それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。

親鸞聖人が我々に第十九願を勧められた箇所は一つもありません。それに対して、第二十願を勧められた箇所は一つだけあります。それが真門釈の以下のお言葉です。

それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。

【現代語訳】
この五濁の世の出家のものも在家のものも、速やかにこの上ない功徳をまどかにそなえた真門に入って、難思往生を願うべきである。

「濁世の道俗」と親鸞聖人は仰っていますが、これは『化身土文類』の今までの流れから、外道から聖道門に入り、そして浄土の要門(第十九願)へと入った人に言われているのだと分かります。この世でさとりを開く聖道門の厳しい修行を断念し、諸々の善を修め浄土に往生してさとりを開く要門に入るも、如説に修行して証果を得られる者は優れた資質のある者のみで、大多数の者は落ちこぼれて救いから漏れてしまいます。そこで釈尊は、あらゆる善をまどかに備えた阿弥陀仏の名号を称え、その功徳によって浄土に往生して迷いを離れなさいと勧められました。その裏には、やはり十九願の時と同じようにその元となる阿弥陀仏の第二十願があり、私達を他力念仏の法へと導いて下さっていたのです。上のお言葉に続き、親鸞聖人は以下のように仰せです。

真門の方便につきて、善本あり徳本あり。また定専心あり、また散専心あり、また定散雑心あり。雑心とは、大小・凡聖・一切善悪、おのおの助正間雑の心をもつて名号を称念す。まことに教は頓にして根は漸機なり。行は専にして心は間雑す。ゆゑに雑心といふなり。定散の専心とは、罪福を信ずる心をもつて本願力を願求す、これを自力の専心と名づくるなり。善本とは如来の嘉名なり。この嘉名は万善円備せり、一切善法の本なり。ゆゑに善本といふなり。徳本とは如来の徳号なり。この徳号は一声称念するに、至徳成満し衆禍みな転ず、十方三世の徳号の本なり。ゆゑに徳本といふなり。しかればすなはち釈迦牟尼仏は、功徳蔵を開演して、十方濁世を勧化したまふ。阿弥陀如来はもと果遂の誓[この果遂の願とは二十願なり]を発して、諸有の群生海を悲引したまへり。すでにして悲願います。植諸徳本の願と名づく、また係念定生の願と名づく、また不果遂者の願と名づく、また至心回向の願と名づくべきなり。

【現代語訳】
真門の方便には、行に善本と徳本の名がある。また定善の専心があり、散善の専心があり、そして定善・散善の雑心がある。雑心とは、大乗・小乗の聖者や凡夫、すべての善人や悪人がそれぞれに、正定業と助業の区別を知らず、本願を疑う自力の心で名号を称えることである。まことに、名号はこの上ない功徳をまどかにそなえ、ただちにさとりに到る他力真実の法であるが、これを修めるものが、自力を離れることができず、速やかにさとりに到ることのできない衆生なのである。行は専すなわち念仏一行であるが、これを修める心は雑すなわち本願を疑う自力の心である。だから雑心というのである。定善の専心・散善の専心とは、罪を恐れ自分の善をあてにする心で本願力を願い求めるのであり、これを自力の専心というのである。善本とは阿弥陀仏の名号をいう。この名号は、あらゆる善をまどかにそなえているのであり、すべての善い行いの本であるから、善本というのである。徳本とは阿弥陀仏の名号をいう。この名号は、一声称えるときこの上ない徳がその身に満ちてあらゆる罪がみな功徳に転じるのであり、過去・現在・未来のすべての仏がたにそなわる徳の名の本であるから、徳本というのである。そこで、釈尊は、念仏を称える功徳によって、すべての五濁の世のものを導かれ、阿弥陀仏は、そのもととなる果遂の誓いをおこして、あらゆる迷いの人々を他力念仏の法に引き入れてくださるのである。すなわち、慈悲の心からおこしてくださった第二十願がある。この願を植諸徳本の願と名づけ、また係念定生の願と名づけ、また不果遂者の願と名づける。また至心廻向の願とも名づけることができる。

見てみると要門釈の文章構成とよく似ていることが分かります。このように親鸞聖人は第二十願をこの箇所でのみ勧めておられるわけですが、何が何でも自説の都合に合わせたい親鸞会では、「19願の人々に、折れず曲がらず速やかに20願へ進めよ、ということですから、すべての人が19願を通るように親鸞聖人が勧められている」などと無茶苦茶な解釈をしているのです。百歩譲って親鸞聖人に十九願を勧められた箇所が一つでもあれば親鸞会の主張も否定はできないかもしれませんが、重ねて重ねて申し上げているように親鸞聖人が十九願を勧められた根拠はありませんから、親鸞会の言っていることは「珍らしき法」なわけです。それとこの親鸞会の論法では、第十九願は聖道門の人々に勧められているのですから、すべての人が聖道門を通るように親鸞聖人が勧められているということになります。この支離滅裂な主張を、一口問答(三願転入1)では以下のように破っています。

********************
問い

親鸞聖人は20願について「それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。」(教行信証化土巻)と仰っています。19願の人々に、折れず曲がらず速やかに20願へ進めよ、ということですから、すべての人が19願を通るように親鸞聖人が勧められているではないですか。

答え

20願を勧められたお言葉が、なぜ19願から始めなければならないという意味になるのですか。三願転入の文でも同じで、「論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。」とは、七高僧方のお勧めによって、19願を出て20願に入った、ということであって、七高僧方が19願を勧められたのではありません。
要するに、七高僧方も親鸞聖人も19願を勧められてはいない、ということです。
********************

なお、親鸞聖人は第二十願も「方便の真門」と仰り、やはり第十九願と同様に方便化土へしか往けない方便の教説であると誡められておりますので、『化身土文類』で勧められているとはいえ、親鸞聖人の教え勧めは浄土真実の教えである十八願一つと見るべきです。こうした十八願一つ勧められた親鸞聖人の教説を公然と否定して、三願転入の教えなどと珍説を打ち立てる者を外道邪教徒というのです。「浄土真宗」「親鸞」の文言は直ちに団体名から外して頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード