19願は横出、漸教、自力方便、方便化土に往生する遠回りの善の教え

親鸞会にいては19願についての知識が全く身に付きません。どのような願で、どのような行をどのような信で修め、その結果どのような証を得るかといったことも、二双四重の教判の中での位置付けも、重要なポイントには全く触れられません。ただ「善の勧め」の強力な根拠として利用しているに過ぎないからです。

たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、菩提心を発し、もろもろの功徳を修し、心を至し発願して、わが国に生ぜんと欲はん。寿終のときに臨んで、たとひ大衆と囲繞してその人の前に現ぜずは、正覚を取らじ。

【現代語訳】
わたしが仏になったとき、すべての人々がさとりを求める心をおこして、さまざまな功徳を積み、心からわたしの国に生れたいと願うなら、命を終えようとするとき、わたしは多くの聖者たちとともにその人の前に現れよう。そうでなければ、わたしは決してさとりを開くまい。

この中の発菩提心 修諸功徳については

【ツッコミ】自力から他力へさんのコメント

にて紹介しました。19願の行自体は聖道門の行と同じ難行ですから、末法に生きる在家の我々が気安く実践できるようなちょろい行ではないのです。我々が日常生活の中で心がけている親切や約束を守る等の倫理道徳上の善を、19願の行、六度万行、定散二善と同列に扱うこと自体がすでに仏教で説かれる善というものをなめています。19願には善の勧めがあるから利用しているだけで、組織拡大に役立てさえすれば実際はどんな行かなんていうことはどうでもいいのでしょう。別に善をやってもやらなくてもどっちでもよいのです。その証拠に、親鸞会は19願や因果の道理を根拠に善を勧めながら、公開法論にいつでも応じるという約束一つまともに果たしません。善をする気があるのなら、まずは親鸞会サン、『飛雲』との公開法論に応じて言行一致を実践しましょう。

さて、19願がどのような願かということについては、『末灯鈔』

また正念といふにつきて二つあり。一つには定心の行人の正念、二つには散心の行人の正念あるべし。この二つの正念は他力のなかの自力の正念なり。定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。

のお言葉が分かりやすいと思います。ここから、

・19願は諸行往生の願
・19願の行(定散二善)は他力のなかの自力の善
もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終に迎えに行くという臨終業成を誓われている
・臨終の来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生まれられない、不確かな救い

ということが判ります。対して18願は念仏往生、他力のなかの他力、平生業成、即得往生、報土往生ですから、そんな18願の救いにあずかるのに19願の行をせよと教えられるわけがないのです。19願を勧めるとは、諸行往生、臨終業成、臨終来迎、化土往生を勧めることに他なりません。親鸞聖人の教えに、諸行往生、臨終業成、臨終来迎、化土往生の勧めはありますか? 会員の皆さんは、まずこうした基本的な知識をまず身につけるべきです。そして、親鸞聖人の教えと似て非なるトンデモ邪義を教えられていることに早く気がついて下さい。


次に、19願は二双四重の教判では横出に分類されます。

横超断四流(玄義分 二九七)といふは、横超とは、横は竪超・竪出に対す、超は迂に対し回に対するの言なり。竪超とは大乗真実の教なり。竪出とは大乗権方便の教、二乗・三乗迂回の教なり。横超とはすなはち願成就一実円満の真教、真宗これなり。また横出あり、すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。大願清浄の報土には品位階次をいはず。一念須臾のあひだに、すみやかに疾く無上正真道を超証す。ゆゑに横超といふなり。(信文類)

【現代語訳】
さきに引いた善導大師の『観経疏』に「横超断四流」(玄義分)といわれている。横超というのは、横とは、竪超・竪出に対し、超とは遠まわりに対する言葉である。竪超というのは聖道門の中の大乗真実の教えである。竪出というのは聖道門の中の大乗方便の教えであり、二乗・三乗の区別を立てるものであって、さとりを開くまで遠まわりしなければならない教えである。横超というのは、本願が成就して、すべての衆生が平等にさとりを開く唯一の真実円満の教え、すなわち真宗である。また、浄土門の中に横出がある。それは三輩・九品の機が定善・散善を修め、方便化土である懈慢界に往生する遠まわりの善の教えである。本願によって成就された清らかな報土は、三輩・九品の別を問わない。往生すると同時に、速やかにこの上ないさとりを開くから横超というのである。

安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。
正とは五種の正行なり。助とは名号を除きて以外の五種これなり。雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。
(化身土文類)

【現代語訳】
浄土に往生してさとりを開くのを浄土門といい、易行道という。この浄土門の中に、横出と横超、方便と真実、漸教と頓教、そして助正と雑行、雑修と専修がある。
正とは、読誦・観察・礼拝・称名・讃嘆供養の五正行である。助とは、称名以外の読誦・観察・礼拝・讃嘆・供養の五種である。雑行とは、正・助の行以外をすべて雑行というのである。これは、浄土門の中の自力である横出の教えで、長い時を費やす漸教であって、定善・散善や世福・戒福・行福の善を修め、三輩・九品のそれぞれの資質に応じて行を修める自力方便の教えである。


漸教について、また二教・二出あり。
 二教とは、
  一には難行道聖道権教、法相等、歴劫修行の教なり。
  二には易行道浄土の要門、『無量寿仏観経』の意、定散・三福・九品の教なり。

 二出とは、
  一には竪出  聖道、歴劫修行の証なり。
  二には横出  浄土、胎宮・辺地・懈慢の往生なり。
(愚禿鈔)

これらのお言葉から、19願横出の教えとは、

・方便化土である懈慢界に往生する遠まわりの善の教え
・救いに長い時を費やす漸教
・三輩・九品のそれぞれの資質に応じて行を修める自力方便の教え
・「捨てよ」と言われる雑行を修める教え


であると言えます。対して18願横超の教えとは、

・真実報土に往生する、速やかにさとりを開く教え
・速やかに救われる頓教
・三輩・九品の差別なく平等のさとりを得る他力真実の教え
・正定業である念仏一行を専修する教え


です。これだけ見ても、19願の勧めなどあるはずがないことがお分かり頂けると思います。

何度も言いますが、親鸞会は19願を「善の勧め」の強力な根拠として利用しているに過ぎません。高森会長は、私利私欲が果たせれば会員の皆さんが後生助かろうと助かるまいとどっちでもよいのです。
宿善を求めよという教え、19願の勧めのせいで、会員の皆さんは18願への道を封鎖されてしまっています。横出、漸教、自力方便の教えをいくら求めても獲信・往生はなりません。捨てよと言われる雑行をいくらやっても救いには遇えません。本当に後生助かろうというなら、親鸞聖人のお勧めに順って18願一つ聞いて念仏することです。それができないというなら、できる環境に自分を持っていくべきでしょう。皆さん一人一人の決断に、期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

第17願成就文も重要

失礼します。「18願一つ聞いて」ということですが、17願は聞かなくても良いのでしょうか。教行信証の行巻の内容ですので聞く必要があると思います。第18願成就文の「その名号」とは、第17願成就文で、諸仏方が讃歎なされている名号で、南無阿弥陀仏のことです。第18願成就文では、「その名号を聞く(聞其名号)」と教えられています。

Re: 名無し様

18願に真実信を、17願に真実行を誓われていると親鸞聖人は明らかにされました。なお、『大無量寿経』では2つに分かれている願ですが、異訳である『大阿弥陀経』と『平等覚経』ではこれらが1つの願として説かれています。

http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-3b3c.html
『飛雲』18願の「十方衆生」の御心

『大無量寿経』の17願と18願はセットであると考えられたらよいでしょう。

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-391.html
第十七願と第十八願との関係

に紹介していますが、第十八願の法を私たちに説き示すことを誓われたのが第十七願ということです。18願の中に17願を含めて「18願一つ聞いて」と理解して頂ければと思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード