親鸞会の教えは、いわば求めれば求めるほど自殺したくなる教え、絶望するしかない教え

『飛雲 ~親鸞会の邪義を通して~』親鸞聖人が大変重要視なされた龍樹菩薩の獲信までの体験

のコメント欄に、R1000さんと管理人さんのやり取りがあります。会員の自殺についてと、親鸞会で求めている時の心境が綴られています。バリバリ活動していた方は勿論、そこそこ力を入れて活動した経験のある方なら、ほとんどがR1000さんの書き込みに共感されると思います。私も同じ思いです。
実際に自殺した会員を直接知らないので真偽の程は私には確かめようがありませんが、聞いて求めていても自殺したくなる、この点が問題でしょう。『なぜ生きる』には、

 生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理もこのためだ、とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、
「大目的を果たすため、乗り越えなければ!」
と”生きる力”が湧いてくるのです。(p.35)


などと書かれてはいますが、まず親鸞会で言うところの「大目的」というのが後生の一大事(死ねば無間地獄に堕ちるという一大事)の解決という、非常に分かりづらく、具体性のない曖昧な、そして人智の及ばない途方もない問題ですので、それを聞いた最初の頃はよくても時間が経過する毎に現状の困難に対して「乗り越えなければ!」なんて気持ちはどうしてもなくなっていきます。それに拍車をかけるのが、

・解決までのプロセスも、延々と聴聞に励んだり、おつとめを欠かさずしたり、善をしたりして信仰(?)を進めていかねばならないというもの。
・自分が横の線のどこまで進んでいるかということも全く分からない。
・自分より遥かに長く、懸命に活動していそうな講師部員、幹部会員でさえ救われていない様子。


というような問題でしょう。自分にこんな大目的が果たせるのか、臨終までに間に合うのか、今日死なねばならないとなったらどうするのか、このような課題に直面した時、もはや絶望するしかないのではないかと思います。それでも死ねば必堕無間だからと求めるが、求めるのも苦しい。今も苦しいし、未来も必堕無間の苦しみ。こんな苦しい中求めて、最後解決できずに終わったら、今死んだ方がマシだと自殺したくなったことが、私にも何度あったか分かりません。

「どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ」(Mr.Children HANABI)

という歌詞に共感し、涙を流した日々は簡単には忘れられません。

親鸞会の教えは、いわば求めれば求めるほど自殺したくなる教え、絶望するしかない教えです。当ブログでは教義の概要に何度も触れていますが、求めていく毎に様々なことを知らされ、知らされては求め、求めては知らされを延々と繰り返して、最後地獄のどん底に突き落とされないと阿弥陀さまに助けて頂けない教えです。そこまで辿り着いた人は、親鸞会の中では高森会長と、たまーに新聞に載る高齢の方が数名で、周囲には全く見かけませんでした。

このように書くと高森信心の方たちは決まって、「それはあなたの聞き誤りだ」と言いますが、果たしてそうでしょうか? 例えば、阿弥陀仏が「善をせよ」と勧めておられ、その通りに善を実行してゆかなければ、善のできない自分だと知らされない、救われない、ということならば、結局のところ「善をしなければ救われない」のではありませんか? 私は間違ったことを言っていますか?
親鸞会を非難するもの、親鸞会を去るものを全て聞き誤りの人達だと決めつけ、自分達は正しく聞いているつもりの会員の皆さんは、一刻も早く間違った浄土真宗を聞かされ、体よく利用されているという事実に気が付くべきです。そして、R1000さんが仰るように、救いに善も何も要らない、今の救いが平生業成、浄土真宗だということを知って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「人生が充実する教えだよ」とか「真実知らされて幸せです」とか聞いていたが「なぜか俺の人生は充実しないし、あの人のように喜びがない」と悩んでいたあの頃。

Re: 名無し様

私も悩んでいました。もっと心から教えに理解ができたらいつかは少しは喜びが出てくるかなと期待していましたが、そんなことは全くありませんでした。所詮は新入生を勧誘するうたい文句ですからね・・・。

初めまして。

遅ればせながら、飛雲さんのところでのコメを記事にして頂き、有難うございました。
テレビなどでAKBを見ると、なぜかぶん殴りたくなる俺がコメしていいのか躊躇してました(冗談ですが、AKBよりはベビーメタルのが好きですw)。
数年前からこのブログもちょいちょい拝見してまして、俺よりだいぶ若そうなのにすげぇなーと思いながら読ませて頂いてました。書かれてる内容が多分正しいであろう事は分かるのに、助けてくれない阿弥陀さまを恨み、喜ばれているお同行を妬み、どうせ俺にはムリだろと思いながらも、こちらで紹介されていた加茂仰順師の「真宗の信心」をネットで購入しました。当時は親鸞会で聞いて信じていたものとは大分異なる内容にとまどいつつも、なにか真実が書かれている感じは受けました。でも正直よく分からずに苦しくなって、通読したのは2回くらいでした。
最近また読み始めて、本当にすごい方だと思います。なんでこうまで的確に言葉に置き換える事ができるんだろう。

これからも、ご活躍を陰ながら応援しています。

Re: R1000様

コメントありがとうございます。

調べたら、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」ってベビーメタルだったのに今さらながら気付きました(´・ω・`) 最近はラジオ(NACK5のi Meet Up!)でKARATEがよくリクエストされていますね。ちなみに私はAKBよりは乃木坂の方が好きです(笑)

私も、親鸞会を退会した当初は闇の中を手探り状態で、加茂師のお言葉もよく分かりませんでした。R1000さんのようにもがき苦しんだ時期も勿論あります。中にはすぐに救われる方もあるかもしれませんが、私も例に漏れず最後まで阿弥陀さまを苦しませた系です。そのような私をよくも腐らず諦めず、逃げ続ける私を追いかけ捕らえて下さった阿弥陀さまには、本当に頭が上がりません。
加茂師のお言葉は実に巧みで、あれ以上の表現はないというほど、そのまま阿弥陀さまの救いを短く的確に著されています。願わくば一度生のお声による説法をお聞きしたかったです。

更新は以前ほど頻繁ではないでしょうが、ちょこちょこ書いていくつもりなので、気が向いたら見においで下さい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード