三願転入の御文

真門決釈にて、自力念仏の行者は信心獲得し、報土往生することはできないと述べられて後、ようやく親鸞会の大好きな三願転入の御文が出てまいります。

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂の誓(第二十願)、まことに由あるかな。ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要を摭うて、恒常に不可思議の徳海を称念す。いよいよこれを喜愛し、ことにこれを頂戴するなり。

【現代語訳】
このようなわけで、愚禿釈の親鸞は、龍樹菩薩や天親菩薩の解釈を仰ぎ、曇鸞大師や善導大師などの祖師方の導きにより、久しく、さまざまな行や善を修める方便の要門を出て、長く、双樹林下往生から離れ去り、自力念仏を修める方便の真門に入って、ひとすじに難思往生を願う心をおこした。しかしいまや、その方便の真門からも出て、選択本願の大海に入ることができた。速やかに難思往生を願う自力の心を離れ、難思議往生を遂げようとするのである。必ず本願他力の真実に入らせようと第二十願をおたてになったのは、まことに意味深いことである。ここに久しく、本願海に入ることができ、深く仏の恩を知ることができた。この尊い恩徳に報いるために、真実の教えのかなめとなる文を集め、常に不可思議な功徳に満ちた名号を称え、いよいよこれを喜び、つつしんでいただくのである。


ここで高森流解釈の問題点は、

1、ここに書かれている親鸞聖人の入信の過程を、万人共通の獲信までの道程と捉えること
2、「このようなことで愚禿釈の親鸞は、善知識方のお導きによって、長く万行諸善の仮門にいた」と説明すること
3、だから、18願の世界に転入するにはまず19願から始めなければならないとすること


というところでしょう。親鸞聖人は、万行諸善の仮門(19願)を出て善本徳本の真門(20願)に入り、そして選択の願海(18願)に転入したということですが、だからといって私達も19願から始めなければならないということではありません。その証拠に、親鸞聖人が19願を勧められた御文はただの一箇所もないのです。
親鸞聖人にしたところで、善知識方のお導きによって「19願を出た」「20願に入った」のであって、「19願に入った」のではありません。親鸞聖人のお言葉、その現代語訳をよくお読み下さい。もし私達に19願の実践が必要ならば、そこを通らなければ18願の世界に入れないわけですから、七高僧も親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人も口を揃えて19願を、定散二善を、諸善万行をお勧めになるはずです。ところがどうしたことか、それらを捨てよとこそ言われ、勧められた箇所を一つでも見出すことができないのです。例えば【再掲】法然聖人のお言葉に書いたように、親鸞聖人のお師匠様である法然聖人は定散二善等の諸行を廃せよとばかり教えられています。ですから弟子である親鸞聖人も当然19願や定散二善、諸善万行は勧められていません。もはや言うまでもありませんが、私達が18願の世界に入るのに、19願は必要ないということです。これについては飛雲 ~親鸞会の邪義を通して~に詳しく取り上げられ、また

『浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか?』親鸞会との問答(19願について)

にも問答形式で書かれていますので参照して下さい。



親鸞聖人は善本徳本の真門である20願すら厳しく誡められて、選択の願海である18願のみを私達にお勧め下さっています。にもかかわらず、念仏に比べて難行であり劣行であるとして本願に選び捨てられた万行諸善(19願)を勧める親鸞会は一体何宗の者達でしょうか? それが如説に説かれる定散二善、万行諸善なら化土往生の道もありましょうが、実際に勧められるのは親鸞会に対する献金、勧誘、無条件服従がメインですから、こんなもの善行でも何でもありません。少し前に「親鸞会は諸行往生」などと揶揄されることもありましたが、あらゆる善をまどかに具えた名号を一筋に称える者、またそれを勧める者を「念仏さえ称えていればよいのだと思っている人達」などと非難しているのですから、これでは諸行往生どころか必堕無間と言われても仕方ありません。何せ念仏誹謗なのですから。
三願転入の御文を利用し、『観経』顕説に腰を据えて善もどきの善を勧める高森会長は稀代の悪知識であり、そうとも知らずに「蓮如上人以来の善知識」などと盲信している会員の皆さんは実にお気の毒です。20願さえ18願の前には捨て去るべき権仮方便の教説なのです。皆さんはその20願はおろか、全く勧められてもいない19願を勧められているため、19願の門前に押し留められ、18願への道を永久に封鎖されてしまっている状態です。親鸞会でどれだけ求めても、目指す縦の線に向かって一歩でも横の道を進めているのかどうかさえ疑問だというのはそのためです。光に向かい続ける人生と言えば聞こえはいいでしょうが、目的が果たせず、光に辿り着けずに死んで本当に後悔ないでしょうか? 皆さんには一刻も早く邪義を唱える者の手から離れて、速やかに19願は捨て去り、直ちに18願の仰せを聞いて念仏して頂きたいと願う他ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

他力の信心を得たという高森会長が、念仏を差し起きて諸善を勧める時点でアカンでしょ。

>名無し様

間違いないです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード