自余の衆行、これ善と名づくといへども、もし念仏に比ぶれば、まつたく比挍にあらざるなり。

真門釈にも親鸞聖人は実に多くのお言葉を引かれています。その中で、念仏以外の善は小さな功徳であるとこれを退け、あらゆる功徳を円かに備えた大善大功徳である念仏を勧められている箇所を抜き出してみます。


・自余の衆行、これ善と名づくといへども、もし念仏に比ぶれば、まつたく比挍にあらざるなり。
(念仏以外のさまざまな行も善といわれるけれども、念仏にくらべたなら、まったくくらべものにならないほど劣っている。)

・「しかるに仏願の意を望むには、ただ正念を勧め、名を称せしむ。往生の義、疾きことは雑散の業には同じからず。この経および諸部のなかに、処々に広く嘆ずるがごときは、勧めて名を称せしむるをまさに要益とせんとするなり、知るべし」
(「阿弥陀仏の本願のおこころからすると、ただ信心を得て名号を称えることをお勧めになっているのである。浄土往生について、その速やかなことは、自力で修める行と同じではない。『観無量寿経』をはじめさまざまな経典の中にいたるところで広くほめたたえられているのは、名号を称えることをお勧めになっているのであり、これをかなめとされるのである。よく知るがよい」)

・「〈仏告阿難汝好持是語〉より以下は、まさしく弥陀の名号を付属して、遐代に流通することを明かす。上よりこのかた定散両門の益を説くといへども、仏の本願の意を望まんには、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称するにあり」
(「『観無量寿経』の<仏、阿難に告げたまはく、なんぢ、よくこの語を持(たも)て>、すなわち<そなたはこの言葉をしかりと心にとどめるがよい>と述べられているところからは、阿弥陀仏の名号を阿難に託して、はるか後の世まで伝え広めることを明らかにされたものである。『観無量寿経』にはここまで定善・散善の利益が説かれているけれども、阿弥陀仏の本願のおこころからすると、釈尊の思召しは、人々に阿弥陀仏の名号をただひとすじに称えさせることにある」)

・「極楽は無為涅槃の界なり。随縁の雑善、おそらくは生じがたし。ゆゑに如来、要法を選びて教へて弥陀を念ぜしめて、もつぱらにしてまたもつぱらならしめたまへり」
(「極楽は変ることのないさとりの世界である。人それぞれの縁にしたがって修めるような自力の善根によっては生れることができない。だから釈尊は本願の名号を選びとって、ただひとすじに信じ念仏して往生せよと教えてくださった」)

・「如来、持名の功勝れたることを明かさんと欲す。まづ余善を貶して少善根とす。いはゆる布施・持戒・立寺・造像・礼誦・座禅・懺念・苦行、一切福業、もし正信なければ、回向願求するにみな少善とす。往生の因にあらず。もしこの経によりて名号を執持せば、決定して往生せん。すなはち知んぬ、称名はこれ多善根・多福徳なりと。むかしこの解をなしし、人なほ遅疑しき。近く襄陽の石碑の経の本文を得て、理冥符せり。はじめて深信を懐く。かれにいはく、〈善男子・善女人、阿弥陀仏を説くを聞きて、一心にして乱れず、名号を専称せよ。称名をもつてのゆゑに、諸罪消滅す。すなはちこれ多功徳・多善根・多福徳因縁なり〉」
(「釈尊は、念仏の功徳がすぐれていることを明らかにしようとされ、まず念仏以外の善を劣ったものとしてわずかな功徳しかないといわれる。布施をし、戒律をたもち、あるいは寺を建て、仏像をつくり、仏を礼拝し、経を読み、または座禅をし、懺悔し、苦行するなどのすべての善は、もし正しい信がなかったなら、そのような善によって浄土に往生しようと願っても、みなわずかな功徳しかなく、往生の因ではないのである。もし、『阿弥陀経』の教えにしたがって念仏するなら、間違いなく往生するであろう。だから念仏は多くの功徳があると知ることができる。かつて、わたしはこのような解釈をしたが、世間の人はなお疑って信じなかった。しかし最近、襄陽の石碑に刻まれた『阿弥陀経』の文を見たところ、わたしの解釈と見事に一致しており、そこではじめて深く信じるようになったのである。その文には次のように説かれている。<善良なものよ、阿弥陀仏について説かれるのを聞いて、心を乱すことなくただひとすじに名号を称えるがよい。名号を称えることにより、あらゆる罪が除かれる。すなわち念仏は多くの功徳をそなえて行である>」)



いずれも真門釈の根拠ですから第二十願について言われていることですが、これだけ見ても第十九願の勧めは皆無であると分かると思います。それを「善のできない自分と知らされるには実地にやってみなければ分からない」などと詭弁を使って会員に執拗に善を勧める目的は、善という名の献金・勧誘・自分達への無条件服従を正当化するためです。往生・獲信には念仏一つ(「念仏一つで助かる」という信心一つ)、善は不要です。会員の皆さんは高森会長の目的が皆さんの往生・獲信の他にあると正見し、直ちに邪義を唱える輩の元から離れ、それをありのままに人に語り明かして今後そのような邪義に迷う人が現れないようにして頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード