親鸞聖人の教えられた教え、解釈について無条件に従っていくのであって、親鸞会の無理難題に無条件に従っていくのではない

『飛雲』「聖人の宏才仰ぐべし」と高森会長の「深い御心」との違いより引用。


********************
カルト教団の象徴的な点が、絶対的指導者への絶対的無条件の服従を強いることです。親鸞聖人の教えに、そんなカルト要素があるのかといえば、ありません。親鸞会がよく使う『御一代記聞書』192

善知識の仰せなりとも、成るまじなんど思ふは、大きなるあさましきことなり。成らざることなりとも、仰せならば成るべきと存ずべし。この凡夫の身が仏に成るうへは、さてあるまじきと存ずることあるべきか。しかれば道宗、近江の湖を一人してうめよと仰せ候ふとも、畏まりたると申すべく候ふ。仰せにて候はば、成らぬことあるべきかと申され候ふ。

ですが、ここには蓮如上人のお言葉は一切ありません。蓮如上人のお言葉の場合には、「前々住上人」とか「仰せられ候ふ」という言葉が必ず入りますが、ここにはありません。従いまして、ここは『御一代記聞書』を編纂した著者の意見と道宗の意見とが書かれているだけです。それを、蓮如上人が自分への無条件服従を仰ったお言葉、として説明しているのですから、まさにカルト教団でしょう。

また同じく『御一代記聞書』159に

前々住上人へある人申され候ふ。開山(親鸞)の御時のこと申され候ふ。これはいかやうの子細にて候ふと申されければ、仰せられ候ふ。われもしらぬことなり。なにごともなにごともしらぬことをも、開山のめされ候ふやうに御沙汰候ふと仰せられ候ふ。

を無条件服従の根拠として親鸞会は使いますが、ここには「前々住上人」「仰せられ候ふ」とありますので、これは蓮如上人のお言葉として書かれているところです。蓮如上人は親鸞聖人の御心が判らないところがあっても、親鸞聖人が仰った通りにしていくのだ、と仰ったのですが、親鸞会で言っている説明とニュアンスが違います。
たとえば、親鸞会では

親鸞会講師部員聖則
一、会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。
一、上司の指示は会長先生の命と心得ます。

としていて、まさにカルト教義ですが、蓮如上人の仰っていることとはずれがあります。蓮如上人は親鸞聖人の教えられた教え、解釈について従っていく、という意味です。
関連する内容で『御一代記聞書』304に

存覚は大勢至の化身なりと[云々]。しかるに『六要鈔』には三心の字訓そのほか、「勘得せず」とあそばし、「聖人(親鸞)の宏才仰ぐべし」と候ふ。権化にて候へども、聖人の御作分をかくのごとくあそばし候ふ。まことに聖意はかりがたきむねをあらはし、自力をすてて他力を仰ぐ本意にも叶ひまうし候ふ物をや。かやうのことが名誉にて御入り候ふと[云々]。

(現代語訳)

「存覚上人は大勢至菩薩の化身といわれている。
ところが、その上人がお書きになった『六要鈔』には、三心の字訓やその他の箇所に、<知識の及ばないところがある>とあり、また、<親鸞聖人の博識を仰ぐべきである>とある。
大勢至菩薩の化身であるけれども、親鸞聖人の著作について、このようにお書きになっているのである。
聖人のお心は本当にはかりがたいということを示されたものであり、自力のはからいを捨てて、他力を仰ぐという聖人の本意にもかなっているのである。
このようなことを存覚上人のすぐれたところなのである』と仰せになりました。


とあります。親鸞聖人には、確かに独特の解釈をなされた箇所がありまして、凡人の理解の及ばないところがありますが、そんな箇所についても親鸞聖人の解釈を受け入れていく、という意味です。それを存覚上人は「勘得せず」「聖人の宏才仰ぐべし」と表現され、蓮如上人も評価なされているのです。親鸞聖人の解釈と関係ないところまで無条件で従っていくということではありません。
実際、蓮如上人は親鸞聖人のなされたことと違うことをされていて、それ故に蓮如上人を批判する人もあるくらいで、高森会長も著書でそれを言っているのですから、親鸞会は自己矛盾に陥っているのです。
********************


既にお分かりのように、蓮如上人が仰りたいことは、親鸞聖人の教えられた教え、解釈について無条件に従っていくということです。教え、解釈と関係ない行動、言動、指示、命令についてまで無条件に従っていくということではありません。ですから、『歎異抄』を書いたとされる唯円房は、「千人殺してきなさい」という親鸞聖人の命令に「かしこまりました!」などと答えて人を殺害しに行くなどという暴挙はしていません。

歎異抄第13条
また、あるとき「唯円房はわがいうことをば信ずるか」と、おおせのそうらいしあいだ、「さんぞうろう」と、もうしそうらいしかば、「さらば、いわんことたがうまじきか」と、かさねておおせのそうらいしあいだ、つつしんで領状もうしてそうらいしかば、「たとえば、ひとを千人ころしてんや、しからば往生は一定すべし」と、おおせそうらいしとき、「おおせにてはそうらえども、一人もこの身の器量にては、ころしつべしとも、おぼえずそうろう」と、もうしてそうらいしかば、「さてはいかに親鸞がいうことをたがうまじきとはいうぞ」と。「これにてしるべし。なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人ころせといわんに、すなわちころすべし。しかれども、一人にてもかないぬべき業縁なきによりて、害せざるなり。わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし」と、おおせのそうらいしは、われらが、こころのよきをばよしとおもい、あしきことをばあしとおもいて、願の不思議にてたすけたまうということをしらざることを、おおせのそうらいしなり。

【現代語意訳】(歎異抄を読もう その3(第10章~第13章)も参照のこと)
またある時、親鸞聖人は、
 「唯円房は私の言う言葉を信じるか」と仰せられたので、
 「信じます」とお答えしましたら、
 「では、私の言うことに背かないだろうな」と念を押されたので、
 「その通りにします」とお答えしたところ、
 「では、人を千人殺してきなさい。そうすれば浄土往生は確定するぞ」と仰せられましたが、
 「仰せではございますが、私の器量では、一人でさえも殺すことは到底出来ません」とお答えしましたところ、
 「では、どうして親鸞の言葉に従うと言ったか」と仰せになりました。
 「これで分かったであろう。何事でも自分の思い通りに出来るのなら、浄土往生のために人を千人殺せと言われたらその通り殺せるはずだ。
 しかし、一人でも殺せないという理由があるから殺すことが出来ないのだ。自分の心が良いからということではない。殺さないでいたいと思っていても、百人も千人も殺すこともあるのだ」と言われました。
 これは、自分の心が良ければ、それが良いことであると思ったり、悪い心であれば、悪いことと思う、自分のはからいだけを思い、実は阿弥陀仏の願いの力によって救われるのだという大切なことを忘れていることを言われたことでした。


唯円房は親鸞聖人という善知識の仰せに「かしこまりました!」と答えるどころか、「仰せではございますが、自分には到底そのようなことは出来ません」と答えています。これでよいのです。聖人もこれから教えることを分かりやすくするための譬えとして仰ったのであって、実際殺しに行こうとしたら間違いなく止めていたでしょう。また、「出来ません」という返答に親鸞聖人は「それは大変あさましいことだ」と叱ってもいません。当然ですね。
これについて知れば、

しかれば道宗、近江の湖を一人してうめよと仰せ候ふとも、畏まりたると申すべく候ふ。

という文章も、道宗が蓮如上人をそれほど敬愛していたという表れでこそあれ、高森会長や親鸞会の朝令暮改の無理難題に「かしこまりました!」と答えなければならないというものではないことはお判り頂けるでしょう。実際に蓮如上人が本気で「琵琶湖を一人で埋めてきなさい」などと命ずることはないでしょうが、たとえそういうことがあっても自分は「かしこまりました」と言うだろうという道宗の意見が書かれているまでです。師をそのように敬愛する姿勢は見習うべきものですが、「だからワシの命令に無条件に従え」と高森会長や上司の指示に無条件に従わせる根拠としている親鸞会は、カルト教団と断定するに疑う余地がありません。しかし、後生を人質に取られ、高森会長の教えこそ絶対と盲信している会員は「助かるためにはやるしかない」と従う他ないのです。哀れというよりありません。

昨年から入会基準が下がり、その分例年の何倍もの目標人数を割り当てられ、今も残っている会員の皆さんの中にはうんざりという方もあるかもしれません。家族や親せき、友人を「名前だけ会員」にし、入学金と毎月の会費を負担して「何でこんなことをしてるんだ?」と疑問に思う方もあると思います。もういい加減そんなこと止めにしませんか? そんな親鸞会や上司からの指示命令にどれだけ無条件に従ったところで、後生が助かるわけではありません。「善知識の仰せ」とは何かを正しく知り、組織拡大要員として利用される人生はもうおしまいにして、本願を信じ念仏する人生と転じて頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード