえ候うて御念仏候ふべし。
 この身は、いまは、としきはまりて候へば、さだめてさきだちて往生し候はんずれば、浄土にてかならずかならずまちまゐらせ候ふべし。あなかしこ、あなかしこ。
『末灯鈔』

『教学聖典(4)』にある最後の文章のみ知っている会員さんばかりかと思いますが、前半部分はこのようなことが教えられているのです。弥陀の本願は「念仏する者を助ける」という誓いで、その本願の仰せを疑いなく信じて念仏する者は報土往生するというのです。このことから「念仏する者を助ける」の念仏は自ずから他力の念仏であると分かります。ですから、信心といっても念仏といっても、信心を離れた念仏もなければ、念仏を離れた信心もありません。『末灯鈔』の別の箇所では、

信の一念・行の一念ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし。そのゆゑは、行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこゑするとききて疑はねば、行をはなれたる信はなしとききて候ふ。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべし。

とも教えられています。「本願の名号を一声称えて往生する」という誓願を聞いて少しの疑いもないのが信心、そしてその誓願の通り南無阿弥陀仏と一声乃至十声称えるのが念仏です。「念仏を称えよ」というのは阿弥陀仏の仰せですから、真宗では念仏を強調して、念仏が勧められて当然なのです。ただ、その信心ということを抜かして、無信単称、ただ口に念仏を称えればたすかると教義を歪曲する者がいましたので、改めて信心について教えていかれたのが蓮如上人というわけです。決して、念仏は信後のお礼としてのみの無意味なもの、というわけではありません。

ところで親鸞会では強調されて、勧められて当然のはずの念仏が強調されず、蓮如上人が「なげ捨てて」と仰る雑行(もどき)の実践ばかりが強調されています。会員らしき人物が何やらかんやら言っていますが、「念仏を強調するのは浄土他流だ」とか高森会長自身が書いていること、著書にも念仏を勧めた箇所が見当たらないこと、因果の道理・19願・定散二善を根拠に善の勧めが強調されていることなどを踏まえて、数年会員を続けた経験がある方なら、表立った念仏の勧めがなく、善の勧めばかりが強調されているのはよくお分かりかと思います。信心を強調するのは結構ですが、その信心が一人歩きして念仏と分離し、あまつさえ「捨てよ」と言われる雑行を勧めているあたり、親鸞会が「浄土真宗」「親鸞」の看板を背負うに値しない団体であることは言うまでもありません。「(聖人一流章を)正しく読んで下さい」「看板変えろ♪バカちんが~」は高森会長、親鸞会にそっくりそのままお返しします。


ちなみに会員らしき人物が「読解力は自力の信心」とか訳の分からないことを言っているので、

まづ自力と申すことは、行者のおのおのの縁にしたがひて余の仏号を称念し、余の善根を修行してわが身をたのみ、わがはからひのこころをもつて身・口・意のみだれごころをつくろひ、めでたうしなして浄土へ往生せんとおもふを自力と申すなり。また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。『末灯鈔』

の御文を提示しておきます。本願を疑って本願の名号以外の仏号を称えたり、他の善根功徳を積んで往生しようと思うのが自力ですから、読解力と自力は別段関係ありません。読解力のなさを突かれ、悔し紛れの強がりに過ぎないことが一発でばれてしまいます。自力の信心だろうと読解力がある人はいますし、他力の信心の人でも学ばなければ読解力はつきません。まぁ高森会長の説く「三願転入の教え」が真実だと思い込み、諾々と活動しているだけではつくものもつかないばかりか、衰えていく一方ですが・・・。あ、だから「余の善根を修行して」は自力なのにそれとも気が付かないで、「親鸞聖人の教えには善の勧めがある」なんて邪義を真に受けて善もどきの善に勤しんでるんだ。納得です。早く親鸞会から離れて読解力を取り戻してください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも善意で記事を書かれていて、本当に頭が下がります。

親鸞会教学テキストに「一枚起請文を書き、信心のところを□(四角)で囲め」という問題がありました。
答えは「ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申さば疑なく往生するぞと思ひとりて」であったと思います。
これは珍しく良い問題だったのだと思います。
素直に読めば法然上人のご教化がそのまま伝わってくると思います。
念仏はお礼に限ると言ってしまうのは勿体ないと思います。

>maelstrom様

『教学聖典(8)』の(39)にそのような設問がありますね。会員だった時、これを暗記しようと口ずさんでいたら、そうとも知らない他大学の先輩が「それでは称名正因の異安心だ」と言ってきたことを思い出しました。
この先輩に限らず、求道の果てに獲られる驚天動地のスーパー信心だと思い込んでいる会員が多いため、出拠も示さずこの御文を言うと、同様の回答をする親鸞会の人間がほとんどではないかと思われます。

No title

もう過去記事になってしまいましたが…
本願寺出版社の聖典では「ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申して疑いなく往生するぞと思ひとりて」となっており幾分曖昧な表現です。
親鸞会が参照したと思われる柏原祐義版では「南無阿弥陀仏と申さば疑いなく往生するぞ」ですからより明確で、私はこちらの表現が好きです。

>maelstrom様

一枚起請文
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%B8%80%E6%9E%9A%E8%B5%B7%E8%AB%8B%E6%96%87

ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申して、疑なく往生するぞと思ひとりて申すほかには別の子細候はず。


比べると確かに文章が違っていますね。

「ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申さば疑なく往生するぞと思ひとりて」(信)「申す」(行)

「南無阿弥陀仏と申して」(行)、「疑いなく往生するぞと思ひとりて」(信)

ですから意味としては同じなのですが、読み手によっては受け取り方が変わってしまうこともあるかと思います。maelstromさんの好きな文章の方を採択されたらいいでしょう。

一念と称名念仏

「本願の名号を一声称えて往生する」
浄土真宗の教えではないように思えます。 
大蔵教に曰く、一声によりて信心決定しその後の名号は報謝ともなれ。
の間違いでは。
称名念仏とは、すでに浄土へ行くことが定まっていることえの御恩報謝の
念仏であるとする。念仏の功徳により浄土へ往生する方法・手段(行)ではない。
本願の誓いは名号を信じさせ、その信心を誰でも、いつでも、どこでも行じやすい称名行として相続という思し召しで、三心のほかに「乃至十念}をお誓い
くだされたものである。 これを誓われた阿弥陀仏の思召しは、報恩をもとめるためではありません。信心の行者の生活の中に、嬉しい時も悲しい時も、何ともない時でも、折にふれて思い出しては仏のみ名を称えさせてくださるのであります。

>光様

私はただ、

行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。

という所を解説したに過ぎません。その行は勿論、後に


この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、

とあるように、信心を具した称名念仏です。行の箇所だけでは確かに浄土真宗の教えではないように思われるかも知れませんが、行を離れた信も信を離れた行もないと仰せですから問題はないと思われます。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード